次のタグが付いている話題の回答:

7

ref: アロー関数 | MDN arrow関数のstatements部分にreturnを用いる場合は{}で囲む必要がありそうです。 module.exports = { add : (value1, value2) => {return value1 + value2} } また、returnを省略して以下のようにも書けますね。 module.exports = { add : (value1, value2) => value1 + value2 }


5

{} を省略できるのは、書きたいコードが単一の「式」の場合だけです。代入文の右辺や関数のパラメータになれるのが式です。 return を含め、「文」を書きたい場合は {}を書く必要があります。 なぜこのような仕様になっているのかですが、TC39 Wikiを読むと単にC#のラムダ式の文法を真似たのではと思えます(はっきりとは書いていません)。


4

コメントのリンクを参考に以下のようにすればうまくいきました。 class編集側のファイル module.exports = class Cat{ // クラスの中み } 利用側のファイル const Cat = require(./ファイル名); let cat = new Cat;


2

違います。 通常の関数定義によって定義された関数は new で呼び出せますが、アロー関数はできません。 var Foo = function(){}; var foo = new Foo(); // OK var Foo = () => {}; var foo = new Foo(); // エラー また、今回の例では出てきませんが、通常の関数とアロー関数では this の扱いにも差があります。 より詳しくは、本家 Q&A の "Arrow function vs function declaration / expressions: Are they equivalent / exchangeable?" や MDN の「アロー関数」...


2

オブジェクト指向プログラミングをサポートしている言語は、どの言語でも、静的メソッドからインスタンスを参照できません。質問にある例だと、もっとも簡単な解決策はvalidatePropメソッドを非静的メソッドにする方法です: class TestClass{ constructor(prop){ // ちなみに、パラメターを使ってからこれをバリデーションするのは変な書き方です this.prop = prop; this.validateProp(prop); } validateProp(prop){ // ... this.prop = 5; } } 静的メソッドにこだわりがあれば: class TestClass{ ...


2

export class HOGE {} export class FUGA {} export class PIYO {} といった具合に各classをexportしていくのが無難かと思います。


1

こんにちは、はじめまして。 基本的には用途によるかと思います。 とはいえブラウザ上やnode.jsでの実行に関しては末尾最適化を除けば 2020年では問題ないようですし、学習するのはES6で差し支えないと思います。 https://kangax.github.io/compat-table/es6/ ただし、お勤めの場合はご周囲にあわせたほうが良いと思います。 ES5よりももっと古い仕様で記述されたコードにも現場やインターネットでは遭遇しますので、 将来的には過去のソースも理解できるようにしたほうがよいと思います。 追記 : コメントでいただきましたが、ES5のみサポートとなるIE11のシェアはまだ日本国内では12%あるそうです(世界では3%)。フロントエンド開発の現場では、ES5を考慮したコーディング、...


1

オブジェクト初期化子でオブジェクトを生成する場合には、オブジェクトのプロパティ名と、それに関連する値の組み合わせのリストとする必要があり、 {cv.label} や {cv.value} はエラーを発生させます。これは期待される出力結果を考慮すると、以下のように修正出来ます。 const lang = [{ value: 'ja', label: '日本語', locale: 'ja-JP' }, { value: 'en', label: 'English', locale: 'en-US' }, { value: 'cn', label: '简体中文', locale: 'zh-CN' ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります