次のタグが付いている話題の回答:

3

gitを使用するとnothing to commit, working tree cleanとなる

表示されたメッセージには必ず意味があるので、「何か表示された」で終わらずに「読んで理解しようとすること」をまずはおすすめします。 Git では大まかな流れとして以下のような手順で作業をします。 ファイルを編集する git add . で編集したファイルをコミット対象に加える git commit でコミットを確定する 必要に応じて git push で GitHub ...
user avatar
  • 1.8万
1

【Githubのレポジトリの慣習】各branchの役割/説明は一般的に行わないのかどうか

複数ユーザーで共通のリモートリポジトリに直接プッシュするようなケースでは確かにブランチの運用ルールをすり合わせる必要がありそうですが、GitHub は基本的にオーナー自身、および許可されたユーザーしか書き込むことができません。 ローカルリポジトリやフォークしたリポジトリ内で作業する分には自由なブランチ名を使えばいいので、第三者向けの説明をする必要が無いのではないでしょうか。 一方で、...
user avatar
  • 1.8万
1
Accepted

gitを使用するとnothing to commit, working tree cleanとなる

現在のワーキングディレクトリを mv test test.old 等とリネームし、バックアップとします。 次に、 git clone https://github.com/gncc/test.git としてremoteが登録されたワーキングディレクトリを作ります それができたら、そのワーキングディレクトリ(新しく作られたtestディレクトリ)のファイルを編集し、 git add . git ...
user avatar
  • 3,008
1

どこにあるか分からないファイルが原因で、git pushがエラーになる

TestAppディレクトリの下にTest.frameworkを再度追加し、 cd TestApp git rm -fr Test.framework してからコミットして下さい。 これは既にgit管理下にあるTest.frameworkをgit管理下から削除するコマンドです。 これでgit pushは成功すると思います。 次に、Test....
user avatar
  • 3,008

Only top scored, non community-wiki answers of a minimum length are eligible