次のタグが付いている話題の回答:

3

tidyr パッケージの fill 関数を使うと、 NA値をその列の直前の NA でない値で埋められます。 > library(dplyr) > library(tidyr) > df1 <- dplyr::data_frame(no1 = c(1L, 3L, 4L, 6L), + no2 = c(14L, 25L, 43L, 65L)) > dplyr::data_frame(no1 = 1:6) %>% + dplyr::left_join(df1, by = "no1") %>% + tidyr::fill(no2) # A tibble: 6 × 2 no1 no2 &...


2

mutate_ifやmuatate_at関数を利用して、対象のデータ型あるいは変数を指定できます。 例のirisデータセットの数値が あらかじめ数値型としてセットされているので、一旦文字列型に変更しています str(iris) 'data.frame': 150 obs. of 5 variables: $ Sepal.Length: num 5.1 4.9 4.7 4.6 5 5.4 4.6 5 4.4 4.9 ... $ Sepal.Width : num 3.5 3 3.2 3.1 3.6 3.9 3.4 3.4 2.9 3.1 ... $ Petal.Length: num 1.4 1.4 1.3 1.5 1.4 1.7 1.4 1.5 1.4 1.5 ... $ Petal....


2

data.tableを使うことができると思います。 library(data.table) #test data DT <- data.frame(a = c("1", "2", "3"), b = 4:6, c = as.factor(7:9), stringsAsFactors = FALSE) setDT(DT) char.col <- which(sapply(DT, is.character)) DT[ , (char.col) := lapply(.SD, as.numeric), .SDcols = (char.col)] # DT # a b c # 1: 1 4 7 # 2: 2 ...


2

おそらく,以下の内容が今回の問題に近いと思います: https://stackoverflow.com/questions/31717850/error-package-or-namespace-load-failed-for-ggplot2-and-for-data-table エラーメッセージを読んだ限りでは,scalesパッケージの名前空間がうまく読み込めていないようですので,scalesパッケージの最新版を再インストールしてみて,その後にggplot2パッケージを再インストールしてみてはどうでしょうか。


1

とりあえず書いてみました。 こんな感じでどうでしょうか。 Python版 import pandas as pd df = pd.DataFrame({'a1':[1,3,3],'a2':[1,4,6],'a3':[2,2,2],'b1':[4,1,9]}) df.join(df.loc[:, :'a3'].div(df['b1'], axis=0).add_prefix('d_')) # a1 a2 a3 b1 d_a1 d_a2 d_a3 #0 1 1 2 4 0.250000 0.250000 0.500000 #1 3 4 2 1 3.000000 4.000000 2.000000 #2 3 6 2 ...


1

pandasならこうでしょうか。 df1 = pd.DataFrame([[1,1,2,4], [3,4,2,1], [3,6,2,9]], columns=["a1","a2","a3","b1"]) df2 = df1.div(df1["b1"], axis=0).drop("b1", axis=1) # 各列をb1で割る df2.columns = df2.columns.map(lambda s: s.replace("a", "c")) df3 = pd.concat([df1, df2], axis=1) # 右に連結 Rで同様にやるならこうでしょうか。 df1 <- ...


1

こういう感じのコードではどうでしょうか: # パッケージ読み込み library(tidyverse) # テスト用にdata.frame作成 # 以下のコードでdata1-data3というdata.frameができます data_list <- paste("data", 1:3, sep = "") for(i in 1:length(data_list)) { assign( data_list[i], data.frame( x1 = rnorm(10), x2 = rnorm(10) ) ) } # メインの処理 # data.frameを加工してcsvへの出力 for(i in 1:length(data_list)) { ...


1

lmRes_setはロング形式ではない、処理し難いデータとなっています。まずはこれをロング形式化し、以降の処理を行っていく形となります。 temp <- population %>% group_by(setid) %>% do(model1 = tidy(lm(score ~ age, data = .)), model2 = tidy(lm(score ~ age + gender, data = .))) %>% ## ここまで質問者様コード gather(model_name, model, -setid) %>% ## ロング形式化 unnest() %>% ...


1

dplyrパッケージのmutate_if()には直で否定演算子を入れる事はできませんが、function(col)を用いることで、FALSEなカラムのみに関数を適応、を簡潔に実現できます。 test <- iris %>% mutate_if(function(col) !is.numeric(col), as.numeric) head(test, n=2) # Sepal.Length Sepal.Width Petal.Length Petal.Width Species # 1 5.1 3.5 1.4 0.2 1 # 2 4.9 3.0 1.4 ...


1

assign()したデータフレーム名 (namesではなくfilesの方を用いています) をeval(parse(text = ~))で処理する方法でやってみました。eval(parse(text = files)ではfilesの最後の要素のみしか読んでくれないため、lapply()でリストに出力しbind_rows()で全リスト要素を結合させ、最後にtblをdata.frame化しています (もう少しスマートにやれると思います)。setwd("C:\\ ~ \\csv") に iris1.csv、同2、同3 を置いた環境で動作確認をしています (csvの中身は全てirisで、Q1の代わりにSepal.Lengthを使用)。また、私の環境ではselect_周りのコードが通らなかったため、若干変更しております。 ...


1

回答として適切かわかりませんが単に連番からなるファイルを読み込むには、 foreachパッケージを使うと楽だったりします。foreach()関数の引数に.combineというものがあり、 これにrbind(行方向での結合)を指定し、対象のファイル名の番号の部分をiterationとして与えると勝手に結合してくれます。 パイプ演算子を使って読み込み後の処理を加えることも可能です。 library(foreach) # 対象のファイル名がfile1, file2, ... file9という場合 syori <- function(hoge, files, ...) { foreach(i = 1:files, .combine = rbind) %do% { data.table::fread(...


1

一度、欲しい形のIDとPANELのセットだけを含むテーブルを作成し、 それに結合してはどうでしょうか? master <- data %>% group_by(ID) %>% dplyr::summarise(PANEL = max(PANEL)) dplyr::left_join(master, data, by = c("ID", "PANEL"))


1

これは必要以上にネストを深くしすぎていると思います。 詳しくないのですが、p,q,r,sを引数に取ってモデルのAICを返す関数をつくって、それに次数の組を渡すようなやり方ではだめなのでしょうか? expand.grid()で変数の組み合わせをつくれます。わかりやすくfor文で書くならこんな感じです。 f <- function(p,q,r,s) { ...略... fit <- lm(...) infocriteria(fit) } params <- expand.grid(p = 1:k_p, q = 1:k_q, r = 1:k_r, s = 1:k_s) result <- list() for (i in 1:nrow(params)) { param &...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります