次のタグが付いている話題の回答:

2

main関数がないと言っています。Dartはまずmain関数を探すので必ず書きましょう。 void main() {}


2

バグかもしれないですね。 _onMapCreatedメソッド内で、数ミリ秒後にmoveCameraで移動させる方法とかどうでしょうか。 https://pub.dev/documentation/google_maps_flutter/latest/google_maps_flutter/GoogleMapController/moveCamera.html とりあえずこれで動作しました。 MapCreatedCallback _onMapCreated(Position position) { return (controller) { mapController = controller; Future.delayed(Duration(milliseconds: 1), ...


2

みなさまコメントありがとうございます。@OOPerさまの下記の推測が正しかったようです。 UTF-8としては不正なバイト列が含まれている CharsetConverterではSwiftのNSStringクラスを流用しているだけのようでした。 https://github.com/pr0gramista/charset_converter/blob/master/ios/Classes/SwiftCharsetConverterPlugin.swift#L49 そこでデコーダーを以下のPluginに変更した所、想定通りにデコードすることができました。 https://api.flutter.dev/flutter/dart-convert/Utf8Codec/decode.html String ...


2

strings.xmlだけでなくbuild.gradleでもアプリ名を設定してたのが問題でした。 build.gradle android { buildTypes { release { resValue "string", "app_name", "Date Interval Logger"<-これを削除


1

以下のようにnullの時だけ代入するようにしたらできました。 if (_key == null) { _key = _args.key; _detail = _items[_key]; }


1

特定する=プライバシー侵害に直結する結構シビアな問題なので回答が付きにくいのかと。 あなたの言う「特定」の意図というか案件というかで答えは異なるでしょう。 一人のユーザ (Google Account) が複数台の Android 端末を持っているとき、その端末は 「同じ」アカウントとみなすのか 「違う」アカウントとみなすのか などなど ...にゃんこ大戦争とかたいていの Android ゲームは 1 Google Account で複数台の端末にインストールできて、課金するお財布は同じでもゲーム上は異なるアカウントだったりする... よって課金システムから見ると、これらは特定の結果「同じ」アカウントであり ゲームシステムから見ると、これらは特定の結果「違う」アカウントであるわけで # IOS ...


1

value プロパティで int 型にして保存するのはどうでしょうか? 保存した値は Color(int value) コンストラクタに渡すことで、Color に戻すことができます。 https://api.flutter.dev/flutter/dart-ui/Color/value.html https://api.flutter.dev/flutter/dart-ui/Color/Color.html final color = Color(0xDD13D582); // color.value である 3709064578 を保存する。 // 保存した値を Color へ変換する。 Color(3709064578) もしくは16進数表記した String として保存するのも良いと思います。 ...


1

移行元からは既存プロジェクトのフォルダをそのままコピーし、移行先では Android Studio の File メニューから "Import Project" を選ぶ方法があるようです。 How do I export an Android Studio project? - Stack Overflow 公式のドキュメントには以下のような記載があります。 既存のプロジェクトをインポートする | Android デベロッパー 既存のローカル プロジェクトを Android Studio にインポートする手順は次のとおりです。 [File] > [New] > [Import Project] をクリックします。 表示されるウィンドウで、インポートするプロジェクトのルート ...


1

ざっと訳すると、 We found your app provides potentially unauthorized access to third-party audio or video streaming. 「あなたのアプリが、権限の無い、サードパーティのAudio や Videoのストリーミングへの、潜在的なアクセスを提供する」ことを発見しました。 Your app and its contents should not infringe upon the rights of another party. In the event your app infringes another party’s rights, you are responsible for any liability ...


1

ちょっと元のコードの意図が分かりかねたので、改変をしました。 選択状態をStateで管理すると実現可能です。まず、StateではListViewとしてCheckboxを描画します。Checkboxはチェックの状態をState内でListとして管理し、Listが更新されたら合計値を計算します。 サンプルとして次のコードが考えられます。 import 'package:flutter/material.dart'; class CheckBoxList extends StatefulWidget { CheckBoxList(); @override _CheckBoxListState createState() => _CheckBoxListState(); } class ...


1

TextEditingControllerを使用して、文字列を設定してみてください。 class _PickerState extends State<Dialog> { String _label = ''; TextEditingController _textEditingController; // 追加 @override void initState() { super.initState(); _textEditingController = TextEditingController(); } void _setLabel(String s) { if (s == null) { return; } ...


1

BuilderWidgetで囲んであげるとできます。 同一メソッド内のTheme.of(context)では、MaterialAppのcontextを参照できていないことが原因です。 こちらの動画が参考になるかと思います。 https://www.youtube.com/watch?v=xXNOkIuSYuA import 'package:flutter/material.dart'; void main() { runApp(MyApp()); } class MyApp extends StatefulWidget { MyAppState createState() => MyAppState(); } class MyAppState extends State<MyApp&...


1

_itemsControllerにはデータしか流れないため、状態までは分からないですね。 そのため状態も分かるようにするため、状態用のクラスを用意し、データはこのクラスに内包させる方法はどうでしょうか。 状態用のクラス abstract class FetchState {} class Fetching extends FetchState {} class Fetched extends FetchState { Fetched({this.entryList}); /// 取得したデータ List<Entry> entryList; } データ取得の実装 loadEntries() async { _itemsController.add(Fetching()); ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります