次のタグが付いている話題の回答:

7

※かなり原理によった考え方ですので、本来はプロダクトの性質やチームの状況によって柔軟に進めてください。 おそらく2点勘違いがあります。 (1)releaseブランチの扱いについて 質問には リリースは本番デプロイ時点のスナップショット的扱い と書いていますが、参考にされているどのサイトにも 「プロダクトリリースまでの準備ブランチ」 とあります。つまりdevelopにおいておくとどんどん新しい機能が追加されてしまい全然安定化しないので releaseブランチで安定化作業を行います。 質問をみると「動作確認」というおそらくリリース前の作業があると推測されます。 であるならば「動作確認」作業前にreleaseブランチを作成して、ステージング環境にアップロードしてバグフィックスを行いましょう。...


5

develop/master/topic ブランチの概念を持ち出しているということは、 git flow のワークフローを想定しているのだと思います。 branchC を HotFix 扱いして、 master へマージしてはどうでしょうか。 git flow 的に HotFix 扱いするのなら、具体的な作業は次のようになるかと思います。 branchC を develop ではなく、 master から派生させる形で rebase する。 (git rebase --onto などが使えるかと) master--branchC の形にしてから、 master へマージする。 新たな master を HotFix としてリリースする (develop が置いていかれてるので) branchC を ...


3

git はその制約上、どうしてもその履歴は混沌としたものになるものだ、と受け入れるのがいいと思います。 git はそのソースコードは git で管理されていますが、その履歴の管理フローは git flow よりもさらにアクロバティックで、おそらくもともと「必要に応じてコミットグラフをたどって情報を抽出するスクリプトを書けばいいよね!」といった想定なのだと思います。 が、やはり歴史を綺麗に保ちたい要望というのは常にあるので、最近だと github は PR を accept する際に squash したり rebase したりだという機能を持つようになりました。しかし、これは github flow では master (メンテ対象ブランチ)は常に一つである、という想定(前提)...


2

hotfixについて補足です。 本番でしばらく問題なければ master に release をマージ (マスターは常に安定動作するバージョンを維持 (develop や本番環境からは少し遅れる)) 本番で問題が起きた場合のために、特別な修正をするhotfixがgit-flowには用意されています。 本番=masterの最新となるようにし、いざというときはhotfixを活用してください。 releaseは本番で問題が起きた場合の作業ブランチではありません。その認識が間違えているのでいろいろ変になっているのではないでしょうか。


2

Gitにおいてブランチの親子関係は管理されていません。基本的にどこかで分岐した2つのブランチは互いにマージが可能ですから、branchCをmasterにマージすることはできます。ただこの場合、masterとbranchCが分岐した時点からbranchCまでの修正が全てmasterに適用されることになるので、 (前回のdevelop→masterのマージ) developからbranchXを切り出し branchXの実装が終わったのでdevelopにマージ developからbranchA,B,Cを切り出し branchAをdevelopにマージ (branchCの変更だけをmasterに適用したい!!) このような場合、branchCを切り出した後にマージされたbranchAが巻き込まれることはありませんが、...


2

git コマンドは、 git SOMECOMMAND を実行した時、それが git 自身のコマンドでなかった場合には、 git-SOMECOMMAND の実行ファイルをパスから探しに行きます。なので、今回のケースだと、git-flow が root のパスに入っていない場所にインストールされているのでは、と思っています。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります