次のタグが付いている話題の回答:

5

WindowsTabsを使ったことがないので、ソースコードから読み取っただけの情報ですがまとめます。 WtSetup セットアッププロジェクトでWindowTabs.msiを生成します。 このインストーラーに取り込まれるのは..\\WtProgram\\obj\\Release\\WindowTabs.exeだけです。(なんでbinじゃなくobjなんだ…) なお、出来上がったWindowTabs.msiを手直しするスクリプトがJavaScriptおよびVBSで記述されています。今はC#で記述できます。 WtProgram F#言語バージョン2.0のプロジェクトでWindowTabs.exeを生成します。 このプロジェクトで参照されるのは配下の*.fsファイルと、この辺りの記述により以下の内容になります。...


4

GitHubリポジトリの中を見ると、複数言語が使われているようです。 ざっと見た限りでは、以下のようになっていると考えられます。 WindowTabs全体 : VS2010 treeviewadv : VS2008 C# .NET 2.0? ただし結果のdllのみを使っていてソースは参考用 WtSetup : おそらくVS2010 InstallSheild Limited Edition WtProgram : おそらくVS2010 F# 2.0 WtLauncher : おそらくVS2010 F# 2.0 ただし Main.fs というファイルが無いかも WtInject : VS2010 C++ WtGroup : おそらくVS2010 F# 2.0 WtDesktop : おそらくVS2010 F# ...


4

実際に試してませんが以下の様にしてみたらどうでしょうか? member this.hoge = Array.concat [ this.x; this.y; this.z ]


2

ビルドできる版をForkしました。 既にredgisさんがVS2017/.NET 4.0でコンパイルできるものをフォークしていました。 それをベースに、日本語対応できるリソースを追加してF#を3.0に上げただけです。 Windows 10 64bitで動作することを確認しましたが、質問にある機能追加は行っていません。 WtSetupはWiX Toolset build toolsを別途インストールしないとnugetだけではコンパイルが通りませんでした。 インストーラーが必要な場合はWiX Toolset build tools V3.11.1をインストールしてください。 そもそも手元の環境ではWtSetup.msiを作っても正常動作しなかったので、...


2

F#での名前はアセンブリ内のFSharpSignatureData.AssemblyNameというリソースに出力されます。以前はF# PowerPackでF# Metadata Readerが提供されていましたが、現行のFSharp Compiler Serviceでは削除済みとのことです。


2

既に解決済みですがちょっと補足。 元々 member this.hoge = Array.concat [ this.x; this.y; this.z ] で、「インデントが正しくない可能性があります。このトークンは位置 ((行):(列)) から開始されるコンテキストのオフサイドになります。このトークンのインデントを増やすか、標準的な書式規則を使用してください。 」 という警告がでているのは最初の要素がArray.concatよりも手前にいるからです。 なので警告を消すだけであれば以下でも消すことができます。 member this.hoge = Array.concat [ this.x; ...


2

回答になっているかわかりませんが、F# interactiveでなくF#プロジェクトであればF12 Go To Definitionはブラウザーでドキュメントを開いたりしますが、Alt+F12 Peek Definitionならエディタ上に型定義を表示してくれます。


2

F#のPrintfモジュールはOCamlのPrintfモジュールを基にしています。ですのでSystem.Consoleはあまり意識されていません。例えばCurrentCultureを無視しますので System.Globalization.CultureInfo.CurrentCulture <- System.Globalization.CultureInfo "de" System.Console.WriteLine("{0:f2}", 12.34) // 12,34 printfn "%.2f" 12.34 // 12.34 といった違いもあります。ですのでOCaml風フォーマッタと考えるべきかと思います。 (...


1

ざっとMicrosoft.FSharp.Core リファレンス を眺めて見たのですが、相当するような関数は見当たらないようです。 Getting Started...を見ると、 つらっと文字列の表示で System.Console.WriteLine(aString) なんて例があるのでおそらくは文字列のみを標準出力に出力するF#の関数は用意されていないのだと思います。


1

List.choose関数を使いましょう。 これを使うと、以下のように書けます。 let res = xs |> List.choose id List.chooseは、'a -> 'b optionという関数を受け取り、Someが返されるとそれに包まれた値のみを結果に含むようなリストが返されます。 今回の場合、'aの型自身がoptionなので、何もしないid関数を渡せばSomeに包まれた要素のみを含むリストが得られます。 Listモジュールだけでなく、SeqモジュールやArrayモジュールにもchoose関数はあるので、このような操作がしたい場合は使うといいでしょう。 また、上の例でOption.getと何かの関数を合成していた場合は、Option....


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります