次のタグが付いている話題の回答:

2

リストにないものでMedia Foundationという選択肢もあります。これはDirectShowの後継で、Windows Media Playerのメディア制御部分を独立させたものとなります。Media Sourceを実装すればあとはVideo Playbackできるようになるかな、とか。 (デバイスドライバがビデオキャプチャデバイスを実現してくれていれば、Media Sourceも自動的に用意されるんですが、その辺りはよくわかりません)


2

Vulkanの仕様から Vulkan の仕様書におけるラスタライゼーションに関する規定を参照すると: (以下、強調は私) 25.2. Rasterization Order Within a subpass of a render pass instance, for a given (x,y,layer,sample) sample location, the following operations are guaranteed to execute in rasterization order, for each separate primitive that includes that sample location: Fragment operations, in the order ...


1

レイトレーシングでない従来のラスタライズ法による3Dグラフィックスエンジンでは、ほぼ間違いなく何らかの形で深度バッファを使っています。 ラスタライズベースのDirect3Dレンダリングパイプラインでは、ポリゴン(三角形リストやラインリストなど)の描画は、簡略化すると インプットアセンブラーによるメモリからの頂点情報の読み出し 頂点シェーダーによる頂点単位処理(座標の同次変換など) ラスタライザーによるラスタライズ(ピクセル化) ピクセルシェーダーによるピクセル単位処理(陰影計算など) アウトプットマージャーによる統合処理 という流れになるのですが、アウトプットマージャーのステージで深度バッファを使ったZテストを実行します。 詳しくは以下(Direct3D 10のレンダリングパイプライン)を参照してください。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります