次のタグが付いている新しい回答:

2

出力したCSVを後で読み込む時のことを考えると、基本的には suzukis さんが回答している通りクォートされたままの方が扱いやすいのだと思いますが、csv モジュールの定義を見るとパラメータで任意のクォート文字列に変更したり、クォートの挙動を変えることも可能なようです。 CSV ファイルの読み書き - Python ドキュメント import csv with open('eggs.csv', 'w', newline='') as csvfile: spamwriter = csv.writer(csvfile, delimiter=' ', quotechar='|', quoting=csv.QUOTE_MINIMAL) csv – ...


4

一般的なCSVフォーマットでは、値に"が含まれる場合、出力されるCSVテキストは aa"b"cc -> "aa""b""cc" こうなります。なので正常に処理されているように見えます。 読み込み側のソフトで"が含まれるデータが想定されているのであれば、そのまま読み込めるはずです。


1

エラーは、xが定義されていないことを示しています。 fitの前にXを定義する必要があります(Xに割り当てられたデータフレームであるセルを実行します)


1

os.chdir()はディレクトリを移動するものなので、ファイルを指定してはいけません。 0000.csvの部分を外して、ディレクトリのパス名だけを指定してください。 それからos.getcwd()で表示されたパス名とos.chdir()に指定するパス名の釣り合い("c:"が付くか付かないか)が取れていないのですが、大丈夫でしょうか? その辺は合わせるようにした方が良いと思われます。 Python入門 ディレクトリ操作の基本 (1/3) 上記記事の「カレントディレクトリの取得」を項を参照。 コメントの件は、こちらが関係しているかもしれません。 jupyter notebookでcsvファイルを読み込む方法 注意点としては、jupyterからuploadでファイルを取り込むという点。 ...


0

回答ありがとうございました。 自分には難しく思うように動かせませんでした。 そこで今現在このような流れで動かしていこうかなと思っています。 以下に記します。 import csv import math cos0 = math.cos(math.radians(0)) cos225 = math.cos(math.radians(22.5)) cos45 = math.cos(math.radians(45)) cos675 = math.cos(math.radians(67.5)) f = open("test.csv", "r") reader = csv.reader(f) next(reader); next(reader); next(reader); next(reader); next(...


0

風速(ベクトル)の基準方位成分値を積算する、と解釈すると、以下の範囲が積算対象になります。 (基準方位-(1/2)π, 基準方位+(1/2)π) 基準方位が「西」であれば「南南西」から「北北西」になります(それら以外の方位の場合、「西」方位成分の値は 0 以下になる)。 以下は pandas のデータフレームを利用して、各基準方位での積算値を計算しています。 import pandas as pd from math import cos, pi Direction_16 = [ '北', '北北東', '北東', '東北東', '東', '東南東', '南東', '南南東', '南', '南南西', '南西', '西南西', '西', '西北西', '北西', '北北西' ] l = ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています