次のタグが付いている話題の回答:

4

「gcc のコンパイル」というのは gcc 自体のソースコードをコンパイルするとき(商用 Unix 付属コンパイラで)の話なのか、それとも gcc を使って自分の書いたソースファイルをコンパイルするときなのか、どちらかよくわかりませんが Q1. /usr/lib のサブディレクトリは検索対象か A1. いいえ Q2. /usr/lib 内に symlink を置いたらどうなるか A2. 検索対象になります(が、激しくお勧めしません。 /usr/lib 以下はベンダの提供する更新ツール以外で変更しないでください。 Unix を壊す原因になる) Q3. 明示的に指示する必要があるか A3. /usr/lib 以外を探させたいなら、必要があります。ライブラリを検索するディレクトリを追加する目的には gcc -...


3

当該APIは比較的新しいため、GHC 8.8.3に付属するmingw-w64に含まれる user32.dll 用のインポートライブラリ(libuser32.a)には SetProcessDpiAwarenessContext が含まれていないようです。 GHC 8.10.1にはより新しいmingw-w64が含まれているので、「GHC 8.8.3の代わりにGHC 8.10.1を使う」というのが解決策の一つとなります。stack --compiler=ghc-8.10.1 build という風にstackを実行すればGHC 8.10.1を使うことができます。


2

何がわからないのかオイラにわからないので一般論です 共有ライブラリが共有するのは共有できる(=書き変わらない)ところだけ、すなわち「コード」です (x86 で言えば CS に関連するところ) 「データ」は共有されません。スレッドごとにスタックが作られるのと同様、プロセスごとにデータ領域は別に作られます (そのデータが EXE 由来であろうと DLL/so 由来であろうと) 。 ----shared.c---- int global_variable; // データはプロセスごとに違うものが作られる void set_func(int val) { global_variable=val; } // コードは共有される static データもデータのうちなのでプロセスごとに別々に作られる状況に違いはありません。...


2

System.Data.SQLite.Coreでは \App.exe (optional, managed-only application executable assembly) \App.dll (optional, managed-only application library assembly) \System.Data.SQLite.dll (required, managed-only core assembly) \System.Data.SQLite.Linq.dll (optional, managed-only LINQ assembly) \System.Data.SQLite.EF6.dll (optional, managed-only EF6 ...


2

1: from C:/Ruby26-x64/lib/ruby/2.6.0/fiddle.rb:47:in `new' の先はネイティブのC言語コードになっています。newの実体はrb_fiddle_handle_initializeで、その中で ptr = dlopen(clib, cflag); dlopenを呼んています。Windowsにはdlopenはありませんが、fiddle.hで # define dlopen(name,flag) ((void*)LoadLibrary(name)) フラグを全て無視してWindows APIのLoadLibrary呼び出しとなります。 LoadLibraryがDLLを検索する順序はDynamic-Link Library Search ...


1

C++(LONG) と C#(int) の型の違いもありますが、おそらくは呼び出し規約の相違ではないでしょうか? 少なくとも 32bit プロセスでは呼び出し規約を合わせる必要があります。 C++ 側のコンパイラが示されていませんが、Visual C++ では __cdecl がデフォルトになっています。 対して、.NET側の DllImport のデフォルトは Winapi = Stdcall です。 DllImport 属性で CallingConvention = CallingConvention.Cdecl を追加するか、C++ 側で __stdcall をつけるかが必要だと考えられます。 [DllImport("testDLL.dll", EntryPoint = "...


1

質問と無関係でありながら、実は原因かもしれないので指摘します。 C++側 extern "C" __declspec(dllexport) LONG getValFromTable(TBL* ptrStrc) C#側 [DllImport("testDLL.dll", EntryPoint = "func2")] public static extern long refTable(IntPtr ptrStrc); となっていますが、C#におけるlongは64bitです。対してWindows APIのLONGやC++のlongは32bitです。これらデータサイズが誤っていると引数や戻り値の受け渡しが正しく動作しません。 C++言語 / ...


1

環境変数とダイナミックリンクライブラリの間には特別な関連はありません。 DLLとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことは、 exeとして実装されている処理の中で環境変数を扱うことと同義です。 なので質問者さんが理解したいのはWindowsとLinuxの環境変数の違いかと思います。 環境変数は基本的にはプロセス単位にその値が決まるものですが、 Windowsの場合は、その値をマシン内、同じユーザ内で共有することも可能です。 Linuxの場合は、原則プロセス間で値を共有することはできません。


1

Windowsには32bitと64bitがあります。作成したDLLは32bitですか 64bitですか それともAnyCPUですか? 使用したRegAsmコマンドは32bitですか 64bitですか? VBAすなわちExcelなどのアプリケーションは32bitですか 64bitですか? これらが適切に一致しなければ使用できません。 VBSは問題の一端ですが、根本的には開発者が動作環境を正しく理解する必要があります。そして正しく理解したあかつきにはそもそもVBSを使用せずとも自身でRegAsm.exeコマンドを操作できるでしょう。


1

コメントありがとうございます。 自己解決しました。英語版のstackoverflowで、dllが他のdllに依存しており、そのために読み込めないのではないか、DLLを読み込む前にSetDllDirectory()を呼んでgr/binのディレクトリを指定してはどうかと言われました。 require 'fiddle/import' require 'fiddle/types' module WinAPI extend Fiddle::Importer dlload 'kernel32.dll' include Fiddle::Win32Types extern 'int SetDllDirectory(LPCSTR)' end WinAPI.SetDllDirectory(File....


1

挙げられているソースコードには問題点が何箇所もあり指摘することはできますが、求められている正しい処理がわからないため、解決するコードは提示できません。 明らかに誤っている fixedはステートメント内の期間だけメモリ移動を抑止します。ステートメントを抜けた時点で解除されるためメモリ移動が発生し得ます。ですのでfixedステートメント内で得られたポインターを保持し続けるのは誤っています。 Marshal.AllocHGlobalに対応するのはMarshal.FreeHGlobalです。逆にMarshal.FreeCoTaskMemに対応するのはMarshal.AllocCoTaskMemです。正しく対応できていません。 誤っている可能性が高い C#のulongは64bit符号なし整数型であり、C++...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります