次のタグが付いている話題の回答:

4

この手のサーバ業者は事前に見込まれる顧客数と、各顧客がどの程度容量を使うかの予測等から、十分な容量の物理記憶装置を用意しているはず。更には物理装置の一部が故障しても顧客のデータが失われないようにバックアップなり RAID 構成なりを維持しなきゃならないので、業者の規模によりけりだけど普通にペタの単位の記憶容量は用意しているものと推定されます。そのうちのどのくらいが SSD 等高速ランダムアクセス可能な装置で、どのくらいが真にバックアップなテープ等のシーケンシャルアクセスな装置かは、その業者の経営ノウハウでもあり外部からは推測すらできないでしょう。 そんな超巨大記憶装置を、顧客1契約につき1つの物理装置があるようにみせかける仮想化によって分割して貸し出しているわけです。...


3

回答にあらず単なる補足 この辺の話はブツが真にハードディスク(磁気メディア)である場合に限定です。いわゆる SSD フラッシュメモリデバイスである場合には「ファイルの削除」がファイルシステムの論理データの上書きで済まずに真に Trim つまりフラッシュメモリセルの消去を伴う場合があって、そうなるとファイル削除は即データ喪失になります。データが電気的消去済みなので復活のさせようがないわけです。 リードオンリーにマウントしなおして作業をしている最中であっても OS や操作員のあずかり知らぬところで SSD のメモリコントローラが wear leveling を行うこともあり得ます。そのため OS 上は書き込まない設定にしたつもりでもコントローラが同一論理セクタ番号を異なるフラッシュメモリセルに再マップする(=...


3

「ext4 だから復旧できた」ではなく、「extundelete を使って復旧した」方に注目してみましょう。 参照しているページから参考リンクを順に辿っていくと、例えば以下のページで解説があり、extundelete では "パーティションのジャーナルを元に復旧を試みている" 事がわかります。 extundeleteによる削除済みファイルの復元方法 より深い理解のために(上級者向け) (前略) しかし,ext4/ext3では,inode上のファイル本体を格納していたブロックのアドレスやファイルサイズの情報がすべてクリアされてしまうのです.したがって,未割りあてになっているinodeを強引に読んで目的のファイルを復元してしまうという方法がとれません. そのため,ext4/ext3では,(1)...


2

サーバーの容量は決まっているはずです これが実際には異なっていて、「サーバの容量」は割と自由です。 一般的には、「ストレージ装置」を複数台のサーバで共用している構成になっています。ユーザーからの見え方は大雑把には二通りあって いわゆる「共有フォルダ」みたいなイメージ ストレージ装置の中に「論理的なHDD」が存在していてサーバはそれに接続している 前者の場合は「ユーザーの契約容量=フォルダごとの容量制限」なので、その制限を書き換えれば容量は変更できます。 後者の場合は「ユーザーの契約容量=論理的なHDDのサイズ」で、これはストレージ装置の機能で変更できます。 これは仮想化以前の時代から使われている技術で、ストレージ装置の基本的な機能です。 今時の仮想化技術を使ったレンタルサーバ(VPS)...


1

知りたい情報がmetropolis様のコメントで得られました。 ext3がディスクにコミット について man の ext4(5) にある Mount options for ext3 には commit=nrsec: Start a journal commit every nrsec seconds. The default value is 5 seconds. と書かれています。 Linuxがext3に書き込む について /proc/sys/vm/dirty_expire_centisecs になります(pdflush スレッドの実行間隔)。今回の件では vm.dirty_ratio と vm.dirty_background_ratio を調整する(値を下げる)方が良いかもしれません。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります