次のタグが付いている話題の回答:

3

手元で試してみたところ、確かに/css/global.cssがキャッシュに2つ格納された状態になりました。しかし、よく調べてみると、片方は実は/css/global.css?v=1であることが分かります。 この画像のようにキャッシュされているファイルをクリックで選択し、下にある「Headers」をクリックするとそのキャッシュの情報を見ることができます。画像にあるように一番上にRequest URLが表示されており、これがキャッシュされているファイルのURLです。 調べてみると片方は/css/global.cssでもう片方は/css/global.css?v=1であり、意図通りの動作になっていると思います。 参考文献の内容は確認していませんが、もし本の図と違っているならば、...


3

偽装を見抜かれたというより、UAで判断していないというだけのことでしょう。 例えば携帯会社はスマホからインターネットにアクセスする際のIPアドレス帯域を公開しています。アクセス制御などで厳格に判断したい場合は、このあたりを見ることが多いのではないでしょうか。 https://www.nttdocomo.co.jp/service/developer/smart_phone/spmode/index.html https://www.support.softbankmobile.co.jp/partner/home_tech1/index.cfm http://www.au.kddi.com/developer/android/kaihatsu/network/ ...


2

ライブラリを使わない方法(のヒント)を提示しておきます。 オリジンが同じ場合 iframe の DOM ノードには contentWindow というオブジェクトが存在します。 これは iframe 内の window と同じものです。 幾つかの条件を満たす時には、外側のフレームから この contentWindow の内部を書き換えることができます このことを利用して contentWindow.console.log やその他を別の関数に差し替えてしまえば、 iframe 内から console.log への出力(全履歴)を、外側から知ることができます。 おおよそのコードはこんな感じですね。 // 文章内の最初の iframe を取得する。必要に応じて取り方は変えるべし var firstFrame ...


2

htmlの開発を行う時に使用します。 cookieの中身やjavascriptの動作、htmlの構造やcssの値等々の確認 編集が可能です


2

「要素を検証」メニューは、Chromeに標準で含まれているデベロッパーツールに含まれる物で、Web開発者やデザイナーがHTMLやCSS、Javascriptなどの状態をチェックしたり、どのような構造になっているのかを確認するためのツールです。 使い方などはgihyo.jpの記事などで紹介されていますので、興味がおありでしたら参照ください。


2

今現在の HTML がどうなっているか確認する際に使用します。(JavaScript などで 動的に DOM 操作を行っているようなページで使います。)


2

レイアウトが崩れる理由はおそらくレンダリング後にJavascriptでレンダリングしているからかもしくは外部リソースの読み込み(画像等)に時間がかかっているからではないでしょうか? JavascriptでBreakpointを設定してレンダリングを停止して崩れているか確認できます。 Chromeデバロッパーツール(F12)を開く SouceタブでJavascriptソースの行番号をクリック。(※最初に呼ばれるJavascriptのファイルの最初のステップがいいと思います。) ページ再読込(F5) Javascriptのステップインで追っかける 外部リソースの読み込みで時間がかかっている場合は、外部リソースの読み込みを停止することはできませんが、...


2

Google Chromeの「Event Listener Breakpoints」機能を使用して、クリック等の操作を起点とした処理のトレースを取る事ができます。 Google Chromeの開発者ツールを開く(F12) Sourceタブを開く Event Listener Breakpoints ペインを開き、Mouse → click をチェックする。 この状態で要素をクリックすると、実行されるJavaScriptソースコード上で処理が停止するので、F10等で処理をステップ実行させて、問題箇所を特定することができるかと思います。 Pause Your Code With Breakpoints  |  Tools for Web Developers  |  Google Developers ...


1

app.getForecast内で使われている Yahoo Weather API への呼び出しが、2019年1月3日からquery.yahooapis.com 経由で行えなくなったためだと思われます。Chrome の Console タブや Network タブで、query.yahooapis.com への XHR が失敗しているのが確認できます。


1

こちらの記事に書かれているやり方はどうですか? Chromeのデバッガで各要素のEventListenerを調べられます。 要素に設定されているイベントを調べよう


1

User Agentの他にも、判別に使用される要素はあります。 例えば、HTMLのBattery APIを利用する方法です。 携帯機器やラップトップだとサポートされていますが、デスクトップだと使えないですね。 実機を使うのが一番いいかと。


1

「CSS エスケープ」などで調べてみて下さい。 id が数字で始まる場合は CSSセレクタにそのまま書けないのでエスケープする必要があります。 id="1" ですと、1の文字コードが16進数で31なので #\31 になります。 後続の文字とは空白で区切ります。 id="123" の場合、#\31 23 です。後続の数字は許されているのでそのままです。 JavaScript の document.querySelector('#\31') が失敗したのは、JavaScript の文字列リテラルも \ でエスケープを行なうからです。 文字列 \31 を表現するには '\\31' としなければなりません。 つまり、 document.querySelector("#\\31"); で成功するはずです。


1

Google Chromeの拡張からであれば、 chrome.experimental.devtools.console APIを利用してコンソールの履歴にアクセスできます。 このAPIは開発者ツール内からしか利用できないので、開発者ツールを拡張する「拡張」として書く必要があります。そしてログを取得するには開発者ツールを開く必要がある、という制約が付きます。また実験段階のAPIなので、ブラウザの設定をいじって利用を許可する必要もあります。流れとしては: chrome://flags/#extension-apis を開き、"Experimental Extension APIs"を有効にしておく experimental パーミッションを manifest.json に含め、 devtools_page ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります