次のタグが付いている新しい回答:

2

GPGキーはGitHub側にもあらかじめ登録する必要があるはずなので、コミットのpush時に 「コミットの署名」と「GitHubに登録されたキー」が一致しているか、で判定ではないでしょうか。 https://help.github.com/ja/articles/managing-commit-signature-verification


0

指摘事項が単純なタイプミスなど、変更点が軽微なものであれば rebase でまとめてしまうのもありかもしれませんが、そうでなければ「プルリクエストは必ず1コミットにまとめる」は必ずしも正しいとは言えません。 最終的にマージでどう取り込むかはオーナー次第ですが、コミットは "意味のある" 単位で分けるべきです。(今回の例なら、レビュー"前"と"後") なお、GitHubのヘルプページには以下のような注意書きがありました。 https://help.github.com/ja/articles/about-pull-requests プルリクエストにコミットをプッシュする場合、フォースプッシュはしないでください。 フォースプッシュをすると、プルリクエストが壊れることがあります。 rebase ...


3

おそらく、どのOSSでもそうだと思いますが 果たしてそうなのでしょうか、確かに複数コミットに分かれているとリベースを強要されたプロジェクトの話は聞いたことはありますが、懸念されている通りこの時点でコミットを纏めてしまうのは私は適切とは思いません。 GitHubのプルリクエストのマージは単純なツリーのマージ以外にもRebase,Squashの選択肢が用意されています。squashは1つのコミットとしてマージされるのでメンテナがこれを使っているのであればコントリビューターは意識する必要ありません。(それ以外においてもプルリク段階でsquashする必要があるのは稀な気はします。) 当然ながらこの辺りはプロジェクトの方針次第ですが……


上位 50 件の最近の回答が含まれています