次のタグが付いている新しい回答:

0

厳密なことを省いて概要だけを説明しますと、MatAdd<<<numBlocks, threadsPerBlock>>>(A, B, C);で渡されている、 numBlocks, threadsPerBlock分、スレッドが生成されます。この場合、N個のスレッドが生成されます。 N個のスレッドがそれぞれ、カーネルコードであるMatAdd()を実行します。つまり、 MatAdd()がN個のスレッドで個別に処理されています。 このスレッドには、スレッド固有の情報がCUDAによって付与されています。 blockDim.xはX軸のスレッドブロック数、 blockIdx.xは今実行されているスレッドのX軸のスレッドブロックのインデックス値、thread....


上位 50 件の最近の回答が含まれています