次のタグが付いている話題の回答:

14

知っているスタイルガイドをいくつか見てみましたが、これという理由はなさそうです。ありていですが、結論としては、「どっちでもいいけど、どっちかに偏らせろ」というところ。シングル/ダブルクォートの違いを考える上での小さな要素は、以下の4つぐらい。 英文が多い場合は シングルクォートをエスケープしないためにダブルクォートがよい JSON データの文字列値は、ダブルクォートで囲わなければならないので、それを囲むのはシングルクォートの方が良い シングルクォート入力は1つのキー押下ですむ(非日本語キーレイアウト) HTML で出力するクォートは、プロジェクトのガイドラインにあわせたい どっちが良いかよりも、どちらに傾けるかの方が重要でしょう。 以下、いくつかの Javascipt スタイルガイドからの引用をします。 ...


14

overflowプロパティがbody要素に対して設定された場合、そのoverflowプロパティの値は、html要素 (ルート要素) に適用されます。そして、ルート要素に設定されたoverflowプロパティの値は、ビューポートへと適用されます1。 11.1.1 Overflow: the 'overflow' property UAs must apply the 'overflow' property set on the root element to the viewport. When the root element is an HTML "HTML" element or an XHTML "html" element, and that element has an HTML ...


13

Chromeの開発者ツールでStylesの右にあるComputedの一番下にRendered Fontsがあります。 実際に自分が使っている環境のものしか確認できませんがこれでどうでしょうか?


12

Chrome58以降、lang="ja" 属性と line-break: strict を付けることで、長音や拗音の前での行分割を抑制することができるようです。 現在CSSで禁則処理などを規定しているのは CSS Text Module Level 3 という文章なので、これを調べてみました。なお2017年12月現在も Working Draft なので最終稿ではありません。 長音(ー U+30FC)や小さいひらがな・カタカナ(例えば ッ U+3085)は記号による行分割という枠組みで line-break プロパティに記載があります。これはいわゆる禁則処理の強さを指定するもので、英単語内などでの分割を制御する word-break プロパティよりも下位の指定です。 The following ...


11

class属性はスペース区切りで列挙できます。つまり <p class="abc def">こんにちは</p> であってもp.abcにマッチします。しかしp[class="abc"]にはマッチしません。p[class~="abc"]だとマッチします。


11

Chromeブラウザの検証機能で確認できると思います。 検証したいDOMに対し右クリックして「検証」をクリック HTMLパースペクティブで対象のDOMを右クリックして、「Break on > attribute modification」を選択 ページを再読込(F5等) するとブレークが起きる あとはStepOverやStep intoなどでJavascriptを追いかける。 今回は「高さの変更」なのでDOMの属性の変更の検知=「attribute modification」 ですが、 子階層の変更の場合は「subtree modification」になります。 あとはGoogleのこの辺を参考にするといいかもしれません https://developers.google.com/web/tools/...


10

※私は原因を明確に説明出来るほど今回の IE11 の動作を理解していないので、問題を解決するまでに行った作業の手順を示します。 まずは、 background-image プロパティへ設定している値を png ファイルへと替えたものを、 IE11 で動作させました。すると無事に動作したことから、インライン SVG を背景画像として使用している状況に原因があると推測出来ます。 .select-star-rating { font-size: 0; white-space: nowrap; display: inline-block; width: 250px; height: 50px; overflow: hidden; position: relative;...


9

How to apply a CSS 3 blur filter to a background image によると body:before のほうに background-image と filter を加えて content: "" を設定するという方法が提案されています。具体例は こちら を参照してください。


9

ありません。 http://www.w3.org/TR/css3-selectors/#attribute-selectors には attr^=val などの val の部分には identifier もしくは string しか指定できない=それらを指定しなればならない(must be)とあります。 Attribute values must be CSS identifiers or strings. そして identifier および string そのどちらにもワイルドカードや正規表現を用いた記法は定義されていません。そのため純粋なCSSセレクタだけでは、そのようなマッチは実現できません。 ただし、jQueryはSizzleにより実装されたCSSセレクタを使っているでしょうから、...


9

HTML / CSSでは子要素のサイズが確定しないことには親要素のサイズを決定できません。そのため親要素をheight: 0pxと仮定してレイアウトされたために子要素のtop: 50%も0pxとして扱われたのでしょう。 body { height: 300px; } のように明示的な指定があれば、子要素のtop: 50%も効きます。 left: 50%が効く理由も同様に親要素がwidth: 100%を仮定されているためです。子がインライン要素の場合に横幅いっぱいに敷き詰められてから折り返されるのもこのためです。 各ブラウザーは通常は標準準拠モードで動作しますが、古いhtmlを正常に表示するために互換モード(Quirksモード)を持っている場合があります。H.Mayuさん及びmjyさんが言及されていますが、...


8

かなり hacky + 綺麗に見せるにはもう何手間か要ると思いますが、トップ要素を relative にし、 B を absolute にして top: 100% とすることで C の下に配置できます。 トップ要素には A と C だけが格納され、その下に B の上部を設定するイメージです。あとは下記のコードを試してみてください。 /* この回答のキモ */ .root { position: relative; } .B { position: absolute; top: 100%; width: 100%; } /* それっぽく見せるための装飾 */ .A { background-color: #ffcccc; ...


8

TL;DR Chrome系 (Blink) とSafari (Webkit) のバグです。 Chromeでは16年5月に公開された Chrome 51で修正されました。 SafariではSafari 11で修正されたので17年7月現在はまだプレビュー段階ですし、Safari 10 以下を対象にする場合はやはり孫要素もflexboxでgrow/stretchさせる必要があるかと思います。 display: flex が指定された要素を flex container、その直下にある各要素を flex item と言いますが、各 flex item にはデフォルトで align-self:stretch が指定されており*1、これによって flex container の高さ一杯に flex item ...


8

仕様上、必須とされているものではありません。しかし、心遣いとして利用したほうが良いと考えられます。ただしそれはモバイルファーストだけが理由ではありません。 例として aria-hidden で説明します。 目の不自由な方達は、スクリーンリーダー(読み上げソフト)を通じて Web コンテンツを利用しています。これらの読み上げソフトはかなり細かく HTML の内容を読み上げてしまうので、装飾的なアイコンなどの要素が大量に使われていると、彼らにとってコンテンツの本題の理解の妨げになってしまいます。 aria-hidden はそういったソフトが読み上げる必要がない場所に付けることで、その問題の解決を図るものです。 以前は、彼らがコンテンツを利用するためには点字や人による読み上げなど、決して少なくない人手・...


8

pxは視野角を基準として決められていますが、プリンターの場合は標準の1px = 1/96th of 1inが適用されます(W3C CSS3)。A4の横幅が8.27インチなので、8.27 x 96 = 794pxです。 それでは1024px程度の幅でページを作成すれば、ブラウザの印刷機能の方でA4縦の幅に収まるかというと、FireFox、IE11、Edgeでは「縮小して全体を印刷する」がデフォルトとなっているため、またChromeの方は「縮小して全体を印刷する」という設定はないのですが自動的にその程度までは「縮小して全体を印刷する」仕様になっているためです。なお、linux版のChromeは勝手に「縮小して全体を印刷する」機能はなく1024pxの幅でもはみ出して印刷されます。 また、IE11、Edge が「...


7

imgへのtransform: rotate();の適用でもcanvasでもそうなのですが、どちらもベクターではなくピクセル操作になるので、計算上端数が出るとジャギが見えると思いますし、ディスプレイのppiでも影響するので完全なコントロールは難しいかもしれませんね。 前述の制約があるとして、その中で工夫するのであれば borderを使ってnピクセルぶんの縁を作ってベクターラインで囲む box-shadowを使ってドロップシャドウを生成してジャギが目立つ部分側に適用する 表示するサイズの2倍のイメージを用意して、サイズ指定で50%表示で使うことでサンプリング数をあげる あたりを組み合わせて試してみると良いと思います。


7

Firefoxだけですが、開発ツールのインスペクタでフォントを選ぶと指定タグ配下で利用されているフォントを表示させることができます。 日本語と英字で別のフォントが選択されている場合は両方が表示されます。 https://developer.mozilla.org/ja/docs/Tools/Page_Inspector#Fonts_view フォントビュー このビューでは、選択した要素で使用しているすべてのフォントを表示します。これはあなたのシステムで使用されたフォントを表示しており、CSS で指定されたフォントとは異なる可能性があることに注意してください: 指定タグ配下ですので、bodyタグなどを選ぶとページ内で利用されているフォントがすべて表示されることになります。


7

display: table-cellでできます。 div.center { height: 150px; width: 250px; display: table-cell; text-align: center; vertical-align: middle; background-color: #88dd88; } <div class="center">text center</div>


7

<div> からは、 'load' イベントが発生することはありませんので、単純にイベントを取る方法で実現はできません。質問を読む限りでは、もし、仮に「<div> のロード完了」のイベントがあったとしても、その定義は、質問者が実現しようとしていることとは異なる気がします。 「<div> のロード完了」の定義があるとすれば... ■ ...それを、「<div> 要素がブラウザによって読み込まれた時」とするなら、 <div>brabrabrabrabra</div> <script>doSomething();</script> として、<div> が読み込まれた直後に、...


7

CSSセレクタの1つで 直下の子要素のみ を指定したい場合に用います。 >を付けないと、孫要素にspanがあった場合にも候補になります。 cf. 意外と知らない!?CSSセレクタ20個のおさらい|Webpark


7

検証してみました。検証につかったページはこちらです。 結論を先に述べると、モダンブラウザにおいて、<body> 内の <style> がなんらかの特別扱い(<head> にあるのとないのとの違い)を受けることはなく、順当に上から順に評価されていくようです。 scoped 属性を持ったものは Firefox 以外では考慮されず、平気で上書きされてしまいました(未対応なので当たり前ですね)。 以下、とりあえず手元ですぐ出来そうな検証だけ行ないました。環境は OS X Yosemite 10.10.2 上です。Internet Explorer だけ、OS X 上の Parallels で起動した Windows 8.1 の中で動いたものを利用しています。 ...


7

5.12.3 The :before and :after pseudo-elementsより The ':before' and ':after' pseudo-elements can be used to insert generated content before or after an element's content. つまり、::before及び::afterはitem要素のコンテンツの前後に要素を追加するものです。ですので、追加された要素の親要素はitem要素となります。 関連する質問、input[type=checkbox] に対して :before, :after 疑似要素が使えるのはChromeだけ?の回答も参照ください。


7

デフォルトのフォントサイズが16pxというのは、「現在の多くのブラウザのデフォルト設定がそうなっている」というだけです。例えばChromeでは普通に設定項目として存在します。 % em rem といった相対値のわかりやすい利点は、祖先要素(ルート要素など)のfont-sizeを変えることでまとめてフォントサイズを変更することができる、というものです。文字サイズ変更ボタンをJavaScriptで実装する場合などでは特に便利です。逆に、祖先要素のフォントサイズに関わらず特定のサイズに固定したい場合は px 等による絶対値指定を行います。 また % や em は親要素のフォントサイズが基準になるので、入れ子にすればどんどん小さく・大きくなっていきます。入れ子になるタグでは便利かもしれません。...


7

質問者さんのおっしゃる通り、そのファイルでは @import '@/assets/styles/mixin.scss'; は @import '../assets/styles/mixin.scss'; と同じ意味だと思われます。この@が何なのかは、webpackの設定ファイルを見れば答えが載っているかと思います。 これはwebpackでパスに対するエイリアスを指定しているものと思われます。つまり、@と書いてあったらプロジェクトのルートディレクトリを指すように設定しているのです。恐らく、そのファイルの場合は@が指し示す位置が..と同じなので、質問者さんの考察のようになるのではないかと思います。 このように設定することの利点は、...


7

なぜ before, after 擬似要素のテキストがコピー出来ないのか before, after 擬似要素のテキストがコピー出来ない理由は、端的にいえば、ドキュメントツリーにそれらの内容が存在しないからです。以下でもう少し詳細に説明します。 まず、 Cascading Style Sheets Level 2 Revision 2 の 12 章によれば、コンテンツは 2 つの方法により生成されます。1 つは content プロパティを持つ before, after 擬似要素により生成され、もう 1 つは display プロパティに list-item 値を持つ要素により生成されます。 12 Generated content, automatic numbering, and lists ...


7

テキストの任意の箇所を選択するセレクタは、 CSS に用意されていません。そのため、装飾を適用したい箇所へ適当な要素へ入れておく必要があります。 文字色が黒の場合、単純に background プロパティと user-select プロパティを指定することで実現出来ます。 .marker { user-select: none; background: #000; } <p>アリスは川辺でおねえさんの<span class="marker">よこ</span>にすわって、なんにもすることがないのでとても<span class="marker">退屈(たいくつ)</span>しはじめていました。一、...


6

Autoprefixerを有効にするのはどうでしょうか? https://github.com/postcss/autoprefixer#visual-studio


6

はい、Bootstrapを利用したLESSをCSSにコンパイルして配布することは、ライセンス上問題ありません。このライブラリはMITライセンスを採用しており、加工と再配布、派生作品に別のライセンスを採用することなどを許しています。 再配布する方法はいくつかあります。例えば、再配布するあなたの作品に以下のファイルを同梱する方法はいかがでしょうか。 ライセンス表記を含めたBootstrapのソースコード あなたの作品のライセンスを表記したLICENSEファイル 別の方法が良いですか?別の方法の例を挙げると、Rubyはライセンス表記が必要なソースコードを使用しており、その表記を以下のように別ファイル(LEGAL)として記述しています。 https://github.com/ruby/ruby/blob/...


6

::beforeや::afterは対象となる要素のコンテンツの先頭および末尾に疑似的に要素を追加するものです。 <style> div::before{ content: 'abc'; } </style> <div>def</div> は <div><div::before />def</div> であり <div>abcdef</div> となります。そのため、コンテンツを持たない<input/> <img/> <hr/>などには使えません。


6

z-index を指定する際には position に static 以外を指定する必要がありますが、あなたのコードでは #background #content のどちらにもこれが指定されていません。 これがなくても動くのは Firefox のバグのような気がします。 以下解説。 画像編集ソフトでいうところのレイヤーのように、Webページのレンダリングにはスタックコンテキストという概念があり、これは opacity transform などを指定した際や、 position と z-index を組み合わせた場合に作成されます。 要素の重なりについて本気出して考えてみた(z-indexとか何とかとか) – No.1026 スタック文脈 - Web developer guide | MDN ...


6

通常フロー、つまり基本のルール通りにレイアウトを行い、位置指定をしないのが position: static です。それに反して位置指定を行うのが position: relative やその他の設定値です。 そのMDN記事の冒頭に以下の記述がありますが、staticはここに含まれていないですよね。 位置指定された要素 (positioned element) とは、計算された position プロパティが relative 、absolute 、fixed、sticky のいずれかである要素です。 記事の後半にある4つの見出しは分類しているわけではなく、通常と異なる位置指定について解説しているだけです。 relative は static を基準に位置を指定するものですから、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります