次のタグが付いている話題の回答:

6

ast パッケージを利用する方法もあるかと思います。 pass2tb.py import sys import ast import astunparse class Pass2Traceback(ast.NodeTransformer): trace_stmt = 'import traceback;traceback.print_exc()' def visit_Try(self, node): for h in node.handlers: if len(h.body) == 1 and isinstance(h.body[0], ast.Pass): h.body = ast.parse(self.trace_stmt).body return ...


5

この記事が参考になりそうです。 pythonですべての例外をキャッチし、詳細を表示させたい。 pythonのtry,exceptを用いる際にエラーごとに処理を分ける方法 変更は、複数行・複数ファイルの grep,置換 が行えるエディタで一気にやってしまうとか。 私は秀丸エディタでやってます。 参照先をまとめると以下になります。 tracebackモジュールのprint_exc()を使えば、スタック情報も表示します。 except: traceback.print_exc() sysモジュールのexc_info()で現在処理中の例外を参照できます。 except: print(sys.exc_info()) tracebackの情報じゃなくて、ただ、...


2

withブロック内で特定の例外が起きた際にwithブロックから出る contextlib.suppress が使えます。 #!/usr/bin/python3 import zipfile from contextlib import suppress with suppress(FileNotFoundError): with zipfile.ZipFile("file.zip", 'r') as zf: print("success:", zf) # 何らかの処理 このようなネストしたwith文は一つにしてインデントを減らせます。 with suppress(FileNotFoundError), zipfile.ZipFile("file.zip", 'r') as ...


1

user_homeの存在しないユーザのrootユーザで実行している事が原因でした。 実際のリクエスト数を確認すると意図したリクエスト数で負荷をかる事ができていました。 この警告はuser_homeの存在するユーザで実行する事で回避する事ができました。


1

エラーを取るだけなら extension Array { func mapNotNull<ElementOfResult>(_ transform: (Element) throws -> ElementOfResult) rethrows -> [ElementOfResult] { return try self.compactMap { // tryを付ける $0 }.map { try transform($0) // tryをつける } } } としてください。 あなたの欲しいメソッドはおそらくはこうです。 extension Array { func ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります