次のタグが付いている話題の回答:

11

SSHを使っているかHTTPSを使っているかで変わってきますが・・・ HTTPSを使う場合 HTTPSでこの問題が発生する場合、credential helper が資格情報(ユーザー名・パスワード)を記憶しているのだと思います。この場合、URLにユーザー名を記載することで、別の資格情報を記憶させることができます。 git clone https://github.com/user_a/aprojectX ↓ git clone https://user_a@github.com/user_a/aprojectX 参考 githubへgit pushしようとすると403エラーとなる - スタック・オーバーフロー How can I store keychain credentials for ...


10

「オープンソースソフトウェアの育て方(Producing Open Source Software)」の一読をお勧めします。日本語訳は広く公開されています。オープンソースソフトウェアとは何か、またその歴史が理解できる内容になっており、プロジェクトを持つにあたって気をつけることと、進め方の指針が書かれています。日本語訳を小難しくしておらず丁寧なのがお勧めできる理由でもあります。(日本語で読める物として、他に「オープンソースプロジェクトの管理と運営(Managing Open Source Projects)」がありますが、こちらは内容ががつがつしていて、講義だけで使う教科書のようです。) GitHub を使ってソースコードを公開することは最近の流行であって、 GitHub の利用が必須なことではありません。 ...


9

いくつかのリポジトリでは CONTRIBUTING というファイルや README というファイルに、機能追加を要望したい場合のやり方が書いてあります。GitHub への issue 登録以外の方法をとっているソフトウェアもあるので、もしあればそちらを参考にすると良いです。 何も書かれておらず、ソースコードが GitHub で管理されているのであれば、issue を登録するので良いでしょう。Issue を登録したからといってそれが必ずしも実装されることになるとは限りませんが、意見を募ることはできます。できれば「なぜその機能が必要なのか」が具体的に書かれているとありがたいかなと思います。


8

手順を書いときます。 オリジナルをGOPATH上の正しい場所に clone する git clone git@github.com:wizard/awesome.git github で fork する オリジナルと同じワーキングディレクトリの remote に fork を追加する git remote add mine git@github.com:myname/awesome.git 作業ブランチを作って修正を行う git checkout -b newfeature 自分のレポジトリに push する git push -u mine newfeature pull request を作る GOPATH上でのディレクトリレイアウトを、オリジナルレポジトリに合わせしまうのです。


8

利用者に2つのライセンスのどちらかを選ばせることは一般的に行われていて、デュアルライセンスと呼ばれています。ですがMITライセンスは負わせる責務が著作権表示のみですので、商用利用を禁じることはできません。 MITではなくより強いライセンス、例えばソースコードを開示する義務が発生するGPLやAGPLをオープンソース側に採用すれば有償ライセンスを選ぶインセンティブが生まれます。GPLとのデュアルライセンスの例としてはMySQLなどがあります。


7

一般的には次のような手順になると思います。 コミット: まず git submodule foreach を使い、各サブモジュールでの変更のステージングとコミットを行います。コミットメッセージは -m オプションで与えてください。 git submodule foreach git add -A git submodule foreach git commit -m 'submodule commit message' その後にメインモジュールのステージングとコミットを行います。 git add -A git commit プッシュ: git submodule foreach git push を使ってもよいですが、 git push には --recurse-submodules=on-...


7

その認識でよいです。 公式のヘルプにもそのフィンガープリントがありました。 https://help.github.com/articles/what-are-github-s-ssh-key-fingerprints/


7

SSHで通信することの恩恵は、暗号化だけでなく認証の側面もあります。 例えば、GitHubにSSH接続する際には、登録されている公開鍵を用いて、接続主が誰であるかということがチェックされます。これにより、自分に成りすました誰か別の人がGitHubに接続して勝手に自分のリポジトリを操作するようなことを防ぐことができるのです。


6

対象のリポジトリが対象ユーザの import 構成になっているので、自分のリポジトリ内で作業するともちろん正しくビルド出来ません。 PR を送る目的ならば import 等は書き換えず対象ユーザのリポジトリ内で作業すべきかと思います。 例えば hoge さんが foo さんのリポジトリ bar に対して PR を送る場合、GOPATH 内で foo/bar を git clone します。 mkdir -p /path/to/GOPATH/src/github.com/foo cd /path/to/GOPATH/src/github.com/foo git clone https://github.com/foo/bar cd bar PR 用のブランチを作成 git checkout -b ...


6

GPL v2であれば、ソースコード中に下記の文面を記載する必要があります。 ※フリーソフトウェア財団の住所は時々変わるので注意してください。 Copyright (C) yyyy name of author This program is free software; you can redistribute it and/or modify it under the terms of the GNU General Public License as published by the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or (at your option) any later version. This ...


6

いいですよ。ただし、それを実装するかどうかはそのOSSの開発者次第なので、その機能が必要と思われなければ、そのままスルー(最終的にはクローズ)されると思いますが。


5

GitHub/Git関連 GitHub Help - GitHub Enterprise Documentation GitHub公式のHelp 海外Webサービスのトリセツ(4):GitHub(ギットハブ)の使い方:登録編 - @IT GitHubの使い方を登録から日本語で解説している Qiita GitHub QiitaのGitHubについての投稿が集まっているページ サルでもわかるGit入門 わかりやすいGit(GitHubではない)の使い方 git入門 (全22回) - プログラミングならドットインストール Gitの基本的なことについて3分動画で学べる Qiita Git QiitaのGitについての投稿が集まっているページ SourceTree関連 ...


5

@pgrho さんの書かれているように、MITライセンスでは制限無く商用利用は可能です。(なお、GPL/AGPLでもライセンスの範囲で商用利用は許可されています。たとえば、商用Webサービスの内部でMySQLを使うような場合、GPLライセンスで利用できますし、ソースコードに変更を加えても公開義務はありません。) 非商用の場合はMIT、商用の場合は有料ライセンス このようにしたい場合には、MITライセンスを改変して「非商用に限って許可する」という条項を付け加えたライセンスと、商用ライセンスの二者択一にするのが良いでしょう。オープンソースでは無くなりますが、フリーソフトウェアを名乗ることはできます。


5

PR作者に origin/master の修正を取り込んだ形に仕立て直してもらうのが一番楽だと思います。


5

毎回 clone する必要はありません。 ブランチについては理解している前提で記載をしますと 家で pushしたのであれば、 大学で fetch して merge または pull すれば、続きから再開できます。


5

成果物の配布方法はリポジトリによりけりな部分がありますが、質問で挙げられたリポジトリに関しては以下画像の赤枠で囲った「release」のリンクをクリックし、次のページでバージョンごと、プラットフォームごとにexeファイルなどが置いてあるので、利用しているOSに合わせて必要なファイルをダウンロードしてください。 親切なリポジトリであればREADMEファイルやWikiページに手順が書いてあるので、そちらをよく確認してもらえればと思いますが、クローン(clone)は基本的に「ソースコードに手を加える人用」の手順です。 単に配布されているツール等を入手するだけであれば、今回紹介したreleaseページから入手するか、緑色の「Clone or download」...


4

フォーク、改変しても大本のライセンス保持者は変わりません 自身が、フォーク、改変した部分を記載して追記するのは構わないですが、元の記載を削除するのは違反となるはずです


4

Github Issues API で、state を closed に編集(変更)することで、API 経由で issue をクローズ出来るかと思います。 https://developer.github.com/v3/issues/#edit-an-issue


4

検索できないと思われます。 GitHubのヘルプより You can't use the following wildcard characters as part of your search query: . , : ; / \ ` ' " = * ! ? # $ & + ^ | ~ < > ( ) { } [ ]. The search will simply ignore these symbols. これはつまり、 以下の文字を検索することはできません。 . , : ; / \ ` ' " = * ! ? # $ & + ^ | ~ < > ( ) { } [ ] この文字が含まれている場合、この文字を無視して検索します。 ...


4

GitHubではコミットに使うメールアドレスで「コミットを作成したユーザー」を識別しています。初めてGitを使う際に何らかのツールや以下のコマンドを通して設定したやつです。 git config --global user.name "Your Name" git config --global user.email "your_email@example.com" 例えば上の場合、GitHubは your_email@example.com が登録されているユーザーによるコミットとして表示します。 参考 Why are my commits linked to the wrong user? - GitHubのヘルプ記事 なので別のGitHubユーザーとして表示させたい場合は、...


4

初めての接続先だから相手の公開鍵をちゃんと確認しましょう、ただ生の公開鍵だと目視確認するには長すぎるから短縮した(ハッシュ化した)fingerprintで代替して良いことにしましょう、 というのがそのメッセージの意図するところかと思います。 従って、あらかじめ公開鍵がわかっているのならそれを取得して $HOME/.ssh/known_hosts に記載しておいてやれば良いのではないでしょうか。 ssh-keyscan -H github.com >> ~/.ssh/known_hosts 参考: ssh(1) VERIFYING HOST KEYS Public key fingerprint - Wikipedia (GitHub's SSH key fingerprints - User ...


4

一番簡単なのは、GitHub サイト上で "random" でコード検索し、言語を Python に絞ることでしょう。このような感じです。 残念なことに、GitHub のサイト上ではダブルクォーテーションを使って全体一致させるような検索はできません。したがって "import random" と連続した並びのみを取り出すような検索はできません。このことは GitHub ヘルプの "Searching code" に暗に書かれています。 You can't use the following wildcard characters as part of your search query: . , : ; / \ ` ' " = * ! ? # $ & + ^ | ~ < > ( ) {...


4

簡単に結論をいえば、jupyter notebook(それ以外の場合も同じです)でmglearnを使う場合には、!pip install mglearnでインストールして(勿論できていれば必要はないですが)、import mglearnでインポートする必要があります。 ただし、mglearnをインポートする方法としては、import mglearnと明示的にする以外に別の方法があり、「Pythonではじめる機械学習」では、その別の方法を使っています。 02-supervised-learning のコードは以下のようになっています。これだけをみるとJupyter Notebookで X, y = mglearn.datasets.make_forge()と打ち込むと動作するように思うかもしれません。 %...


4

該当のpngファイルは「Git LFS」として登録されており、これが原因で単純にZIPファイルでダウンロードするとうまく開けないようです。 (私もGit LFSについてはまだ詳しくないのですが、ファイルの実体ではなくそこに"ファイルがある"という情報だけが記録されているような状態) Git LFSの問題としてissueが立っていました。 "Download zip" button doesn't get lfs files #903 なお、対策としてはgitコマンドのgit cloneでリポジトリをローカルに取得すれば正常に開くことができました。 あなたがgitを使えるなら上記の通りgitコマンドを使用するか、リポジトリは特に大きなファイルが登録されている様子も無いので、Git ...


4

git cloneはこれからGitHubなどのリモートリポジトリとの同期を始める場合、もしくは最新版のファイルだけ取得したい場合に初回だけ実行するコマンドだと思ってください。 必要な同期の設定を行った後は、git pullやgit pushでローカルとリモートとの差分を同期していく形になります。


4

空のフォルダのみを作成する方法は無いみたいなので、ダミーでも構わないので空のファイルを以下の手順で作成してみてください。 リポジトリのトップ画面にあるCreate new fileで新規ファイルの作成画面に移るので、ファイル名の入力欄に/で区切れば自動でフォルダが作成されるようです。 参考: Creating new folders in GitHub repository via the browser


4

#には二つの意味があり、 行頭に#を入れると見出しになり、複数入れることで見出しレベルを変えることができる リンクの先頭に#を入れると内部リンクになる です。両者を混同されているようで、リンクの際に複数の#を入れてはいけません。 # Kendo Coupons ## Table of content * [About](#about) * [Functionality](#functionality) * [Feature](#feature) * [Tech stack](#tech-stack) という感じでしょうか。


3

多少煩雑ではありますが、Pull requestのコミットを 静的ファイル、自動生成ファイルの追加 レビューして欲しい変更 の複数段階に分けて、レビューアにはPull requestの番号と2.のコミットへのリンクを提示する、という方法ではいかがでしょうか。 (というようなblogかQiitaの記事を見た覚えがあるのですが、所在不明です……)


3

コミットグラフを一直線に保つ、つまりマージコミットを作成しないためには、コミット上「分岐した後で合流する」ことを避けなければいけません。これは別のブランチのコミットを取り込む時(staging→masterなど)だけでなく、同じブランチに他人がpushしたコミットを取り込む時にも注意が必要です。 origin/staging にpushする 別の人が origin/staging にpushする staging にコミットを追加する origin/staging にpush・・・できない そこであなたは fetch をされているようですが、fetchはリモートリポジトリのブランチ情報を手元(例えばorigin/staging)に持ってくるだけで、ローカルブランチ(staging)は更新しません。...


3

ioctocatとSlackに落ち着きました。 https://ioctocat.com/ https://slack.com/


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります