質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

8

すでに問題解決済みですが、この問題に関して本家nviのFAQに記載がありました。後で同じような疑問に突き当たった人の参考になるよう追記しておきます。 Vi uses the C library routine isprint(3) to determine if a character is printable, or should be displayed as an octal or hexadecimal value on the screen. Generally, if vi is displaying printable characters in octal/hexadecimal forms, your environment is not configured correctly. ...


5

Win32 では .EXE のロードアドレスは [そのプロセスの仮想記憶域の 0x0040 0000 番地] です。この数値は x86 アーキテクチャの仮想記憶保護機構のページの大きさや Win95 と MS-DOS との互換を保つための仮想 86 モードの実装上の都合などから決まっています。 Linux/FreeBSD でも x86 上では事情は同じなので同じ数値が使われています(のはずです)。 つまりどういうことかというと、 - 仮想アドレスというのはプロセスごとに定義しなおすものである - プロセス foo 内では仮想アドレス 0x0040 0000 番地は foo.EXE のロード開始位置 - プロセス bar 内では仮想アドレス 0x0040 0000 番地は bar.EXE のロード開始位置 - ...


3

コンソールのエンコーディングと同じエンコーディングのファイルの編集が出来ればよいのであれば、環境変数LANGをコンソールのエンコーディングに一致する値(たとえばja_JP.UTF-8)に変更してください。 UTF-8環境でEUC-JPのファイルを編集したい、などだと、素のviだと面倒なのでvimでもインストールしてください。


1

ファイルの最終修正日時の新しい順に取得し head で先頭1行取得したものを xargs でmv こんな感じでどうでしょうか? (複数ディレクトリからの取得にしてみました) freebsd ls -1 -t /home/camera-user/*/Capture/*.jpg | head -n 1 | xargs -J % mv -f % /destdir/dest.jpg linux ls -1 -t /home/camera-user/*/Capture/*.jpg | head -n 1 | xargs -I {} mv {} /destdir/dest.jpg linux(bash)の方しか動確してません


1

RFC2292 の実装 cmsg(3) を使った *BSD 互換な API が newlib/libc/sys/linux/net/rthdr.c にあるようです. ありがとうございました.


1

$ for filename in /usr/share/man/man1/*.1.gz; do cmd=`basename $filename .1.gz`; man -f $cmd | cat; done するか、 $ for filename in /usr/share/man/man1/*.1.gz; do cmd=`basename $filename .1.gz`; PAGER=cat man -f $cmd; done でいけませんか? $ man -f perl とかするとなんとなく感じがつかめるかも。


1

https://en.wikipedia.org/wiki/Comparison_of_command_shells を見ると、Unicodeのサポートは部分的("Partial")となっているので、ash で Unicode を使うのは避けておくのが無難ではないかと思います。


1

Linux の vi は vim ですが、FreeBSD の vi は nvi です。 素の nvi は、マルチバイト文字には非対応です。 ports や pkg で vim をインストールすると良いと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります