次のタグが付いている話題の回答:

3

お使いのIntel HD Graphics 4000はDirectX11にしか対応していません。そのために、DXGI_ERROR_UNSUPPORTED 0x887A0004が返されています。HRESULTの値は常に確認すべきです。 DirectX12未対応デバイスでDirect3D 12を使用するには、WARP software deviceを使用する必要があります。具体的なコード例はD3D12CreateDeviceのexampleに書かれています。 もう一方のエラーはE_INVALIDARG 0x80070057で引数が誤っている旨を指摘しています。


3

この警告は同じリソースを同時にread/writeするときに発生します。 例えばピクセルシェーダーで描き込もうとするレンダーターゲットをさらにテクスチャとしてピクセルシェーダーにバインドするとこのような警告が出ます。 よくある例としてはバックバッファをテクスチャとして貼ったエフェクトや深度バッファを使ったシャドウマップなどです。 リソースにNULLを設定したとしても同じタイミングで読み書きをしているパスがあると発生してしまうので丁寧にコードを調査する必要があります。 コードをパスごとにコメントアウトして原因を絞り込み、そのような使い方をしているところがないか探してみてください。


2

Win32SDKの関数、ClipCursor()ですかね。


2

質問する際は fxc.exe に渡しているコンパイルオプションを完全に提示してください。 シェーダーのコンパイルに使用しているシェーダープロファイル(シェーダーモデル)は何ですか? ピクセルシェーダーをコンパイルする際は ps_?_? を指定しますが、 おそらく間違って頂点シェーダーのプロファイル vs_?_? を指定しているのではないかと思います。 Syntax - Win32 apps | Microsoft Docs fxc.exe はシェーダーモデル5.1までサポートしていますが、使用可能なプロファイルはDirect3D APIのバージョン (9.0, 9.0c, 10.x, 11.x, 12) および実行環境のグラフィックスハードウェアやデバイスドライバーの対応度によって異なります。 ...


1

グローバル座標とローカル座標というものがあります。 グローバル座標はある空間内で共通の座標です。一方ローカル座標は空間内の物体、例えばカメラやNPCなどから見た座標です。3D処理を考える上では必須の概念なのでもし知らなければ勉強してください。 ある空間に対して複数の座標系を考えることができ、同じ地点でもグローバル座標系、ローカル座標系A, ローカル座標系B, ... によって異なる (x,y,z) で表現できます。 逆に言うと同じ (x,y,z) であっても座標系が異なると別の地点を指すことになります。 質問中の回転軸 (-1, 0, 0) はカメラ中心のローカル座標を意識していると思います。 しかしカメラの座標 v およびターゲットの座標 targetPos はグローバル座標です。 ...


1

Quaternion r = Quaternion::mul(R , Q); Quaternion result = Quaternion::mul(r , P); 流れ全体を追ってませんが、これは参考サイトを見る限り Quaternion r = Quaternion::mul(R, P); Quaternion result = Quaternion::mul(r, Q); ではないですか? 四元数の積は交換法則を満たしません。 R・Q・Pは必ずしもR・P・Qとは一致しないので、R・P・Qを計算したいのであれば、その順序を入れ替えてはいけません。 左右に一次変換の関数rotate();を実行して、上下に動かすrotate_x();...


1

FPS視点の実装にはボーン入りでモーションが可能なキャラクターの描画まで出来ていることが最低ラインになります。そのキャラクターの目の位置にカメラをセットし、視点をキャラクターの向いている方向に合わせることで、FPS視点は完成しますが、ソースコードの記載もない現状ではこれ以上、答えようがありません。


1

点群からメッシュを生成するPCLという有名なライブラリがあるようです. 様々なアルゴリズムが実装されているので適当なものを用いれば良いかと思います. 簡単に紹介しているサイトがありました. 点群からトリム面を作成(PCLライブラリ)


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります