次のタグが付いている新しい回答:

4

これは UTF-8 という文字コードで文字列をエンコードした結果の数値です。特に abcdefg という文字列では、ASCIIという古くから使われている文字コードと一致します。 コンピュータの内部では全て数値でデータを保存しているので、文字列データも内部的には数値の列として保存されています。Go においては文字列は全て Unicode の UTF-8 という文字コードのルールに従って数値化されており、このルールに従うと "a" は 97、"b" は 98、といった風になります。UTF-8 や ASCII では a~z、A~Z の文字に対応する数値はそれぞれ連番になっており、"abc" を数値列にすると連番になったというわけです。 少しだけ注意が必要なのは、1 文字 1 byte ...


1

「a」「b」「c」…それぞれの文字に割り当てられているASCIIコードです。 http://e-words.jp/p/r-ascii.html


2

アスキーコードの10進数でないかと思います。 以下を参照してください http://www3.nit.ac.jp/~tamura/ex2/ascii.html


1

import したいパッケージは $GOPATH/src/leetcode/helper にあるので、 import "leetcode/helper" と書くと良いです。


1

package test type ServiceInfo struct { Title string } ↑ のように test パッケージに serviceinfo.go を追加し、 ↓ のように service.go で import して test package を指定すれば問題なさそうでした。 import ( ・・・ "github.com/hoge/test" ・・・ ) ・・・ var serviceInfo = test.ServiceInfo{ "サイトのタイトル", }


0

goroutine 関数の中の for は main の time.Sleep(1000 * time.Second) が終わるまで回り続けるからで 一回目のループで case <-start: を通過したら次のループでタイミングによって case <-start: か case <-sleep: を通ります。 単純に for を除けば意図した挙動に近いものになると思いますが、 d の時だけ sleep したいのであれば ↓ な感じでしょうか。 package main import ( "fmt" "sync" "time" ) func goroutine(name string, isSleep bool) { if isSleep { ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています