質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

4

レスポンスボディを見るのが手がかりになると思います。 res = http.request(request) p res.body 最後の一行を上記のように修正すると、どのようなレスポンスが返ってくるのかわかると思います。 ちなみに、 request = Net::HTTP::Post.new("2/files/upload") は request = Net::HTTP::Post.new("/2/files/upload") だと思うので一緒に修正してみてください。


2

このような場合の緊急避難的な処置は、バグ報告の最後にもあるように、Ubuntu の以前のディストリビューションから該当のパッケージをダウンロードしてきてインストールすることです。アップデートされるまでの間のエラーを回避することができます。 具体的に方法を説明すると、まず、「Ubuntu パッケージ検索」にいって「パッケージディレクトリを検索」で検索します。そうすると以下のような結果が表示されるので、以前のディストリビューションでは最近の artful のものを利用します。 Package python-gpgme trusty (14.04LTS) (python): python wrapper for the GPGME library (Python 2) 0.3-0ubuntu3: amd64 ...


1

未ログイン時に登録されたデータは別に保存しておいて、DropBoxにログインして古いデータを復元した際にマージする、という方法になると思います。 Realmではファイルを分けることは非常に簡単にできます。Realmインスタンスを作る時にRealm.Configurationオブジェクトで別のパスを指定するだけです。 そしてDropBoxに復元したデータに、未ログイン時のデータを1件ずつコピーすれば良いでしょう。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります