職場でチーム専用のQ&Aサイト「Stack Overflow for Teams」を使い、プライベートかつ安全な環境で回答を見つけてください!ユーザー数10名までは無料でご利用いただけます。 登録

次のタグが付いている話題の回答:

2

仰る通り、 firebase-tools.jsonを開くアクセス権がないとなってますので、 四角く囲まれた エラーメッセージの水色のところを試されてどうでしょうか?


2

Firebaseのログイン機能を使うと、WEB上で閲覧できるFirebaseコンソールのAuthenticationのところに ログインしたユーザーが保管されていきます。 そこで出る情報(メールアドレス等)で事足りる場合は、それ上での管理で問題ないと思いますが ユーザー名や他の情報も管理したい場合だと、FireStoreや別DBなどで管理するのがいいと思います。 Firebasenoアカウントをどちらで管理するかどうかは、契約や、請求がどちらでするかなどもあるので 当事者で決めて頂くしかないかと…


2

Vue Router を使い、遷移をするか、遷移を抑制するのかを指定するためには、ナビゲーションガードという機能を用いることが出来ます。 ナビゲーションガード この名前が示すように、 vue-router によって提供されるナビゲーションガードは、リダイレクトもしくはキャンセルによって遷移をガードするために主に使用されます。ルートナビゲーション処理 (グローバル、ルート単位、コンポーネント内) をフックする多くの方法があります。 パラメータまたはクエリの変更は enter/leave ナビゲーションガードをトリガーしない ということを覚えておいてください。それらの変更に対応するために $route オブジェクトを監視する、またはコンポーネント内ガード beforeRouteUpdate ...


1

コールバックでのthis束縛が原因でしたら、setWatcher内で一旦const self = this;のように変数に保存しておいてコールバックではself.message = ...のようにするか、モダンブラウザを使える場合はアロー関数にするかします。 setWatcher: function () { var ref = firebase.database().ref('/users/' + userID + '/members'); ref.on('value', (snapshot) => { ...


1

自己解決しました。 以下の手順で行うとプロジェクトの削除が可能です。 Firebaseのコンソール画面からプロジェクトの管理画面にログイン ↓ 歯車のアイコン ↓ [プロジェクトの設定] ↓ (画面下部にある)[プロジェクトの削除]のリンクをクリックする プロジェクトを削除するまでの操作画面については、個人で運営しているブログサイトに記事としてまとめています。また合わせて、一度削除したプロジェクトの復元方法についても言及しています。


1

レイテンシについて超シビアなアプリケーションを作るわけではないのであれば、Firestoreを利用したほうが良いと思います。 私もそのようなスタイルでアプリケーションを作っていますが、レイテンシについてはあまり気になっていません。 ReltimeDatabaseは使ったことはないですが、Firestoreのほうがクエリが使いやすそう、という理由で私もFirestoreを選択しました。 @touyu さんもおっしゃる通りFirestoreのほうがモダンであると思ったのも選択した理由です。 私が選択したときはまだFirestoreはbeta版でしたが、Firestoreをリリースしているということは、RealtimeDatabaseでは解決できなかった問題があるんだろう、というくらいの程度ですが...。 ...


1

let providers: [FUIAuthProvider] = [FUIEmailAuth()] を追加すると上手く表示されました。 公式レファレンスには記載ありませんが、FirebaseUIに少し変更があったようです。


1

プロジェクト単位のbuild.gradleとアプリ単位のbuild.gradleの切り分けができていませんでした。 それぞれ、該当のファイルに書き直したところ、エラーは発生しなくなりました。 https://teratail.com/questions/183014


1

見て頂いた方大変失礼しました! もしかして、Unity上で、Invoke()メソッドを使ってしまっているのが原因? こちら実際にInvoke()メソッドをすべてcoroutineに置き換えてビルドし直したところ、 無事minSdkVersion 19でもビルドできました!!!(ToT) NGUIライブラリ内でもInvoke()メソッドを使っており、念の為こちらもコメントアウトして対応しました。。(泣)


1

非同期メソッドから取得した結果の使い方が間違っています。 あなたのコード中のこの部分: ... { (snapshot) in self.friendId = snapshot.value as? String print(self.friendId!) } これはobserveSingleEvent(of:with:withCancel:)メソッドに「処理が完了したらこれを実行してくれ」と言う意味で渡されるだけですぐには実行されず、メソッドは一旦終了し、次の行の実行が始まります。 その時点では、上記のクロージャは実行されていないのですから、print(self.friendId)としても、値はセットされていない方が普通です。 非同期メソッドから取得した値は、...


1

バックエンドにWEBAPIなどが存在し、そこでFirebaseのUIDをキーに何か個人情報をHTTPで検索する場合などは当然脆弱性の余地がありますが、FirebaseのUIDをユーザーに知られても、FirebaseAPIから個人情報を抜かれることはありません。 ただ、基本的にBtoC系のサービスで、バックエンドで管理しているユーザーの一意キーを公開するのはおすすめしません。


1

シミュレータは稀に正しく動かないことがあるという情報があったので、念のため実際にクエリを投げて検証してみたところ、意図していた結果が得られたので、単純にシミュレータのバグかもしれないと考えていたのですが、Developer Platform Support に問い合わせをしたところ、以下のような回答をいただきましたのでご参考までに・・・。 get関数は、存在しないオブジェクトに対して値を取得しようとするとエラーとなる。 条件判定過程でエラーが発生すると、セキュリティルール上はセキュリティルールを適用しない。 「各コレクションに存在するユーザデータに紐づくdeleteFlagのいずれかがFalseであった時に、セキュリティルールを適用するようにしたい」という要望について、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります