次のタグが付いている新しい回答:

1

回答  bashなど、declareが使えるshであれば、比較的簡単に変数をファイルに退避し、復元することができます。環境変数とsh変数も区別されます。 環境変数の退避 HELLO='Hello, world!' declare -p HELLO > hello.env #変数をファイルに退避 環境変数の復元 unset HELLO source hello.env #ファイルから変数を復元 printf "%s\n" "${HELLO}" 復元結果 Hello, world!


0

変数が多くないのであれば、まさにhello="Hello world."を実行しておけば、大抵.bash_historyに履歴が残るので、再接続後にカーソル上キーで履歴を辿って再実行するか、historyコマンドで履歴を確認して、!<履歴番号>で、目的は達成できそうですがどうでしょうか? 参考:覚えておくと案外役に立つbashのhistory機能の使い方いろいろ


上位 50 件の最近の回答が含まれています