次のタグが付いている新しい回答:

1

Detected sqlite3 gem which is not supported on Heroku: https://devcenter.heroku.com/articles/sqlite3 こちらの2行に説明があります。sqlite3はHerokuではサポートされていないとのことです。 Gemfileにあるsqlite3の行をdevelopmentグループに入れれば解決すると思われます。 Herokuの詳細な利用方法についてはこちらを参照してください。


1

先のお二方の回答の方が正しいと思われますが、そこを敢えて何かするとしたら。 バッチファイルやスクリプトファイルならば、そのファイル自身が何処に移動しても、その時点での絶対パスを取得する方法があり、親フォルダーのパスを取得することもできます。 バッチファイル How to get windows batch's parent folder こちらの答えの方です for %%I in ("%~dp0.") do for %%J in ("%%~dpI.") do set ParentFolderName=%%~dpnxJ echo %ParentFolderName% バッチファイルの中に以下の行があるので: set VIRTUAL_ENV=C:¥仮想環境パス ...


1

実際に使っているわけではなく少し調べた程度ですので、もしかしたら間違いがあるかもしれません。 venv で管理するのは Python インタプリタ (= Python 自体のバージョン等) ではなく、あくまでライブラリやモジュール、およびそれらのバージョン情報です。 また、既に確認された通り venv で作成した環境に含まれる pyvenv.cfg 等には環境依存のファイルパスが含まれるので、これらは異なる環境にそのまま共有できるわけではなさそうです。 (Git でクローンしたら即使えるようになるわけでない) venv の環境を共有したい場合、venv ディレクトリを直接共有するのではなく、venv 環境にインストールしたパッケージの情報をまとめた requirements.txt を作成し、...


1

これらを相対パスの記述にするにはどうすればよいでしょうか? できません。 pyvenv.cfgにはAppDataフォルダパスの記述であり、Clone環境下で同じような相対パス(ユーザーごとの)が保証されているわけではないことが問題でしょうか? いいえ。 上記1.2では問題がある場合、仮想環境をgit内のvenvフォルダからリモート環境に複製することが可能でしょうか? いいえ。 そもそも、venvディレクトリはポータブルではないため、他の人、PC、ディレクトリ、に持ち運べません。 それぞれで作成する


上位 50 件の最近の回答が含まれています