職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている新しい回答:

1

エラー自体は、リモートとローカルでコミットが分かれてしまい単純にはマージできない状況になってしまったため起こっています。 o---o---o---o (リモートにはミスしたコミットが push されてしまっている) \---o (ローカルではミスしたコミットの 1 つ前から別のコミットが生えている) このズレを解消した上で push する必要があります。 解決法1: pull して手動マージ git pull した時点で merge conflict が発生しており、git status を見ると Your branch and 'origin/なんとかかんとか' have diverged, ... と言われているのではないかと思います。 git status ...


3

git 上で、git diff で得られるような差分を、直接ファイルシステムに適用するにはどうしたら良いですか? git 管理されていない状態でもgit applyでできると思います。手元ではできました。 $ git diff --color=never > diff.txt $ git apply diff.txt


2

(レポジトリにて) git diff 引数forDiff > foo.patch して、これをサーバーに持っていく (ソースのベースディレクトリにて) patch -p 1 < path/to/foo.patch することで、適用できることを確認しました。 -p 1 の引数は、 git diff の出力は、 diff 引数ファイルパス情報として、仮想的な a と b を付与しているらしく、それを strip して適用するために、必要となる様子です。 以下が、 diff の中の、その仮想的なパスの例。 --- a/app/models/foo.rb +++ b/app/models/foo.rb


6

ソースコード管理ツールが普及する以前は diff と patch で差分を管理していました。今でもできます。 diff でとったソースコードの差分をパッチファイルと呼びます。 パッチファイルをそのまま patch に入力すると差分が適用されます。 branch_a$ diff -u old_source_dir new_source_dir > /var/tmp/brancha_patch branch_a$ cd ../branch_b branch_b$ patch < /var/tmp/brancha_patch patch はかなり賢くて、差分元と適用先で、行番号が違うとか、ファジー論理が許す範囲でちょっとだけソース内容が違うとかの場合でも、差分ファイルを適用してくれます。...


0

git diffに--outputオプションがあります。 $ man git-diff --output=<file> Output to a specific file instead of stdout. 実行例 $ git diff --output=OUTPUT.diff HEAD~ /path/to/file 複数ファイルの場合は試していません。


2

hotfixについて補足です。 本番でしばらく問題なければ master に release をマージ (マスターは常に安定動作するバージョンを維持 (develop や本番環境からは少し遅れる)) 本番で問題が起きた場合のために、特別な修正をするhotfixがgit-flowには用意されています。 本番=masterの最新となるようにし、いざというときはhotfixを活用してください。 releaseは本番で問題が起きた場合の作業ブランチではありません。その認識が間違えているのでいろいろ変になっているのではないでしょうか。


6

※かなり原理によった考え方ですので、本来はプロダクトの性質やチームの状況によって柔軟に進めてください。 おそらく2点勘違いがあります。 (1)releaseブランチの扱いについて 質問には リリースは本番デプロイ時点のスナップショット的扱い と書いていますが、参考にされているどのサイトにも 「プロダクトリリースまでの準備ブランチ」 とあります。つまりdevelopにおいておくとどんどん新しい機能が追加されてしまい全然安定化しないので releaseブランチで安定化作業を行います。 質問をみると「動作確認」というおそらくリリース前の作業があると推測されます。 であるならば「動作確認」作業前にreleaseブランチを作成して、ステージング環境にアップロードしてバグフィックスを行いましょう。...


1

gitconfigの設定を確認したところ、mergeの項目でff = falseになっていたのが原因でした。 この回答は @塩士亮平 さんのコメント を元にコミュニティwikiとして投稿しました。


上位 50 件の最近の回答が含まれています