次のタグが付いている新しい回答:

0

https://github.com/keito5656/firebase-authentication-to-bigquery-export こちらを使うとできます。試してみてください。


2

Firebaseのログイン機能を使うと、WEB上で閲覧できるFirebaseコンソールのAuthenticationのところに ログインしたユーザーが保管されていきます。 そこで出る情報(メールアドレス等)で事足りる場合は、それ上での管理で問題ないと思いますが ユーザー名や他の情報も管理したい場合だと、FireStoreや別DBなどで管理するのがいいと思います。 Firebasenoアカウントをどちらで管理するかどうかは、契約や、請求がどちらでするかなどもあるので 当事者で決めて頂くしかないかと…


2

Vue Router を使い、遷移をするか、遷移を抑制するのかを指定するためには、ナビゲーションガードという機能を用いることが出来ます。 ナビゲーションガード この名前が示すように、 vue-router によって提供されるナビゲーションガードは、リダイレクトもしくはキャンセルによって遷移をガードするために主に使用されます。ルートナビゲーション処理 (グローバル、ルート単位、コンポーネント内) をフックする多くの方法があります。 パラメータまたはクエリの変更は enter/leave ナビゲーションガードをトリガーしない ということを覚えておいてください。それらの変更に対応するために $route オブジェクトを監視する、またはコンポーネント内ガード beforeRouteUpdate ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています