次のタグが付いている話題の回答:

2

プルリクエストを送るつもりのリポジトリはforkで作成しておく必要がありそうですが、単にupstreamとして参照するだけであればGitHub上で空のリポジトリを作成しておき、ローカルに予めコピーしておいたデータをpushすればよさそうです。 $ git clone https://github.com/USER/ORIGIN.git $ git remote rename origin upstream ... GitHub 上で MyRepo を作成しておく $ git remote add origin https://github/USER/MyRepo.git $ git push -u origin master 参考: Create Multiple Forks of a GitHub ...


2

アクセスする日本語パスととWebサーバーの提供パスが実際は違うためエラーとなっています。 例として「スーパーマックスノー」の画像URLです エラー https://yukinoshita1103.github.io/leopaquiz/image/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC.jpg 成功 https://yukinoshita1103.github.io/leopaquiz/image/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%...


2

大前提としてAPIのkeyはサーバサイドで利用することを想定されており、残念ながらフロントエンドだけで対応することは難しいです。 GitHub Actions はソフトウェアを開発するうえで実行されるビルド、デプロイ、テスト、リリースの手動で行っている作業を自動化するためのツールです。 githubで公開してしまうとまずい情報ですがリリース時には利用したい情報を暗号化できます。 そしてリリース時には暗号化されている情報を複合化してリリースできるというものです。 ただし、ここで重要になってくるのはリリース時には複合化された状態でリリースされます。 つまりはjavascriptに直接暗号化した情報を載せてしまっても公開されているJSファイルにはそのまま秘密情報は載ってしまいます。 なので今回の要件では使えません。 ...


1

定期的な実行は、"Cron"や"Scheduler"のような命名がなされているクラウドサービスで実現することが可能かと思います。 ただ、GitHub Pages の定期更新を行う目的では、同じく GitHub が提供している GitHub Actions の scheduleイベント を利用するのが簡単かと思います。 注意点としては、厳密に更新時刻を守りたい場合には向いていないと思います。 私自身、このサービスを利用したことがなかったので今回初めて試してみたのですが、次のような設定で実現できました: https://github.com/hello-github-actions/updater/blob/main/.github/workflows/update....


1

index.html から見て該当の CSS はサブフォルダにあるので、 index.html │ └ portfolio/portfolio_styl.css 参照すべき CSS ファイルの正しい URL は以下になるはずです。 https://hideto7007.github.io/portfolio/portfolio/portfolio_styl.css リポジトリのデータと GitHub ページで公開した際の対応関係をよく確認してみてください。 https://github.com/hideto7007/portfolio https://hideto7007.github.io/portfolio/ 難しいようであれば、まずはサブフォルダを作らずにすべて同じフォルダ内に配置するか、 ...


1

別端末で試したところ正常に動きました。もしかしたらと思い、PCを再起動してみたら滞りなく動くようになりました。 ご回答いただいた方、また時間を割いてこの質問を見てくださった方、誠にありがとうございました。


1

トップページで記事一覧がふたつ表示されているのは、ページの layout が post になっているからかもしれません。今回使っているテーマの minima では home が index.html 用のレイアウトのようです。 この記事で数式が表示されてないのは、MathJax を HTTP でロードしようとしているので Mixed Content と判定されてロード失敗しているのではないでしょうか。更に cdn.mathjax.org は既に廃止されているため、他に乗り換える必要があります。 また現在 ./_site が git push されていますが、./site の内容物は Jekyll によって自動生成されるもので、通常は .gitignore するものです。コミットの diff ...


1

/edit.html という形式でファイルを指定した場合、 edit.html はその URL のルート直下、つまり https://gouehara.github.io/edit.html に配置されていることになります。しかし、実際には edit.html は https://gouehara.github.io/notes-app/edit.html に配置されているため、質問文に提示されたような「ファイルがその場所に存在しない」という旨のエラーが発生します。 ルート相対パスで指定するのであれば、 /notes-app/edit.html とパスを修正することで、質問者さんの問題は解決するかと思います。


1

scriptタグのsrcなどが/で始まっていますが、これだとドメイン直下から参照するようになっているみたいです。./にすると直ると思います。


1

恐らく仕様が変更になったのか、Saveボタンは表示されませんがブランチをプルダウンから選択すると即座に変更が反映され、ページヘッダの黒い帯の下辺りに "GitHub Pages source saved." というメッセージが表示されるはずです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります