次のタグが付いている話題の回答:

2

大前提としてAPIのkeyはサーバサイドで利用することを想定されており、残念ながらフロントエンドだけで対応することは難しいです。 GitHub Actions はソフトウェアを開発するうえで実行されるビルド、デプロイ、テスト、リリースの手動で行っている作業を自動化するためのツールです。 githubで公開してしまうとまずい情報ですがリリース時には利用したい情報を暗号化できます。 そしてリリース時には暗号化されている情報を複合化してリリースできるというものです。 ただし、ここで重要になってくるのはリリース時には複合化された状態でリリースされます。 つまりはjavascriptに直接暗号化した情報を載せてしまっても公開されているJSファイルにはそのまま秘密情報は載ってしまいます。 なので今回の要件では使えません。 ...


1

github.event.inputs コンテキストを利用しているので、ワークフローをマニュアル実行 する前提の設定を参考にしているのではないでしょうか。 # release.yml name: Compile & Upload Release on: workflow_dispatch: inputs: upload_url: description: "Assets upload URL" required: true jobs: build: runs-on: ubuntu-latest steps: - uses: actions/checkout@v2 - name: ...


1

actions/upload-release-assetは現在メンテナンスされていません。そのことを認識した上でお使いください。 リリースをpublishした際に、そのリリースにexeファイルをアップロードしたい github.event.releaseにはCreate a releaseのResponseが含まれています。そのため、${{github.event.release.upload_url}}で参照できます。関係しそうなところを抜き出すとこんな感じになります。 on: release: types: - published jobs: build: steps: - name: ... uses: actions/upload-release-...


1

請求に関することですので、最終的にはご自身で確認してください。 GitHub Actionsの支払いについてで説明されています。 パブリックリポジトリは無料です。 セルフホストランナーも無料です。 Proにおける3000分/月はプライベートリポジトリに対するものです。 Windowsは2倍、macOSは10倍の倍率が設定されています。例えばすべてmacOSで実行した場合、300分/月までとなります。 OSによって倍率が異なることから、Job単位での利用時間計算と思われます。


1

(直接の回答にはなっていませんが、コメント欄に書ききれないので) スタックトレースから、例外を送出している箇所はここだとわかります。 クラス名やメソッド名などから、この部分は認証情報を取得している処理で、heroku-maven-plugin は Heroku CLI でログイン済みの環境で実行されることが前提の作りになっている、ように思われます。 GitHub Actions環境では、未認証のユーザがdeployを行おうとしている形になっているため今回のエラーが発生しているのだと考えます。 同じ事象がGitHubのissuesに登録されているようです: Unable to use the plugin in Github Actions due to a "Index 0 out of ...


1

Tagを打ってくれるActionはいくらか存在するようですので、これらを使えば実現できるでしょうか。 公式の機能で実装するには、github-scriptを使い、createTag()を呼ぶことでしょうか。 uses: actions/github-script@0.9.0 with: github-token: ${{secrets.GITHUB_TOKEN}} script: | github.git.createTag({ owner: context.repo.owner, repo: context.repo.repo, tag: ..., message: ..., object: ..., type: ......


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります