次のタグが付いている話題の回答:

3

あとスタックが低いアドレスに進むのは、そういう命令仕様の CPU を使っているからであって、スタックが高いアドレスに進む仕様の CPU もあるです。ユーザーの多い x86 では、いわゆる「スタックに積む命令」例えば CALL だとか PUSH だとかでスタックポインタが減算される仕様なので、みんなそれに慣れちゃっているからスタックは低アドレスへ進むもんだと信じ切っています。ですが PA-RISC などではスタックは高いアドレスに進む仕様です。 #include <stdio.h> void growtester2(int* oldarg, int* newarg) { if (oldarg < newarg) printf("stack grows + direction\n"); ...


2

https://docs.oracle.com/javase/jp/1.5.0/tooldocs/solaris/jdb.html jdb のもう 1 つの使用方法は、すでに起動している Java VM に jdb を接続することです。jdb を使用してデバッグする VM は、次のオプションを使用して起動しなければなりません。 Option: -agentlib:jdwp=transport=dt_socket,server=y,suspend=n 目的: インプロセスデバッグ用ライブラリをロードし、接続の種類を指定する (中略) 次のコマンドを使用して、jdb を VM に接続できます。 % jdb -attach 8000 この場合、jdb は新しい VM を起動する代わりに既存の VM に接続されるため、...


2

関数内の自動変数の配置順番なんかは、コンパイラの自由裁量の範囲で、どうにでも変わるものでしょう。 例えばこんな記事があります。 第八回-03 メインメモリとアドレス いずれにせよ、変数をメモリ上にどう配置するかはコンパイラの仕事なので、任せておけば問題はない。 しかし、変数 (今回学んだのは自動変数と呼ばれるもの) がメモリに配置されるイメージを掴むことは大変重要である。 続きでこれとか。 第九回-01 スタック領域上での配列の配置 第九回-02 関数内の変数のメモリ配置 こちらはスタック内とは書いていないので固定のデータ領域かもしれませんが。 変数がメモリ上でどのように配置されているかメモ デバッグ版かリリース版か、最適化の有無および最適化もサイズ優先か速度優先か、...


2

コードが断片的過ぎて、提示コードが自動変数なのか静的変数なのかすらわからないんだけど、読者のほうで再現できる程度のソースコードを提示してもらえると幸い。 で、提示コードが真に自動変数に展開されるコードであるとして: これはなぜですか? 自動変数が宣言順にスタックに配置される保証は何一つない、が回答。 c / c++ コンパイラは(自動)変数をメモリ上どんな配置をしても構わないので。 スタックのグロウ方向を知りたいなら GNU autoconf の alloca() 用チェックみたいにいろいろ工夫が必要そうっす。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります