次のタグが付いている話題の回答:

3

英語版にも同趣旨の質問をしていましたが、回答のワークアラウンドで目的は達成できました。 https://stackoverflow.com/questions/63842382/how-to-apply-tsconfig-json-to-the-emacs-org-babel #+BEGIN_SRC typescript :cmdline --strictNullChecks :results output let data_1: string = undefined; let data_2: string = null; #+END_SRC


2

補足: M-x dired-jump 後はC-x C-j のキーボード操作は良かったのですが、そうで無いときは効かなかったので下記の設定をinit.elに入れました。 ~/.emacs.d/init.el (define-key global-map "\C-x\C-j" 'dired-jump) 指摘を受けた様に、この方が良いように思えます。多分diredの他の機能 も使えるのでは (require 'dired-x) 参考: emacs - Emacs; dired、dired-xをロードする前のC-x C-j


2

※ 質問のコメント欄から書き写し dired には dired-jump という関数があります(デフォルトで C-x C-j に bind)。dired mode の場合は親ディレクトリに移動しますが、通常ファイルの場合には、そのファイルがあるディレクトリに移動します。


2

#1= #1# というのはCommon Lisp系Lispでは同じデータを参照していることを示す表示です。 xyzzyはCommon Lispに六割程度準拠とのことですが、Common Lispであれば、 *print-circle* を nil に設定することで、共有構造の表示を無効にできます。 (setq *print-circle* nil) (ins 4 nil '(1 2 3)) → ((4 1 2 3) (1 4 2 3) (1 2 4 3) (1 2 3 4)) しかし、上記をxyzzyで試したところ、この設定は有効にならないようです(バグ?) 今回の場合は、同じセルデータを共有していることが明示されているだけですので、ins が出力するデータの内容については変わりありません。 (...


1

質問者です。 コメントでヒントをいただいて分かりました。 Emacs25=>26の変更点でpopwinの挙動がおかしくなるという問題があったそうです。 私の場合は.emacs.d/init.elを (require 'popwin) - (setq display-buffer-function 'popwin:display-buffer) + (popwin-mode 1) のように修正すると直りました。


1

Emacsには標準で、ertというものが付属しているので、これを使うプロジェクトは多いようです。 詳細な利用方法も標準マニュアルに記載されています。 ERT: Emacs Lisp Regression Testing (ert-deftest 1=1 () (should (= 1 1))) (ert '1=1) ;M-x ert(ret)1=1 Selector: 1=1 Passed: 1 Failed: 0 Skipped: 0 Total: 1/1 Started at: 2020-05-17 20:11:08+0900 Finished. Finished at: 2020-05-17 20:11:08+...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります