次のタグが付いている新しい回答:

0

ご質問の項番1は既にクリアされているようなので、それ以外を回答します。 簡単のためにファイル名をshrink.csvとし、得意先コードをどのように配置しているのかが読み取れなかったのでcode.csvを用意しました。 サンプルコードの前にcsvの例を配置しています。 shrink.csvの1列目の日付「20200707]を「202007」に加工して2列目に追加 任意の列を追加する操作はinsertを使います。 文字列操作はstr.sliceを使います。 shrink.csvとcode.csvの得意先コードをキーにして、一致した情報を末尾に配置 一致するデータの結合(VLookUpをより柔軟にしたもの)はmergeを使います。 任意の2列の引き算を右側に配置 ...


0

その程度ならVBAやVBSを使わなくても、エクセルの関数でも十分に対応可能です。 参考URL貼っておきますね。 Excelの条件付き書式でIF/COUNTIF関数と組み合わせる方法


0

VBSからエクセルを開いて、ご質問のコードを実行する場合は下記サンプルコードのような記述になります。 VBSではxlUpが使えないなど、VBAと方言の違いがあるので注意が必要です。 Sub test1(oSheet, colNo) oSheet.Cells.Font.ColorIndex = xlNone For i = 2 To oSheet.Cells(oSheet.Rows.Count, colNo).End(-4162).Row If oSheet.Cells(i, colNo).value <> "A" Then oSheet.Rows(i).Font.ColorIndex = 3 '行全体の文字を赤くする ...


0

まず残念な話ですが、お使いのMicrosoft.ACE.OLEDB.12.0ですが、配布はされていますがドキュメントは提供されていません。ですので詳しい挙動は不明としか言いようがありません。 これの前身?のMDACも既にドキュメントが散り散りになっています。とりあえず探し出せた範囲でMicrosoft Excel Driver Programming Considerations / Read-Only Status (Excel Driver)の中に It is possible to update values when using the Microsoft Excel driver, but a row cannot be deleted from a table based on a ...


1

Excel本体で提供される条件付き書式を使用することをお勧めします。条件付き書式では自身のセルだけでなく別のセルの値に応じて書式を付けることができます。 Excel本体の機能のため、いちいちVBA / VBS / Python等で変更毎に書式を再設定する必要がなくなります。


2

HEX2DECでいったん10進数に変換し、計算、その後DEC2HEXで元に戻すことになると思います。


0

マイクロソフト製品からデータベースに接続するには 一般的にODBC Driverと呼ばれるものを利用します。 これを用いることで共通のインターフェースからいろいろなデータベースにアクセスすることかできます。 SQLite向けのODBCドライバは下記のURLからダウンロードできるようです。 http://www.ch-werner.de/sqliteodbc/ ただその組み合わせについてはSQLiteForExcelというソフトウェアも有名なようです。 https://github.com/govert/SQLiteForExcel 英語が読めるならダウンロードしてチュートリアルやサンプルを追ってみるのがいいですし、製品名で検索すれば国内で利用されている方が見つかると思いますので調べてみてください。 https:/...


上位 50 件の最近の回答が含まれています