次のタグが付いている話題の回答:

9

三つほどあります。 DNSキャッシュポイズニングの成功確率が上がる。 DNSキャッシュポイズニングとはDNSの応答に割り込んで偽情報を送り込んでしまう攻撃です。DNSキャッシュポイズニングが成功した場合、全く別のサーバーへアクセスさせることが可能になります。具体的に言うと、ja.stackoverflow.comのAレコードについてスタック・オーバーフローとは全く関係無いサーバーのIPアドレスにしてしまうと言うことです。この状態でブラウザでスタック・オーバーフローを見ようとすると、全くの偽サイトが表示させるという事になり、ログイン情報が盗まれたり、ウィルスに感染させられたりする可能性があります。被害を受けるのはサーバー側では無く、サーバーにアクセスする側、つまり、利用者側であると言うことに注意してください。 ...


7

INはインターネット(Internet)の意味です("INternet"なのか"InterNet"なのかまではわかりません)。インターネット(ここではグローバルのインターネット(WAN)だけでは無く、インターネットプロトコル(IPv4やIPv6)を使用するLANも含む)で使用するレコードであることを意味します。 DNSレコードではこの部分を"class"と呼んでおり、どのようなプロトコルを用いたシステムで使用するかを表しています。INを含め、次のような値が定義されています。 IN インターネット 普段私達が使用しているネットワーク。スタック・オーバーフローにアクセスする場合も、インターネットが使用される。 CS CSNET ARPANETに直接接続できない機関向けに提供されたネットワークらしい。...


4

新しいルータで、DHCP で配布する「参照DNSサーバー」情報を 192.168.0.200 にすることはできないでしょうか。 もしできるのであれば、LAN のクライアントは 192.168.0.1 ではなく、192.168.0.200 を参照するようになるので、後は 192.168.0.200 の DNSサーバーで、example.net は自身の持つゾーンを、それ以外は 192.168.0.1 または上位 DNSサーバーに forward すればいいと思います。 DNSサーバーは、ISC bind など、権威サーバー(コンテンツサーバー)機能とキャッシュサーバー(リゾルバ)機能の両方を持つものを想定しています。


4

SPFは"Sender Policy Framework"の略ですから、送信者(Sender)の情報を設定します。 v=spf1 ip4:198.51.100.1 include:example.com -all リンク先のブログに解説が書いてありますが、 ip4 はそのレコードが設定されているドメインでメールを送信するサーバのIPアドレスの宣言 includeはそこに指定されたドメインのSPFレコードを参照する宣言 -allは無条件で認証を失敗させる宣言 になります。 203.0.113.1からexample.netドメインを発信者とするメールを送信する(そしてそれ以外のサーバからメールを送信することがない)場合、example.netに対するTXTレコードとして v=spf1 ip4:203....


3

ptoxy経由でpipを使用しないといけない場合は、以下のようにproxyオプションを付けてpip を実行します。 pip install --proxy http://[user:password@]proxyserver:port package または、環境変数https_proxyにproxy情報を設定後、pip installを実行するようにします。 export https_proxy="http://[user:password@]proxyserver:port" なお、[]の部分は、proxyを使うのにパスワードが必要な場合で、必要がない場合は省略できます。 英語版の質問 https://stackoverflow.com/questions/14149422/using-pip-...


3

DNS コンテンツサーバーに登録されているすべてのレコードを得るには、ゾーン転送が許可されている必要があります。一般的には、アクセス元の IP アドレスをもとに許可します。許可されていなければ取得は不可能です。 許可されているなら ISC BIND の host(1) コマンドでゾーン転送することで可能です。ドメインのサブドメインが別の NS に委任されている場合は、別途委任先の NS にも問い合わせる必要があります。 $ host -t axfr example.com ns.example.com


3

domain.jp/www.domain.jpを登録する場合、両方とも"Aレコード"に追加するようです。 CNAMEを設定した場合、同じキーのレコードは登録してはいけないので、domain.jp の CNAMEレコードを使ってしまうと、SOA、NS、MX などが書けないということになりますので、domain.jp の CNAMEは使いません(使えません)。 "CNAMEレコード"を使わない理由は何でしょうか? だからといって「最近では"CNAMEレコード"は使わない」ということにはなりませんが…、使わない理由としてはこの辺りではないでしょうか。 CNAME でなくても Aレコードで大抵は問題ないので使う理由がない(例外もある) ...


3

あるドメインに対するメールをどこのメールサーバーに配送するかは、そのネームサーバーからMXレコードで提供する情報です。GoDaddyのネームサーバーを利用していた時は必要なレコードを自動的に追加してくれていただけなので、ネームサーバーを変更したらそれらを自分で追加しなければいけませんし、さもなくばそのドメイン宛のメールの配送ができなくなります。 そこで本来はOffice365の方で必要なレコードが調べられるはずですが、それが管理画面に出てこないということは、GoDaddy専用版だから表示していない、と考えるのが妥当ではないでしょうか。「ドメイン」メニューを含んだ管理画面の例は、例えば公式の「Office 365 の [ドメイン] ページに移動する - Office 365」...


3

解決済みのようですが、一般的な DNSの切り分けについて書きます。 重要なメールが迷惑メールと判断されていたのは不幸なことですが、切り分けが出来ていれば問題解決を早めることが出来たかもしれません。 WHOIS情報の確認 WHOISで hoge.net を検索して ネームサーバーが Google の物になっているか 確認ツールの「WHOIS/IPWHOIS Lookup」にドメイン名を入力 dns.managedZones.create が返した nameServers が「Discovered Nameservers」のところに 表示されるか 表示されない→レジストラ(お名前.com)のネームサーバーの変更がうまくいってません。 DNSサーバーへの問合せ ...


3

Public Suffix Listのサイトを確認する限り、Atomフィードで差分を流しているので、変更はそちらで確認できると思います。 https://github.com/publicsuffix/list/commits/master.atom


2

TCPラッパーは アクセスしてきたクライアントのソースIPアドレスを逆引きして、そのホスト名がhosts.allowにあるかチェックしますので、逆引きの結果が「aserver.com」にならない限り許可されないと思います。 また、逆引きして得たホスト名を正引きした結果のIPが、ソースIPと一致しない場合も弾かれます。 Aサーバーからアクセスしたとき、Bサーバーから見るとホスト名は逆引きできていないということになるのでしょうか? こういうものですか? 逆引き出来るかどうかは、逆引きゾーンにどのように設定されているかによるのですが、 DDNSでは逆引きの設定は出来ないので、そういうものだと思って頂いていいと思います。 逆引きゾーンはプロバイダが管理していて、固定IPの場合はユーザが管理できたります。 ...


2

VPS やクラウドサーバーには、直接グローバルIPアドレスを設定するものと、プライベートIPアドレスを設定してサーバーの外側で変換(NAT)するものがあります。 AWS の EC2 は後者で、サーバー(EC2インスタンス)にはプライベートIPアドレスが設定されます。グローバルIPアドレスはサーバー起動時に自動で割り当てられるもの(可変)か、Elastic IP (固定)を付けます。これは、サーバー内の設定ではなく、AWS 側の設定です。 このグローバルIPアドレスとサーバー名、ドメイン名を紐付けるよう、DNSサーバーに設定します。DNSサーバーは Route 53 を使ってもいいですし、他でもかまいません。 ドメインのレジストラ側の設定で、ドメイン名と DNSサーバーを紐付けます。


2

まず、あなたが購入したドメインを管理するDNSサーバを用意してください。たいていのドメイン業者は無償のサービスで提供してると思います。AWSであればDNSのサービスとしてRoute53がありますのでそれを使ってもよいです(有償ですが)。自分のサーバにBINDをインストールするという選択肢もありますがあまりお勧めしません。 用意したDNSサーバに必要なリソースレコードを設定します。ホスト名→IPアドレスの変換をするAレコードとか、メールの配送先を設定するMXレコードとかです。 そして、そのDNSサーバのIPアドレスを上位(購入したドメインがexample.comなら.comドメインの、example.co.jpドメインなら.co.jpドメインの)DNSサーバに登録します。これは(普通は)...


2

権威DNSが正しくRoute53に移っているか Route53で正しくゾーンが作成できているか Office365にドメインの設定が正しくできているか Office365にメールをルーティングするMXレコードが適切に設定できているか これらを順を追って確認してください。DNSの場合、TTLの影響もありますのでその点も考慮してください。これらができていれば普通は動くはずです。各種コントロールパネルが手順通りに動作しないのであれば、ここで聞くよりそれぞれのサポート窓口に問いあわせた方が確実です。 上記の項目で具体的に何をしたら良いのかわからないとか結果の良否が判断できないのであれば、構築や運用は経験のあるシステムインテグレータに費用を払ってやってもらうことを強くお勧めします。


2

MXレコードは受信メールサーバーを指定するものですので、pop8.gmoserver.jp のみ設定ください。 また、DNS設定ツールの詳細がわかりませんが、ホスト欄が空欄=ドメイン名(example.com)ということで合っていますか? Mac で dig コマンドが使えるのであれば、dig example.com mx でドメイン example.com に対する MXレコードを確認できると思います。 Mac が参照する DNSサーバーでキャッシュを持っている場合、MXレコードを変更してもすぐには反映されない場合があります。


2

DHCPサーバ設定に192.168.0.220のものが抜けているからではないでしょうか? # 抜けていると思われるもの。(xx:xx:xx:xx:xx:xx はIoT機器のMACアドレス) dhcp scope bind 1 192.168.0.220 xx:xx:xx:xx:xx:xx いかがでしょうか?


2

設定に、localdomainのゾーン情報が定義されていません。 OSによってはlocaldomainのゾーン情報がデフォルトで設定されているものがあり、その場合は何もしなくてもlocalhostの名前解決が出来ますが、そうでない場合は自分で設定する必要があります。 DNS(特にbind)は設定を誤ると重大なセキュリティ上の問題が生じますので、闇雲に試すのではなく、一通りのことが説明されている資料を参照しそれを理解した上で利用されることを強くお勧めします。


1

サーバのサービスとは関係ないサービスを使ってDNSを運用するのが結果的には早道だと思います。例えばCloudFlareのDNSサービスは無料でAPIも使えます。 今の環境のまま解決する方法もあるのかもしれませんが、質問の内容からは現在の環境も状況もよくわからないので、その方向で解決するのは難しいです。


1

example.com ・Aレコード指定する際「*.example.com A」と「example.com A」は同じ意味ですか? おそらく違います。*.example.comは(他に明示的なレコードが無い限り)任意の名前.example.comにマッチします。example.comはexample.com自体への指定だと思います。 メールサーバのドメインを「mail.example.com」にしようと思っているのですが、ここは何でも良いですか? 好きに決めればよいです。 example.com TXT 3600 v=spf1 include:mail.example.com ~all SPFレコードをmail.example....


1

記入が遅れましたが自己解決できましたので、記載いたします。 ・さくらのドメインのゾーン設定のMXレコードのルール・・・@を指定した場合はaレコードで指定したサーバを使う ・上記により内部配送が発生し結果メール配送がエラーになった MXレコードを直接さくらのレンタルサーバを指定したところ、問題なくメールが配送されました。


1

Web サーバー上の Postfix が example.com を自ドメインと認識(ローカル配送の対象)しており、かつ Web サービスから受信したメールの宛先を見つけることができないために発生しているのだと思います。 以下の要領で Postfix postconf(1) を実行して mydestination に example.com が含まれてないか確認してみてください。 $ postconf mydestination mydestination に example.com が含まれているなら、それを削除してください。 同じ要領でリレー許可関係のパラメーターも確認してみてください。下記の例に含まれる compatibility_level は、古い Postfix ...


1

xsrvのメールサーバ(sendmailとかpostfixとか)ではexample.comは最終到達先として設定されているはずですから、xsrvがgsuite@example.com宛てのメールを受け取ればサーバ内にユーザーがいるものとして処理しようとします。一部のユーザが別のサーバにいるのであれば、それらのユーザーについてそのサーバに向けて転送する設定をxsrvのメールサーバでおこなう必要があります。 -- 上記の設定でxsrv内にアドレスが存在しない場合は、GSuiteへ送られる認識でおりました。 優先度がGoogleの方が高いので全てのメールはGoogleに配送されるでしょう。GSuiteでの未登録ユーザーへの配送は500番台のエラーになるはずなのでフォールバックは起きないはずです。 ...


1

(1) 「example.com」を「test1.trafficmanager.net」に解決 ドメイン名そのものには CNAME は 作成できませんので実現不可能だと思います。 回避方法は、「example.com」への接続を、サーバー上で強制的に別の サブドメイン にリダイレクトさせ trafficmanager.net にトラフィックが向かうようにする事が出来ます。 シナリオ: ・クライアントが「example.com」にアクセス ・example.comの Webサーバーが「www.example.com」へのリダイレクトを返す ・クライアントが「www.example.com」の名前を正引き ・DNSが test1.trafficmanager.net の CNAME を返す ・クライアントが「...


1

以下の情報によると、そのエラーは収益化対象の動画なのでYoutubeで見てくださいという意味でDNSの設定は関係ないようです。 https://productforums.google.com/forum/#!topic/youtube-ja/9Qph7xdqs_c


1

ご質問の環境がAWSということですので、ネットワーク環境のVPCについて概要を掴まれることをおすすめします。 VPCは閉じたネットワーク内にEC2を配置して、Public IP (または EIP)をEC2インスタンスに与えることで、アマゾンのネットワーク機器上で アドレス変換(NAT)され インターネットとの接続を可能にします。 DNS名前解決については、Route53を使えば、Private DNS としても使えますし、AWSのサービスとの親和性も高いので 特に理由がなければ 公開DNS もRoute53がおすすめです。 公開するドメイン、VPC内の閉じたドメイン、何方も名前解決できれば EC2 側は /etc/hosts に自分自身のエントリーを書くくらいだと思います。


1

自己解決しました。 I CANNは表示されていなかったのですが、お名前.comの登録情報(他経営情報全部)に正しい住所と名前電話番号を記述するとメールが来て制限が解除されたときました。 制限がかかっていたのを知らなかったためこのような結果に至りましたが、お名前.comから来るメールの量は半端無く、ネームサーバや登録情報など変更しただけで全ドメインの10件以上もメールが送信されます。 あまりにもメールが多かったためにGoogleメールにレジストラ情報制限メールが迷惑メールとして判断されたために気づきませんでした。 制限がかかっているのなら、お名前.comホームページにログインした際どこかに制限がかかっていると明白に記述してあるべきだと思いました。 落ち度は楽天並にメールのあるGMOにあると思いました。


1

Your host name dosen't match with your IP address: mail.bizknow1.com 逆引きした結果が「mail.bizknow1.com」ではないと言ってますので PTRレコードが「mail.bizknow1.com」になるよう変更すると解決できそうに思えます。 DNSの変更はTTLの時間の間、キャッシュされますのでしばらくたってから確認してください。 変更したにも関わらず解決できない場合は、DNSに問題がある可能性が考えられます。 どうしても解決できないようであれば、相手のメールサーバの管理者に ホワイトリスト登録をお願いするのも手です。


1

Postfix では HELO/EHLO コマンドで申告するホスト名に $myhostname が使われます。 相手先 MTA で、HELO/EHLO のホスト名と、接続元IPアドレスの逆引きが合っているか検証し、合っていない場合に拒否する仕様なのだと思います。 HELO/EHLO コマンドで申告するホスト名は以下のパラメーターで設定できます。 smtp_helo_name = bizknow1.com


1

これでできそうじゃない? http://www.statdns.com/api/ 特に、ページの下の方にある「Get reverse (PTR) record from IPv4 addresses」か「Get reverse (PTR) record from IPv6 addresses」のURL形式でAjaxリクエストを出すと無料で何回もJSONのリスポンスがいただけるようです。


1

英語版のStackOverflowにJavaScriptから利用できる whois Web サービスが紹介されていました。 逆引きも出来るようですが、有償のものしかなさそうです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります