次のタグが付いている新しい回答:

3

回答にあらず単なる補足 この辺の話はブツが真にハードディスク(磁気メディア)である場合に限定です。いわゆる SSD フラッシュメモリデバイスである場合には「ファイルの削除」がファイルシステムの論理データの上書きで済まずに真に Trim つまりフラッシュメモリセルの消去を伴う場合があって、そうなるとファイル削除は即データ喪失になります。データが電気的消去済みなので復活のさせようがないわけです。 リードオンリーにマウントしなおして作業をしている最中であっても OS や操作員のあずかり知らぬところで SSD のメモリコントローラが wear leveling を行うこともあり得ます。そのため OS 上は書き込まない設定にしたつもりでもコントローラが同一論理セクタ番号を異なるフラッシュメモリセルに再マップする(=...


3

「ext4 だから復旧できた」ではなく、「extundelete を使って復旧した」方に注目してみましょう。 参照しているページから参考リンクを順に辿っていくと、例えば以下のページで解説があり、extundelete では "パーティションのジャーナルを元に復旧を試みている" 事がわかります。 extundeleteによる削除済みファイルの復元方法 より深い理解のために(上級者向け) (前略) しかし,ext4/ext3では,inode上のファイル本体を格納していたブロックのアドレスやファイルサイズの情報がすべてクリアされてしまうのです.したがって,未割りあてになっているinodeを強引に読んで目的のファイルを復元してしまうという方法がとれません. そのため,ext4/ext3では,(1)...


上位 50 件の最近の回答が含まれています