次のタグが付いている話題の回答:

8

同じ質問が英語の方でありました。 https://stackoverflow.com/questions/20115954/would-a-stopiteration-make-python-slow 要は StopIteration に関してはコストが大きくならないように対処されていて、そのへんはPEP0234で言及されているとのことです。 https://www.python.org/dev/peps/pep-0234/ Pythonでもほかの例外の捕捉のコストは基本大きいですよ。ドキュメントに書いてあるとおり、 実際に例外を捕捉するのは高価です。 (※ただし StopIteration は除く) です。


6

Office のサーバーサイド オートメーションについてにて マイクロソフトは、現在のところ、無人の非対話型クライアント アプリケーションまたはコンポーネント (ASP、ASP.NET、DCOM、および NT サービスを含む) からの Microsoft Office アプリケーションのオートメーションに関して、推奨もサポートも行っていません。それは、このような環境で Office を実行した場合、Office で不安定な動作やデッドロックが発生する可能性があるためです。 と説明されています。タスクスケジューラではOutlookを実行できない前提で検討されることをお勧めします。


6

この挙動はsnappyライブラリとは直接関係なく、Haskellの評価戦略によるものです。 λ:2> import Control.Exception λ:3> try (return undefined) :: IO (Either SomeException ()) Right *** Exception: Prelude.undefined returnは引数の評価を強制しないのでtry (return undefined)のundefinedは評価されることなくRight undefinedとなり、GHCiがRightまで出力した後、初めて中身が評価され例外が上がります。これを防ぐにはControl.Exception.evaluateで評価を強制すればよいのです。 λ:4> ...


5

この記事が参考になりそうです。 pythonですべての例外をキャッチし、詳細を表示させたい。 pythonのtry,exceptを用いる際にエラーごとに処理を分ける方法 変更は、複数行・複数ファイルの grep,置換 が行えるエディタで一気にやってしまうとか。 私は秀丸エディタでやってます。 参照先をまとめると以下になります。 tracebackモジュールのprint_exc()を使えば、スタック情報も表示します。 except: traceback.print_exc() sysモジュールのexc_info()で現在処理中の例外を参照できます。 except: print(sys.exc_info()) tracebackの情報じゃなくて、ただ、...


3

まだ初学者でオブジェクト指向という概念の理解が曖昧で、クラスEnree内のプロパティやメソッドにしか目が行っていませんでした。 クラスEntreeからインスタンスが以下の通り作成されていますので、当然これらはEntreeクラスのオブジェクトのインスタンスです。 $soup = new Entree('Chicken Soup',array('chicken, water')); $sandwich = new Entree('Chicken Sandwich', array('chicken','bread')); 長時間考えていたのですがまだ見方が甘く未熟でした。ご指摘いただた metropolisさんどうもありがとうございました。


3

本家(英語)StackOverflowの Is there a built-in or more Pythonic way to try to parse a string to an integer に様々な回答がついていますが、質問中の用途であれば素直に例外機構の利用をおすすめします。exceptでは値変換に失敗したことを表す ValueError例外 の明示が好ましいです。 try : b = int(a) # 数字だったときの処理 except ValueError: # 文字列だったときの処理 pass 何でも try and except に投げるのはよくないと聞きました。 プログラム設計の一般論として、むやみに例外機構を用いるのが好ましくないことは合意します。 ...


3

withブロック内で特定の例外が起きた際にwithブロックから出る contextlib.suppress が使えます。 #!/usr/bin/python3 import zipfile from contextlib import suppress with suppress(FileNotFoundError): with zipfile.ZipFile("file.zip", 'r') as zf: print("success:", zf) # 何らかの処理 このようなネストしたwith文は一つにしてインデントを減らせます。 with suppress(FileNotFoundError), zipfile.ZipFile("file.zip", 'r') as ...


2

Pythonの例外はゼロコストではないものの、高価でもない、と言われています。 例外はどれくらい速いのですか? try/except ブロックは例外が送出されなければ極端に効率的です。実際に例外を捕捉するのは高価です。 Cost of exception handlers in Python 実際に計測した例。


2

aが文字列で、前に符号(+-)がつかない、かつ前後に空白が入らないなら、isdecimalあたりはどうでしょうか。 a = "基本的に数字が入るが、たまに数字を含まない文字列が入る" b = 0 if a.isdecimal(): b = int(a) # 数字だったときの処理 else: # 文字列だったときの処理 pass intは意外と幅広い引数を受け付けるので、上記でダメならtryでもいいような気はします。


2

質問から察するに変数aが文字列かどうかを判定したいというのが目的に感じました。 この場合、「isinstance」で文字列か整数かどうかを調べることができます。 例えば、こんな感じでどうでしょうか。 if isinstance(a, str): # 文字列のときの処理 elif isinstance(a, int): # 整数のときの処理 b = a else: # その他の型のときの処理 print("不正な値です。")


2

DownloadManagerのことを調べていたらたどり着きました。 こちらの質問は9か月前のものなのですでに何かしら解決しているかわかりませんが、 多分私も以前似たような経験をしたので回答します。 ログインしておかなければ取得できないファイルを取得しようとしてはいませんか? 私はそのファイルをAndroidアプリでWebViewからAsyncTaskでHttpURLConnectionなどを利用してダウンロードしようとした時、自分が指定したjpgファイルとして保存されたものの開くことができませんでした。 そのファイルをMacへ取り出して確かテキストエディタで見たところ、HTML形式で取得されていることがわかりました。 拡張子を変えてブラウザで見てみると、「アクセスするにはログインが必要です」...


1

さらに良いことに、あなたは例外を投げることができます #... if not time: raise ValueError("Value null") #return d["NULL"] #print('NULL') else: #... これにより、このブロックは except ブロックに渡されます。


1

user_homeの存在しないユーザのrootユーザで実行している事が原因でした。 実際のリクエスト数を確認すると意図したリクエスト数で負荷をかる事ができていました。 この警告はuser_homeの存在するユーザで実行する事で回避する事ができました。


1

エラーを取るだけなら extension Array { func mapNotNull<ElementOfResult>(_ transform: (Element) throws -> ElementOfResult) rethrows -> [ElementOfResult] { return try self.compactMap { // tryを付ける $0 }.map { try transform($0) // tryをつける } } } としてください。 あなたの欲しいメソッドはおそらくはこうです。 extension Array { func ...


1

サーバー環境でPythonから Excel, Word, PowerPoint を利用したい場合は、openpyxl, pydoc, pyppt 等のライブラリーを使って直接ファイルを操作するようにします。また、メールクライアントであれば、Pythonの標準ライブラリーにあるsmtplibとemailを使って簡単に作ることが可能です。これでかなりのことは対応できると思います。 それで対応ができないような場合は、Google の Gmail, Sheets, Documents, Slides, Calenderの方を使うようにします。こちらは、Microsoft Officeと違ってAPIがあるのでサーバー環境からでも利用可能です。


1

OCaml 4.03.0, batteries.2.5.2 で次のプログラムを環境変数 OCAMLRUNPARAM に b を設定するとバックトレースは出力されます: (* with export OCAMLRUNPARAM=b *) (* ocamlfind ocamlopt -package batteries -linkpkg -o z.exe z.ml *) open Batteries let work () = let rec f = function | 0 -> raise Exit | n -> f (n-1) ^ "x" in f 10 let _ = match wrap work () with | Ok result -> ...


1

error-pageで制御せず、servletでfilterを設定します。 filterで指定したクラス内の処理で、リクエストにエラー文言を入れます。 error-pageを使用していないので、エラー種別はjava側で判定し割り出すしかないです。 例えあ、アクセスURL内に特定の文言が含まれていない場合は不正アクセスとする など・・


1

エラー用のJSPファイルのヘッダにて、 <%@ page isErrorPage="true" %> とすることで、JSP内で 暗黙オブジェクトである exception が扱えるようになります。 exceptionオブジェクトには、サーブレットやJSPで発生した例外が入っていますので、例外クラスによって表示を切り替えるのも可能でしょう。 ただし、exceptionで拾うのはサーブレットやJSPなどJava内で発生した例外を扱うものです。 具体的な例を挙げると、HTTPレスポンスコード404のようにリソースが存在しないURLを指定した場合にはサーブレットが実行されませんので適しません。 以下の記事も参考にしてください。 2.5. exception - Techscore様 http://...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります