次のタグが付いている新しい回答:

0

アクセス先の URL が "HTTPS" ではなく http:// の場合、最新のブラウザでは「保護されていないサイト」と見なされ安全のためにブロックされるケースがあります。 リスクを理解した上でブラウザの警告画面から該当のサイトに進むか (一般的にはお勧めしません)、 Netlify の場合には SSL 化する方法があるようです。 参考: Netlifyで公開しているサイトをSSL化する方法 Netlify管理画面での設定 Netlify にログインし、「Domain management」から「HTTPS」をクリックします。 HTTPSの「Verify DNS configuration」をクリックします。


0

Future.forEach を使うと解決しそうな気がします。 await images.forEach((element) async { ↓ await Future.forEach(images, (element) async { https://stackoverflow.com/questions/42467663/async-await-in-list-foreach


0

自己解決いたしました。documentのdataの中にある"videoId"を配列として取得、for文で取得したvideoIdを順番にAPIリクエストをかけて、結果を取得しました。 //FireStoreのvideoIdを配列に格納 private var videoIds: [String] = [] //firestoreのvideoIdを取得 private func fetchFirestoreVideoId(){ guard let uid = Auth.auth().currentUser?.uid else { return } let userRef = Firestore.firestore().collection(Const.UserPath)....


上位 50 件の最近の回答が含まれています