次のタグが付いている話題の回答:

1

実体は普通のSQLiteファイルなのでSQLiteを使って直接読み書きすることは可能です。もちろんCore Dataが使うデータ構造を理解している必要があります。また、Core DataがSQLiteをどのように利用しているかは公開されていないので、いつでも変更されうるということに注意が必要です。 まとめると、Core DataのデータをCore Dataを使わずに直接SQLiteで読み書きすることは可能だが、データ構造を壊してしまってCore Dataから読めなくなる恐れがあります。お書きになってるように今後Core Dataを使わないという前提なら問題ないと言えるかもしれません。


1

NSManagedObjectのサブクラスを生成して機能追加を行いたい場合 1. データモデルを作成する 2. Class - CodegenをManual/Noneにする 3. メニューよりEditor - Create NSManagedSubclassを選択 4. 生成されたサブクラスに機能追加を行う 5. コンパイル・リンク サブクラスを生成せず(機能追加をせず)CoreDataを利用する場合 1. データモデルを作成する 2. Class - CodegenをClass Definitionにする 3. コンパイル・リンク この時、メニューからCreate NSManagedSubclassでサブクラスを生成していた場合、リンク時に同名のクラスが既に存在する旨のエラーが発生する。(...


1

アップルが推奨する方法は-[NSPersistentStoreCoordinator migratePersistentStore: toURL:options:withType:error:]を使うことです。 https://developer.apple.com/library/ios/qa/qa1809/_index.html 古いNSPersistentStoreオブジェクトについて新しいファイルパスを渡すと、必要なファイルをすべてコピーしてくれます。 たとえば、下記のようにします。 // 古いファイルパス NSURL *oldStoreURL = [[self applicationDocumentsDirectory] URLByAppendingPathComponent:@"MyApp....


1

let calendar :NSCalendar! = NSCalendar(identifier: NSCalendarIdentifierGregorian) let targetedDay :NSDate! = calendar.dateWithEra(1, year: 2015, month: 5, day: 12, hour: 0, minute: 0, second: 0, nanosecond: 0) let predicate = NSPredicate(format: "SELF.day BETWEEN {%@ , %@}", targetedDay, NSDate(timeInterval: 24*60*60-1, sinceDate: targetedDay)) 例えば、...


1

取り出せるようになりました。 =演算子を使うときは ==ではなく、=なんですね。 NSFetchRequest* request = [NSFetchRequest fetchRequestWithEntityName:@"Story"]; NSString* predicateStr = [NSString stringWithFormat:@"tap_count = '%d'",_tapCount]; request.predicate = [NSPredicate predicateWithFormat:predicateStr]; NSArray* result = [[DataBaseManager shared].moc executeFetchRequest:request error:nil


1

主クラスは、CoreDataにたいするqueryなので、sortDescriptorや、適合条件等をつけてできます。  しかし、ここでの明細クラスは、主クラスのqueryの先に付いている、setですから、NSSetのメソッドをつかってなんとかするしかないでしょう。 (NSArray *)sortedArrayUsingDescriptors:(NSArray *)sortDescriptors をつかえば、ソートはできるようです。


1

ケースバイケースですが、1つのTodoに複数の分類が与えられることが考えられるので、CategoryというEntityを新しく作成して、Todoの関連に持たせるのがよくある構成だと思います。 もちろん、分類は必ず1つのみ、という仕様にするならば、TodoのAttributesとしてcategoryという文字列を持つだけでも良いです。若干シンプルになります。 ただまあ、Attributesにした後で、やっぱり複数の分類にしたい、ということなどのよくあるので、私ならたいていは最初からCategoryというEntityを作る設計にします。 CoreDataを使う場合は、関連のEntityに対して検索条件をつけるのも、Attributesを条件にするのもほとんど書き方が変わらないので、...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります