次のタグが付いている話題の回答:

17

あなたがタイトル中に含められている文字(本文中のリンクは補助的な情報に止めるようにして、リンク先を見なくても質問が意味を成すようにしてください)は次の3つのUnicodeコード値からなる合成文字です。 U+164F CANADIAN SYLLABICS CARRIER SO U+0324 COMBINING DIAERESIS BELOW U+032B COMBINING INVERTED DOUBLE ARCH BELOW 環境依存で読めない場合があることはわかっているのですから、質問の本文中では(せめてソースを確認してくれた人には)文字コードがわかるように記載した方が良かったでしょう。 ᙏ̤̫ ↑ ᙏ&...


11

拡張機能にContent scriptを追加して、ページのロード開始の時点に実行される("run_at": "document_start")ように設定できます。 manifest.json { "manifest_version": 2, "name": "My extension", "version": "1.0.0", "content_scripts": [ { "matches": ["http://*/*", "https://*/*", "file:///*"], "run_at": "document_start", "js": ["script.js"] } ] } 後は、script....


10

開発者ツールのブレークポイント機能を使う 変更が行われる要素が事前に特定できるなら、開発者ツールでその要素を右クリックして、Break on... > attribute modifications としてブレークポイントを貼ることができます。 HTMLが変わらなければ、リロードしてもブレークポイントは残ります。 MutationObserver を使う MutationObserver を使うと、指定したDOM要素が変更されたときにコールバックを実行することができます。コールバックの中に debugger; でブレークポイントを張ったり、console.trace() などを実行することで、変更を発生させたコードを調べることができます。 次のようにsubtreeオプションを使うことで、...


10

Chrome58以降、lang="ja" 属性と line-break: strict を付けることで、長音や拗音の前での行分割を抑制することができるようです。 現在CSSで禁則処理などを規定しているのは CSS Text Module Level 3 という文章なので、これを調べてみました。なお2017年12月現在も Working Draft なので最終稿ではありません。 長音(ー U+30FC)や小さいひらがな・カタカナ(例えば ッ U+3085)は記号による行分割という枠組みで line-break プロパティに記載があります。これはいわゆる禁則処理の強さを指定するもので、英単語内などでの分割を制御する word-break プロパティよりも下位の指定です。 The following ...


9

比較関数には 1つ目の引数が2つ目の引数よりも小さい場合は、負の値を返す。 2つの引数が等しい場合は0を返す。 1つ目の引数が2つ目の引数よりも大きい場合は、正の値を返す。 必要があります。 なので、示された比較関数は正確にはこの条件を満たしていません。 例えば、以下のようにする必要があります。 var compare = function(a,b){ return (a > b) - (a < b); };


8

以下のように type 属性でテンキーが出るようにし style の -webkit-text-security: disc でマスキングするようにできるようです。 <input type="number" style="-webkit-text-security: disc;"> 手元にAndroid端末がないため、Android上での確認はできておりません。 参考: CSS3 - スマホサイトのinputタグでキーボードにテンキーを指定しつつ入力を伏字にする - Qiita http://jsdo.it/blueberrystream/vB04 - jsdo.it


7

デバッガの機能でJavaScriptの実行を停止させます。 FirefoxでもChromeでもF8がポーズに割り当てられているようですね。 (Firefoxだとポーズ中はマウスでの要素の選択なども出来なくなってしまうのが困った所です)


6

Chromeの拡張機能で現在開いているページを取得するためにlocation.hrefを使用することはできません。 理由は少し難しいですが、「拡張機能のJavaScriptコードが動いているページ」と「ブラウザが現在開いているページ」が異なるためです(location.hrefで取得されるのは後者ではなく前者)。 実はお使いのchrome.browserAction.onClicked.addListenerAPIではコールバック引数の第一引数として現在のタブを表すTabオブジェクトが与えられています。 そのurlプロパティを調べることで現在のURLを得ることができます。具体的には以下のコードのように行います。 chrome.browserAction.onClicked.addListener(...


4

比較関数の戻り値については既出の通りです。 しかし、オブジェクトのソートを行う場合で、各種ブラウザ間でソート結果を同じにしたい場合は、0を返さないようにする必要があります。Chromeのソートは(配列の要素数によっては)安定ソートになりません。 要するに、比較関数が return 0 した場合、ブラウザによっては並び替えたり、並び替えなかったりするということです。 ↓このページ↓を各ブラウザで開くと、ソート結果の違いが分かります。 http://jsfiddle.net/warby_/X8YUZ/


4

Windowsであれば「F12」、Macであれば「Cmd + Alt + i」を押すことで表示されるデベロッパーツール上で、右上にある歯車アイコンを押した後に表示される設定画面内にある、「Disable cache (while DevTools is open)」にチェックを入れると、デベロッパーツールが表示されている限りはキャッシュが無効化されます。 以下の記事に該当部分のスクリーンショットが上がっているので、併せて参考にしてみてください。 http://qiita.com/cubdesign/items/dca4d933539235bb5f11


4

画像を見てみると右上の三本線アイコンの幅が上25px・下22pxと異なります。 これは数値で表示されている400pxとルーラーから読み取れる値の365pxの比率とほぼ同じであるので、上のブラウザの表示倍率がやや上がっており、横幅の数値には反映されていないのだと思います。


4

もう答えを突き止めたようですが、一言加えますと、この書き方はIIFE (Immediately Invoked Function Expression)、もしくは即時関数といい、JavaScriptでよく用いられます。 Java、C言語、C++などと違い、JavaScriptの変数のスコープはブロック({})ではなく、回りの関数で区切っています。 だから、回りに影響を与えずに変数を使いたい場合はIIFEが使えます。IIFE内の変数は外側に漏れません。 var total = 30; if (true) { // 以上と同じtotalです { } 括弧は関係ありません var total = 40; } var otherTotal = (function() { ...


4

Google Chrome での次のような挙動について仰っているのだと思いますが・・・ これはブラウザから投げられる全てのリクエスト(<img> タグ等も含む)について Chrome 内部でやっていることで、現状これを Javascript 側から制御することはできません。過去にバグ報告もあったようですが、結局は開発者ツールの設定でそのようなエラーを隠す機能が実装されただけでした。 https://code.google.com/p/chromium/issues/detail?id=124534 もしどうしてもこのようなエラーを表示したくないのであれば、ステータスコードは 200 のまま、レスポンスボディで API の返答を表すことになるかと思います。 余談ですが、 401 はそのリソース(...


3

本当にすいません、これ自己解決しました・・・。 単純に関数内で return my しているからなんですね。 その箇所を見逃していました。 お騒がせして申し訳ありません。


3

Chrome のデベロッパーツールの上部に "Network" というタブがありますので それをクリックして情報を確認してみてください 左上のマル印が赤くなっている状態で作成しているサイトをリロードすると サイトを表示する時に読み込まれているファイルが一覧で出力されます その中に問題の 「main.js」 は見つかりませんか? 見つかったらそのファイルが設置されている場所が記載されていますので そのファイルに問題があります 見つからない場合 可能性として考えられるのは Chrome の拡張機能です Chrome にインストールされている拡張機能に問題がありそうなものはありませんか?


3

私もpgrho氏の言う通りかと思います。 検証のため画像を貼るために回答として投稿します。 初めに、ルーラーを上下反転させてみました。 本来であれば、10ピクセル単位で均等になるはずなのでメモリが上下一致するはずです。 ご覧のとおりルーラーを反転させても一致していません。 一致していないということは、等倍表示ではないことになります。 次に、ルーラー100~200、つまり101ピクセル分取り出しました。 しかし、111pxとなり、これもまた等倍ではないことを意味しています。 等倍表示にしてからもう一度ご確認いただいたほうがよいかもしれません。


3

現在ですと https://archlinuxjp.kusakata.com/wiki/Xdg-open あたりを参考に、 xdg-mime default google-chrome.desktop x-scheme-handler/http xdg-mime default google-chrome.desktop x-scheme-handler/https xdg-mime default google-chrome.desktop text/html を実行して環境変数 BROWSER も設定しておけば、たいていの環境でうまくいくと思われます。


3

下記の Chrome のバグは現在修正されています(https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=660496#c29)。 問題が再現されなくなったのを確認しました(Google Chrome 56.0.2924.76)。 2017/01/30 本題 Chrome のバグだと思います。 それらしきバグ報告がありました(https://bugs.chromium.org/p/chromium/issues/detail?id=660496)。 下記のようなコードで確認しましたが、unload や beforeunload のイベントハンドラ内では、確かに window.location による移動が出来ませんでした。 function ...


3

ChromeでHTTPSで暗号化されているサイトから非SSLのWebSocketサーバーにアクセスすることはできますか? できません。 httpsのページからhttpのコンテンツを参照できないのと同じで、 混合コンテンツの防止ポリシーにひっかかります。 やはり--allow-localhost-insecureを有効にした状態で自己証明書を使うのが一番手っ取り早いのでしょうか? これでlocalhostにwssで接続できるようにするのが、おっしゃる通り一番手っ取り早いと思います。


3

Java向けの名前空間をPythonで使おうとしているということですか? 何を参考にして何をやろうとされていますか? 追記します。 org.openqa はJavaバインディングでの名前空間です。 あなたが参考にしているのはJava向けの記述です。Pythonバインディングでは使えません。 Python向けの記述を参考にしてください。 Pythonバインディングでは selenium モジュールを利用します。 https://pypi.python.org/pypi/selenium <select> 要素の操作には selenium.webdriver.support.ui モジュールの Select クラスを使用します。 http://selenium-python.readthedocs....


3

手元で試してみたところ、確かに/css/global.cssがキャッシュに2つ格納された状態になりました。しかし、よく調べてみると、片方は実は/css/global.css?v=1であることが分かります。 この画像のようにキャッシュされているファイルをクリックで選択し、下にある「Headers」をクリックするとそのキャッシュの情報を見ることができます。画像にあるように一番上にRequest URLが表示されており、これがキャッシュされているファイルのURLです。 調べてみると片方は/css/global.cssでもう片方は/css/global.css?v=1であり、意図通りの動作になっていると思います。 参考文献の内容は確認していませんが、もし本の図と違っているならば、...


3

F12を押下して開発者ツールを開くことが出来ますか? IE11なら開くことが出来るはずですが、 稀に開けない場合があるので、その場合はレジストリの値を下記のように変更します。 (古いバージョンのIEの場合は別でインストールする必要があったような気がします。) (ほか、グループポリシーで制限されている場合もあります。) (また、開発者ツールはIE8以上で利用できるツールになります。) HKEY_LOCAL_MACHINE  └ SOFTWARE    └ Policies      └ Microsoft        └ Internet Explorer          └ IEDevTools Disabled=0


3

Chrome のソースコードを確認してみました。file_select_helper.cc <input type=file webkitdirectory>をクリックしてファイル選択ダイアログからディレクトリを選択した場合、回避方法は存在しないと思われます。 <input type=file webkitdirectory>をクリックせずにアップロードしたいディレクトリをドラッグ&ドロップすると、そもそも確認ダイアログが出ないようです。しかし、これはバグのような気がするので将来は直されてしまうかもしれませんね。


2

htmlの開発を行う時に使用します。 cookieの中身やjavascriptの動作、htmlの構造やcssの値等々の確認 編集が可能です


2

「要素を検証」メニューは、Chromeに標準で含まれているデベロッパーツールに含まれる物で、Web開発者やデザイナーがHTMLやCSS、Javascriptなどの状態をチェックしたり、どのような構造になっているのかを確認するためのツールです。 使い方などはgihyo.jpの記事などで紹介されていますので、興味がおありでしたら参照ください。


2

今現在の HTML がどうなっているか確認する際に使用します。(JavaScript などで 動的に DOM 操作を行っているようなページで使います。)


2

そんなニッチな要望には、LinkSuppressor をどうぞ。 ページ上の全てのリンクを、一括してテキスト化してしまうエクステンションは結構ありますが、これは A タグの上でマウスのボタンを押した瞬間だけリンク解除し、すぐに戻すという小さなハックです。ダブルクリック選択はちょっと動作が微妙かな。ソースは公開しています。動作などがわからないところがあれば、スタック・オーバーフローで質問や要望をされれば、きっとすぐ対応されるはずです。 補足: Firefox は、昔から Alt+Left Clickでリンクテキストを選択できるようになっています。 すでに最近の Chrome に同機能があるかもしれません。


2

chromeviewのページでは開発が停止しており、代替としてCrosswalkを使うよう推奨されているようです。ソースコードを見ても非推奨のクラスやメソッドが使われていたり、例外がcatchされていなかったり、そのままビルドできないように見えます。 CrosswalkをAndroid Studioで使われる場合はこちらに記事があります。 Embedding Crosswalk in Android Studio


2

その機能はどうやら開発が途中で止まっているようです。 Issue 261491: Implement Entry Watcher API (and remove our old private methods for it). 上記の機能は、chrome.fileSystem.observeDirectory()によって、指定されたDirectoryEntryで特定されるディレクトリ内の変更を検知してイベントを受け取れるAPIのようです。Chrome 47 Stableでも、chrome.fileSystem.observeDirectory()は実際に存在するようです。 chrome.fileSystem (Entry Watchers) - Extended Chrome API Proposal ...


2

要素選択モードを使った別解ですが、当該要素を右クリックして「検証」を選ぶと(必要なら開発者ツールを表示して)その要素が選択されます。「検証」を選択したときにメニューが閉じますが、この時点でマウスカーソルが開発者ツール上、もしくはウィンドウの外にあればマウス関連のイベントは発生しないため、要素が消えることを回避できます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります