質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている新しい回答:

2

自己回答です。コメントでいただいた内容を踏まえてまとめます。 Ubuntu18ではOpenSSL1.0が標準で、libssl1.0.0というパッケージ名。 Ubuntu19ではOpenSSL1.1が標準で、libssl1.1というパッケージ名。 依存関係を解決したいだけなら、メタパッケージのopensslをインストールすれば、ディストロ毎の標準OpenSSLがインストールされる。 OpenSSL1.0とOpenSSL1.1では、APIが異なり、バイナリ互換性がなく、shared library を差し替えただけでは、恐らく動作しない。 ディストロ毎のパッケージリポジトリを分けることができるなら、Depends: opensslとして、Ubuntuのバージョン毎に別のdebファイルを作成すると良い。 ...


0

共有ライブラリの依存関係は以下で済むはずですが。 Depends: ${shlibs:Depends} ビルド時の依存関係は: Build-Depends: libssl-dev このように、debian/control としては OpenSSL バージョンを意識しなくても済みます。


0

ファイル名にバージョンを含まないシンボリックリンクlibssl.soをリンクしてはいかがでしょうか。 そのようなシンボリックリンクがない場合は自分で作ればよいと思います。 作り方については以下を参考にしてください。 【解決案】 使用するlibsslを適当な名前にシンボリックリンク(libxxx.so)します。 ロードモジュールを作成するとき、共有ライブラリ(libxxx.so)を相対パスで指定します。 配布先の環境では、そのlibsslを適当なディレクトリ下のlibxxx.soにシンボリックリンクします。 ※ロードモジュールと同じディレクトリでよいと思います。 実行時には共有ライブラリ(libxxx.so)のパスをLD_LIBRARY_PATHに指定すればいいと思います。 【具体的な手順】 clang -...


上位 50 件の最近の回答が含まれています