質問の投稿者にリワードを付与するため信用度が再計算されています。 続きを読む

次のタグが付いている話題の回答:

8

開発者の経験上、NULL を格納する必要のない項目には NOT NULL 制約を付与する方がメリットが多いと感じています。 ご質問はSQLアンチパターンで言う所の「フィア・オブ・ジ・アンノウン(恐怖のunknown)」に通じる内容ですね。 (手元に資料がないのでうろ覚えですが)フィア・オブ・ジ・アンノウンでは、NULLが必要な項目にNOT NULL制約を入れるアンチパターンについて言及していたはずです。 例えば男性=1 女性=2のカラムに未入力=unknownを設定していたところ、ある日入力欄に「不詳」が追加されて不詳=unknown 未入力=nullにする設計変更が入ったため、本番環境のデータ更新を余儀なくされるケースなど、ひと手間かかるアンチパターンです。 別のアンチパターンとして、NOT ...


3

「ほしい詳細情報が変わる」ということですが、中身がころころ変わるようなテーブルでは、一貫性のあるデータベースになりません。 どのように事件に関する情報を整理するかが定まっていないという事だと思われますので、事件の報告などの実務に詳しい先輩に教えを乞うのが良いと思います。 事件の種類によって必須となる項目がある程度定まるかと思います。 傷害、恐喝、殺人、事故だと「加害者」「被害者」「被害状況/加害状況」「死者数、怪我人数、緊急搬送人数」といったように主たるものをリストアップしていってはどうでしょうか。


2

効きます。 試しにEXPLAINをつけてSELECT文を実行していみると、実際にemail_idxが使用されているのが分かると思います。 MySQL 5.6 - マルチカラムインデックス https://dev.mysql.com/doc/refman/5.6/ja/multiple-column-indexes.html


2

計算で求められる値を、都度計算するか結果を保存しておくかというのは悩ましいところです。 しかしこの質問について言えば、計算方法は制度などによって変化する可能性がありますが、過去の実働時間は一度確定すれば変化することがありませんし、変化しては困ります。ですので、入力時点(または締め日など特定の時点)で計算した値を保存する方法にしなければなりません。 都度計算する場合、計算方法が変わったからと言って単純にプログラムの計算方法を変えると、過去分の実働時間も変化してしまいます。これは非常にまずいです。これを避けるには、タイムスタンプを見てその時々に応じた計算を行うロジックを組む必要があります。新たな計算方法を追加する際に、過去分に影響する判定条件や計算のバグがあれば、過去の時間が変化してしまいます。やはりまずいです。...


2

詳細情報のデータで検索(where による絞り込みなど)をしないことが確定しているのでしたら、 発生時刻: datetime 詳細情報: json のデータ型で作ってしまう、というのも一つの選択肢だと思います。 この設計のデメリットは、json の中身にインデックスが貼れない場合が多い(データベースエンジンに依存)ので、中身に対して検索を行おうとすると、それがとても遅くなる、ということが挙げられます。


2

上記のようなテーブルが存在しているんですが、事件の内容が増えるたびにほしい詳細情報が変わるのでカラムが増えるような現状です。 無理に RDBMS を使うより MongoDB などのドキュメント指向DB とかの方が合ってるかもしれませんね。 ドキュメント指向DBでは、データを行列からなる表ではなく「ドキュメント」として管理します。 ドキュメントは JSON 形式で表現され、例えば次のようなデータになります。 { "発生日時" : "2019/3/3 10:00", "発生内容" : "ひったくり", "取られたもの" : "かばん" } { "発生日時" : "2019/3/3 11:11", "発生内容" : "殺人", "死亡者" : "Aさん" } { "発生日時" : "...


2

あくまで一例ですが、以下のようにテーブルを分けます。 事件( 事件ID, 事件種別コード, 発生時刻) 事件被害( 被害ID, 事件ID, 被害種別コード, 被害名) 事件種別( 事件種別コード, 事件種別名) 被害種別( 被害種別コード, 被害種別名) 中身は以下。 事件種別・・・ひったくり/殺人/窃盗 被害名・・・・かばん/さいふ/Aさん 被害種別・・・盗難/損壊/死亡/負傷 「正規化」というキーワードで勉強してみてください。 まず、Fumuさんの仰る「情報を整理する」ことが最初に必要です。


2

2001年当時のADO.NET関連の機能や概念のために作られていまし「た」。 ・型付きDataSet, 型なしDataSet(join Select、DataTableのグループ化など) ・型付きDataTable, 型なしDataTable(DBのテーブルに対応) ・TableAdapter(単純なDBのテーブルへのCRUD操作の対応) ・データバインディング これは主に2つの視点から見ることができます。 2001年当時の、現在でいうORM自動生成機能(結局SQL直書きがmustなので流行らず※) DataGridViewなどWindows.Forms UIパーツとの双方向データバインド。MVVMのVM的 2番はDataGridViewなどでバインドが非常に便利なので、今でもよく使われます。 (...


1

更新をするコード自体はあっていたようです。 エラー表示の設定で$error[]を配列にしてそれぞれメッセを表示するようにしていました。 $error[name]="名前が入力されていません。"; $error[mail]="メールアドレスが入力されていません。"; のようにそれぞれ設定。 全ての入力がされていた場合 if(count($error)===0){//正しい時の処理} しかしcountができていないませんでした。 $error=[];と最初につけ解決しました。 更新自体のプログラムではなく、その前後に組み込んでいたエラー処理が原因でした。


1

違います。オートコミットとは、SQLを実行すると自動的にコミット(変更を確定)することです。 データベースの更新ができないのであれば、まずはアプリのログをみてください


1

先日、Troubles in multi_put function のIssueがあり https://github.com/griddb/python_client/issues/12 で解決済みのようです。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります