次のタグが付いている話題の回答:

7

セクタは誰が決めたのですか 誰が決めたかまではわかりません。一番最初にハードディスクを作ったIBMが決めた規格かもしれません。 個人の特定でなければ、ハードディスク設計者がセクタを定義しアクセスとキャッシュの管理を行っています。 OSは、ハードディスク設計者が規格に沿って作成したレジスタと命令により書き込み読み出しを行っています。 プログラムではどのようなパーティションでもセクタサイズは同じですか ハードディスク設計者が規格に沿ってセクタを定義しているのでパーティションによってサイズが変わることはありません。フォーマット時に設定できるアロケーションユニットサイズはクラスタのサイズのことです。 osではクラスタ単位で扱うそうですがOSの代わりにセクタにアクセスする方法はありますか ...


7

最近のLinuxは Filesystem Hierarchy Standard (wikipediaより) に則っています。細かく定義されていますので、そちらを参照するのが良いでしょう。 これらの場所以外にバイナリやライブラリが入る可能性はありますか? ディストリのパッケージマネージャーを使ってる限りは、まず無いと考えてよいでしょう。しかし例外としての可能性までは否定できません。


6

クォータを設定していない前提であれば ファイル数がinodeの最大値に達するもしくは マウントポイントの最大容量が上限になります。 性能については、ディレクトリ内のファイル郡をリストアップする場合や 検索するような場合はファイルが多いほど負荷が上がり性能が劣化します。ファイル名がわかっていて直接ファイルを読み書き出来る場合は性能劣化は見られません。 CMSはわかりませんが、記事とサムネイル画像の紐付をDB等で管理されていて ファイル名がわかっているのであればファイルの読み書きの性能劣化はないと思います。 ディレクトリ内のファイルを検索して画像を探すような場合は CPU負荷、メモリ使用量、ディスクIOが増え、応答時間は長くなるでしょう。 またShellでのファイル操作するが面倒になります。(ls ...


5

man hier 読みましょう。FHSという標準についての解説があります。 と言いたいところなのですが、あまり分かりやすいとは言えませんね。 また、現状にそぐわなくなっている部分もあります。 大雑把に以下のように覚えておくとよいかと。 ~/bin/ : 実行ファイルが入る。 ~/lib/ : ライブラリが入る。 ~/libexec/ : 他のプログラムから間接的に実行され、直接実行されることはない実行ファイルが入る。ただし、~/share/サブディレクトリ/ に入ったり、~/lib/サブディレクトリ/ に入ったりする例も多く、出番は少なめ。 ~/include/ : ~ を使った開発を行うためのヘッダー群が入る。 /usr/~ 大抵のディストリビューションにおいて、...


4

fstype によって違うでしょう。とりあえず今 Linux 環境がないのでウチの hpux の vxfs で試してみました。ディレクトリの更新日付が変わるのは 「そのディレクトリ自体に書き込みがあったとき」すなわち - ファイルやディレクトリを作ったとき - ファイルやディレクトリを削除したとき - ファイル名の変更を行ったとき $ mkdir hoge $ ls -ld --full-time hoge drwxrwxr-x 2 *** *** 96 2018-11-27 08:37:14.000000000 +0900 hoge/ $ touch hoge/hoge # 新規ファイルが作られるので $ ls -ld --full-time hoge # タイムスタンプが更新される drwxrwxr-x ...


4

セクタを作ったのはだれか?挙がっている3つの選択肢の中からあえて選ぶなら ・OS設計者 でしょう。しかし、セクタという管理機構が考え出された時代はコンピューターメーカーがハードウェアもOSもひとまとめにして作っていたのでハードディスク設計者との区分が明確にあるわけではないです。 参考のため、じゃぁセクタ以外の管理方法は?というと、メインフレーム等で使われていたCKD(count-key-data)という管理機構があります。これは利用者が自分で入出力ブロックのサイズを指定します。(80カラムのコードだから6400バイトブロックとかそんな風です) どのようなパーティションでもセクタサイズは同じですか? 過去には光磁気ディスクとかセクタサイズが512byteではない装置も存在していましたし、...


4

うまく説明できる自身がないので回答になっているか不安ですが・・・。 フォルダとファイルの構造が B-Tree なのではなく、ディレクトリ内のファイルのブロックを探索するときに B-Tree (HTree) 探索を行います。 ext3はdir_indexを有効にするとディレクトリ内のファイル探索にhashed b-tree (HTreeとも言います) を使いますので、無効な場合の線形探索に比べると、ファイルが多くなるほど探索結果がでるまでの時間が短くなります。 tune2fs のManページでは次のように説明されています。 dir_index Use hashed b-trees to speed up lookups in large ...


4

一般的かと思います。 歴史的には、1990年代には、UNIXのファイルシステムは、ファイル名に複数のドットが含まれているのをサポートしていましたし、その派生(?)であるLinuxのファイルシステムも同様でした。WindowsでもFAT32ファイルシステムでサポートしていたと記憶してます。(1998年くらいから) #HDFSはよくわかりませんが、現在はサポートしてます。 使い方は人それぞれと思いますが、名称の単語間を区切る文字として利用するのをよく見かけます。(質問の例だと「foo」「class」を区切っている) 特別メリットがあるわけではないですが、Windows、MacOS、Linuxのどこでも利用できるので、ファイル名中の単語の区切りとしては都合がよいと思います。 危険性も特にないと思います。


4

parentディレクトリを削除できる権限は、parentのパーミッションやオーナーではなく、parentが入っているディレクトリ(parentの親ディレクトリ)のパーミッションやオーナーで決まるのではないでしょうか。


4

ファイルシステムのデフォルトチューニングの性能比較であれば結果の通りでしょう。 ファイルシステム自体の性能比較であれば、適切にチューニングを行わなければ意味がありません。わかりやすい値としてブロックサイズを適切に設定する必要があります。EXT4はtune2fs、XFSはxfs_infoで各パラメーターを確認できます。ベンチマークが-bs=16kとのことなので、どちらのファイルシステムも16kにすべきでしょう。 なお、XFSはジャーナルログを別デバイスに設定できます。パフォーマンスを求めるのであれば別ディスク(≠別パーティション)に設定すべきでしょう。


4

foo.txt と bar.txt 同じデータを参照しています。 次のように考えるとイメージがつかみやすいと思います。 i-node → ファイルの実体 foo.txt や bar.txt → i-nodeへのリンク 同じ i-node を指している 2つのハードリンクは、リンク先の実体が同じものですので、全く同じデータが参照されます。 また、i-nodeには ハードリンクの数を表すカウント情報が含まれています。 この、カウントが 0 になると iノードは削除されます。(つまりファイルが削除されます) Linux で ls -il を実行すると i-node番号 と リンク数が表示することができます。 試していただくと foo.txtとbar.txtは同じ i-node番号、...


3

h2so5さんからのコメントで解決。 下記URLを参考にwin-sshfsをインストールしました。 http://www.maruko2.com/mw/Windows_%E3%81%A7_sshfs_%E3%82%92%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95


2

.も英数字と同じくファイル名を構成する記号のひとつに過ぎないので、「複数含めてはいけない」というルールは特にありません。 質問文での例に挙げられたものと考え方は少し違いますが、Linuxでは.tar.gzのような二重拡張子も一般的に使われています。 ファイル名の末尾にいわゆる拡張子として*.txtの形式で名前付けを行うのは元々「ファイルの種類を判別しやすいように」というだけで、プログラムの関連付けまで意味を持たせているのはWindowsのみです。


2

自己解決しました。 ソースを良く見てみると、src unsafeとあった為、画像が表示できませんでした。 cdvfileを使う際はセキュリティポリシーを設定しないといけない、と各サイトにありますが、Monacaを参考に設定すると上手く動作せず。 <meta http-equiv="Content-Security-Policy" content="default-src 'self' data: gap:cdvfile:https://ssl.gstatic.com 'unsafe-eval'; style-src 'self' 'unsafe-inline'; media-src *"> この、fefault-src 'self' の間にあるスペースを消すことで、認識してくれました。 ...


2

さらにbar.txtを削除した場合は参照元のiノードも削除されるということで合っていますか? はい。 1つわからなかったのがiノード自体はファイルの長さ、モード、iノード番号などの情報しか持っていないようですが、 これはVFSでのiノードの定義のことを言っているものと思います。各ファイルシステムではVFSでの定義をもとに、データ情報などファイルシステム固有の情報を含んだiノードを定義しています。


2

「実際にsample.logファイルを開くと」の部分はエディタか何かで開いたのでしょうか。 まずこの文字列についてですが、これは文字列エンコードの違いによって起こるいわゆる「文字化け」ではありません。エスケープシーケンスまで記録されているだけです。cat コマンドで出力した場合、エスケープシーケンスをターミナルが解釈して出力するため無いように見えますが、エスケープシーケンスを解釈しないエディタで開くと文字として見えます。 この文字列を記録したくない場合、それぞれ不完全ですがいくつか対策が考えられます。 コマンド側がなるべくエスケープシーケンスを出力しないようにする。エスケープシーケンスは典型的にはターミナル出力に色を付けたいときに使います。$PS1 を弄ったりですね。...


1

Homebrewからrenameをインストールして、 $ brew install rename renameコマンドでリネーム。 $ rename -p 's!^([A-Z]-\d+)-(\w+)!$2/$1!i' *.jpg デモ ✔ kojima:skmbp renametest$ tree . |-- A-1-adriana.jpg |-- A-1-anticoconvitto.jpg |-- A-1-arabesco.jpg |-- A-2-adriana.jpg |-- A-2-anticoconvitto.jpg `-- A-2-arabesco.jpg 0 directories, 6 files ✔ kojima:skmbp renametest$ rename -p 's!^([...


1

一般論的ですが、 空いた容量を他のプロセスが食い潰していませんか? ログ、ファイル生成など 容量の大きいファイルを確認しましたか? sudo find / -type f -size +100M -exec ls -lha {} \; 2>/dev/null で100MB以上のファイルを一覧できます


1

実質的に上限はないと思って構いません。ただし、上限が無いからと言って数万ものファイルを置くような設計にすればすぐにパフォーマンストラブルに見舞われると思います。 まず、ディレクトリが管理できるファイル数ですが、ディレクトリの実態はファイル名と所在するi-nodeの番号を記入したファイルです。管理するファイルが多くなるほど、記録したファイルの名前が長いほどディレクトリのサイズも大きくなっていきます。そういう意味では一つのディレクトリが管理できる上限はファイルシステムで作成できる最大のファイルサイズになるまで、ということになります。しかし、現実的には数TB位のストレージ全部をディレクトリで使うわけにもいかず、もちろんメモリにも読み込めず、全く実用になりません。 ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります