次のタグが付いている話題の回答:

9

言語の指定がないので、アルゴリズムだけ示します。 下記の図で細かい説明を省いて結論だけ言うと、長方形(赤)の外側に引いた水色の実線の中に、円の中心 P1 が入った際には衝突したとみなせます。水色の線は、長方形の外縁から r の距離に相当します。そのため角を除く部分は長方形に並行に、角の部分は半径 r の円の 1/4 となっています。 あとはこの水色の実線内に入ったかどうかの判定ですが、以下の図を参照してください。なおここで示すアルゴリズムは1つの例であり、組み立て方は他にもあります。またここで示した判定アルゴリズムは、決して速くはありません。接触していないことを早期に検出する、という改良が考えられます。 黄色で示した領域に入ってるかどうかをチェックする。入っていたら接触しているとして終了 ...


5

System.Collections.Concurrent名前空間のコレクションを使用します。 この名前空間に属するコレクションは、非同期に同時アクセス可能です。 lockする必要は、ありません。 もう一つの方法としては、System.Collections.Immutable名前空間に所属する 不変コレクションを使用します。 不変コレクションは、コレクションの変更を行うと新しいコレクションへの参照が作成されます。 System.Collections.Immutableは、標準では利用できないかも知れません。 nuget経由で導入することができます。 これらのコレクションを使用すると、lockフリーにプログラミング可能になります。 列挙操作中にコレクションを変更しても例外は、発生しません。


4

当該コレクションへの、Read/Writeの頻度がRead>Writeである場合、 System.Threading.ReaderWriterLockSlim の利用を検討してみるのもありかもしれません。 但し、一般的なMonitorを使ったLockよりは、オーバーヘッドが大きめなので、たとえば、頻度がWirte>Readのような場合は、かえって効率が悪化する可能性があります。 個人的には、 System.Collections.Concurrent名前空間内のコレクションの利用を検討する System.Collections.Immutable名前空間内のコレクションの利用を検討する その他の方法を検討する というプライオリティで検討することが多いことを付言します。


4

木構造のシーングラフ(以下ツリーと呼びます)に一貫性を保たないといけない前提で回答しています。 そうでない場合はSystem.Collections.ConcurrentやSystem.Collections.Immutableのコレクション(以下ロックフリーコレクションと呼びます)を使えば十分だと思います。 解決案1 ツリーをロックする 通常async/awaitパターンを使うとlockステートメントが自由に使用できなくなりますが、その解決案としてusingを使えるようにしたものがあります。 非同期:awaitを含むコードをロックするには?(AsyncLock編) Building Async Coordination Primitives, Part 6: AsyncLock ...


3

Unityではデフォルトではデータを管理するシステムは存在していません。 類似としてPlayerPrefが存在しています。 http://docs.unity3d.com/ja/current/ScriptReference/PlayerPrefs.html 巨大なデータを扱う場合は技術者にもよると思いますが、 Jsonだったり、CSVが一般的だと思います。 ※Xmlは速度面の関係であまりよしとはしていません。 他にScriptableObjectあたりでしょうか。 Unity5.3からJsonがサポートされたようです。 (試していませんのでこれ以上のことは控えます) それ以前のバージョンだとMiniJsonを使えば解決すると思います。 私の場合、Jsonデータを暗号化して保存しています。 一部、...


2

折角オブジェクト指向でプログラムしているのですから、敵キャラというクラスを作成し、当たり判定などの共通の実装をここで定義し、キャラの種類のサブクラスでそのキャラ独特の振る舞いを差分でコーディングするのが一番ではないでしょうか? 今回の例で言うと ennemy という親クラスを定義し、enemy1, enemy2というサブクラスを定義し、enemy1, enemy2...のインスタンスを生成するといった感じになるでしょうか。


1

code/External/SOIL/lib/win/x86/SOIL.libが古いことが原因です。 Visual Studio 2015にてstrstrなどが含まれるCRT; C Runtime LibraryがC++言語でリファクタリングされました。これによりいくつかの関数がコンパイル時にインライン展開されるようになっています。これには副作用があり Visual Studio 2013以前にコンパイルされたライブラリ (リンク時に結合されることを期待している)を Visual Studio 2015以降でリンク (コンパイル時にインライン展開されることを期待している)を行う と質問のようなリンクエラーが発生します。 Game Programming in C++ CodeはVisual Studio ...


1

基本的に、Unity は iOSネイティブアプリ内に組み込むことを想定していません。 上記のサイトではそれを無理やり動かすために改造をしてると思ってください。 なので、Unity5で同じことをしようとした場合、上記サイトと同じようなことをする必要があります。それには Unity5 や iOS/Xcode の知識が必要になりますが、逆にその知識があれば、上記サイトを参考にして Unity5 に対応することができるはずです。 解決策ではなく申し訳ないですが、「そもそも対応してない」と諦めることをお勧めします。


1

私ならこんな感じですかね 更新するスレッドを1つに制限する 描画用のツリーと作成中のツリーを分け、変更はしない 複数の更新担当オブジェクトがいる場合、各オブジェクトの更新可能範囲を制限する。役割分担のためにデータを論理的なツリーにして描画用のツリーは各論理ノードのものを組み合わせる


1

古典的な方法(OpenGLやDirect3Dによらない)の場合、移動するキャラクタをスプライトなどと呼んでいましたが、当時のゲーム機にはスプライトを管理するハード機能があったため、背景(マップ)との重ね合わせについて取り分け注意する必要はありませんでした。 Windows等でスプライト的な処理を行う場合、背景等キャラクタによって上書きされるイメージは事前に保持しておかなければならないです。場合によっては別のキャラクタで上書きされることもあります。これはWindowsのDIBやDirectDrawを用いた場合も基本的には変わりません。 ただし、現在のPCは潤沢な(ビデオ)メモリと高速なGPU、CPUが用いられるため、画面の一部のみを保持しておく必要はなく、画面全体をリフレッシュ(再描画)...


1

床井研究室の Web サイトは OpenGL の初心者にお勧めです。 やり方が分からない時は、まず小さな事柄に分解して考えたり、試してみましょう。 まずは OpenGL 上で絵を 2 枚表示してみてください。 そのうち 1 枚の絵をキーボードの上下左右から操作できるようにしてみてください。 何のキーが押されたかは OS が標準で備えている API から取得することができます。 キーで絵を移動できれば、もう一枚の絵に重ねることが可能ですよね。 キーで動かした絵が上に来ましたか? それとも動いてない絵のほうが上に来ましたか? ここまで組んでみると何が分からないのかわかってくると思いますよ。


1

まず virtual メソッドに async キーワードを付けるのは言語として OK です。派生クラスで override しても問題ありません。これで問題なく動作します。あと追加情報として async キーワードはメソッドのシグネチャーに含まれません。 ただし上記のように実装すると2つ問題があります。 1つ目: await が存在ないメソッドに async をコンパイラーが警告を出します 2つ目: 普通と異なる書き方をしなければならない戻り値の Task (または Task<T> )がスマートでない さらに言えばユーザーは非同期処理されるかどうかはあまり興味が無く async や Task を見たくないのが本音です。 というわけでここは Non-Virtual Interface ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります