質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

7

ref: アロー関数 | MDN arrow関数のstatements部分にreturnを用いる場合は{}で囲む必要がありそうです。 module.exports = { add : (value1, value2) => {return value1 + value2} } また、returnを省略して以下のようにも書けますね。 module.exports = { add : (value1, value2) => value1 + value2 }


5

{} を省略できるのは、書きたいコードが単一の「式」の場合だけです。代入文の右辺や関数のパラメータになれるのが式です。 return を含め、「文」を書きたい場合は {}を書く必要があります。 なぜこのような仕様になっているのかですが、TC39 Wikiを読むと単にC#のラムダ式の文法を真似たのではと思えます(はっきりとは書いていません)。


4

コメントのリンクを参考に以下のようにすればうまくいきました。 class編集側のファイル module.exports = class Cat{ // クラスの中み } 利用側のファイル const Cat = require(./ファイル名); let cat = new Cat;


2

違います。 通常の関数定義によって定義された関数は new で呼び出せますが、アロー関数はできません。 var Foo = function(){}; var foo = new Foo(); // OK var Foo = () => {}; var foo = new Foo(); // エラー また、今回の例では出てきませんが、通常の関数とアロー関数では this の扱いにも差があります。 より詳しくは、本家 Q&A の "Arrow function vs function declaration / expressions: Are they equivalent / exchangeable?" や MDN の「アロー関数」...


2

オブジェクト指向プログラミングをサポートしている言語は、どの言語でも、静的メソッドからインスタンスを参照できません。質問にある例だと、もっとも簡単な解決策はvalidatePropメソッドを非静的メソッドにする方法です: class TestClass{ constructor(prop){ // ちなみに、パラメターを使ってからこれをバリデーションするのは変な書き方です this.prop = prop; this.validateProp(prop); } validateProp(prop){ // ... this.prop = 5; } } 静的メソッドにこだわりがあれば: class TestClass{ ...


2

export class HOGE {} export class FUGA {} export class PIYO {} といった具合に各classをexportしていくのが無難かと思います。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります