次のタグが付いている話題の回答:

8

本家サイト の説明の All together now: の対比表の部分で、 CoffeeScript JavaScript @, this this になっているので、JavaScriptで言うthisを表す(同じと考えていい)ようです。 As a shortcut for this.property, you can use @property. という説明があるので、 this.propertyを@propertyのように書くためのショートカットのようです。


7

coffee コマンドに渡すオプションに、 -b (--bare) オプションを付けてください。 (ただし、即時関数になっているのは変数名などがかち合わないように名前空間を調整しているので、このようにしてコンパイルすると、思わぬトラブルが起こる可能性があります。) func.coffee : square = (x) -> x * x cube = (x) -> square(x) * x coffee -c func.coffee で出力された func.js : // Generated by CoffeeScript 1.7.1 (function() { var cube, square; square = function(x) { return x *...


6

Firefox は、 gamepadisconnected イベントを取ることを推奨しているようですので、ゲームのメインループ内で上記をしないのなら、以下のコードで取得を試みるべきです。(私の環境でも、1度目の getGamePads() の呼び出しは失敗することがありました。 ) window.addEventListener("gamepadconnected", function(e) { var gp = navigator.getGamepads()[e.gamepad.index]; console.log("gamepad[%s]: button.length=%d", gp.id, gp.buttons.length); }); ...が! 今度は Chrome が ...


3

js2coffee 2.0 — convert JavaScript to CoffeeScript


3

もし遊び心気分なら、method_missingなどの組み込み関数を使って、いたずらができます。 # メソッドがないときに、このクラスが返されます。 class DeadClass def method_missing(*args) self end def だ nil end def try_index(*args) self end end # ブラケットがメソッド名に表示するのは不正ですから、このクラスはインデックスのときに返されます。 class Indexer def initialize(obj) @obj = obj end def [](*args) @obj.try_index(*args) end ...


2

CoffeeScriptでは新しいスコープを作りたい時はdoキーワードを使うことが一般的だと思います。これはJavaScriptの即時関数とよく似た方法で、コンパイルしたらまさに即時関数になります。 これを規定値と組み合わせたら、なおさら使いやすいです。 t = "hello!" do (t = $('.maincontent .tab.user .user-list')) -> t.find('.elem:last > .del').on 'click', -> @parent().remove() t.find('.elem > .edit').on 'click', -> t.find('.elem').css(...


2

もっとも単純な方法の1つとして、以下のような関数を定義することを提案します。 markAsError = (el) -> el.parent('dd').prev('dt').addClass('form-error') この関数 markAsError を使うことで、例題のコード @$example.parent('dd').prev('dt').addClass('form-error') は次のように単純化されます。 markAsError @$example


2

http://qiita.com/ikm/items/4fc4450ed8eb213039d8 keypressでEnterが押されたか確認し、FormのSubmitを行えば良いと思います。 angularで書いた場合のサンプルを作りましたので参考にして下さい。 var app = angular.module('app',[]); app.controller("ctrl", function($scope){ $scope.text = "init"; }); app.directive('enterSubmitForm', function(){ return{ controller: function($scope, $element){ ...


2

CoffeeScriptについてはまずこちらを読んでみるといいと思います。英語がわからなくてもコード部分を見れば内容はつかめます。 http://coffeescript.org/ また、下のリンク先のサイトはJavaScriptのコードをCoffeeScriptに変換してくれます(逆も可能)。 http://js2.coffee/ 最後に、質問のコードは次のようになります。 a = () -> 1


2

(CoffeeScriptのこともAngularのことも知りませんが) 配列なのは shop.lists であって、shop.lists[n] は配列ではありません。したがって、push() は使えません。 JavaScript 的に書くと、やりたいことは shop.lists[from].addvalue = from だと思われます。


2

item.coffee内での$resourceの使い方が間違っています。 第一引数はURLテンプレート、第二引数はデフォルトパラメータ、第三引数はアクションです。 angular.module('myApp') .factory('Item', function($resource) { return $resource('', {}, { update: { url: '/api/shops/:shop_id/shelfs/:shelf_id/items/:id', method: 'PUT', params: {id: '@id', shop_id: '@shop_id', shelf_id: '@shelf_id'} } }); }) ...


2

JavaScriptは何処から呼び出したかによって同じ文脈でもthisの意味が変化します。 CoffeeScriptでは@を使う事でthisのタイプ数を減らす以外にもかっこいい使い方が出来ます。 例えばこんなことしたい場合です。 hoge = function() { var foo; this.piko = 123 foo = function() { return this.piko } } この時上で宣言したpikoプロパティはfoo関数の中では使う事が出来ません。 どうしても使いたい場合は、少々小細工が必要になります。 hoge = function() { var self = this; var foo; this.piko = 123; foo = ...


2

参照先のURLですが、 「HTMLを踏むことでWebページを操作する」 のではなくて、正確にいうと 「HTMLを踏むことで予め決まっているフォームデータを作成して、そのデータを調整さんにPOSTする」というものです。 調整さんに設定しているフォームのデータを予め再現していますが、フォームの作りが変わったのか。はたまた、外からのPOSTを受け付けなくしたのかわかりませんが、機能はされなくなったようです。 再度調整さんのフォーム画面を解析して必要なパラメーターと項目の作りを参考にしながらフォームを作る必要がありそうです。 そもそも想定外からのPOSTを受け入れることは脆弱性の一つ CSRFとよばれれて基本的に対策されるものですので、外からのPOSTは難しいものになるかもしれません。 https://www....


1

「追加されるフォーム」の <% @gallery.works.find do |work| %> 上記箇所ですが、find メソッドですと works の先頭1レコードしか取得できないと思います。 @gallery に複数の works モデルがあることを前提とする場合は <% @gallery.works.each do |work| %> <% @work = work %> のように記述すれば良いかと思います。 またこの場合 work はブロック内でそのまま works の 1 レコードとして扱われますので、 <% @gallery.works.each do |work| %> <%= image_tag work....


1

@mizchi/routerを使用すると目的を達成できそうです。 https://www.npmjs.com/package/@mizchi/router Twitter経由で教えていただきました。 https://twitter.com/_ringogirl/status/702009261220450304


1

angular.forEachは配列やオブジェクトに対してループ処理を実行します。 http://angularjsninja.com/blog/2013/12/06/angular-foreach/ 本質問の件は、単純なforループでいけます。 ... $scope.newContent = { title: '', description: '' } # n回繰り返す n = 5 for i in [1..n] Content.save($scope.newContent).$promise.then (response) -> console.info "[info] new content saved." ...


1

ディレクティブを並列操作する時は親となるディレクティブを用意するとうまくいきます。 https://jsfiddle.net/4c1t7v42/ ちなみに、link()の第2引数はangular.elementオブジェクトですので、 var el = angular.element(elem[0]); のような処理は不要です。 angular.module('app', []) .controller('AppController', function() { this.items = ['aaa', 'bbb', 'ccc', 'ddd']; }) .directive('parent', function() { return { restrict: 'AE', ...


1

以前の質問というのはこれですね。 横方向に自動リサイズするinputのdirectiveをつくりたい こんな感じでどうでしょうか。 https://jsfiddle.net/4uktpu22/ html <div ng-app="app" ng-controller="AppController as app"> <resize-input text="app.text"></resize-input> </div> css .resize-input{ font-family: 'メイリオ'; font-size: 16px; } .resize-text{ visibility: hidden; white-space:...


1

ngf-changeを使用して$parent.uploadを呼んでみるのはどうでしょうか? .container ul li(ng-repeat='item in items') p {{item.name}} input(type="submit" value="ファイルを選択" ngf-select ngf-change="$parent.upload(item, $files)" ng-model="files") br img(ngf-src="files[0]" ngf-default-src="" ngf-accept="'image/*'") Controller(抜粋) # これは不要 # $scope.$watch 'files'...


1

$resourceで作成した Resource::$save はPromiseを返します。 DEMO Article::createの戻り値をattrsではなく、$resouce::$save()を(つまりPromise)を返して下さい。 それを、ArticleControllerで受け取ります。受け取ったPromiseは、Promise::then のコールバック関数内で結果を受け取り、リダイレクトできます。修正例として ArticleService.coffee の create: (attrs) -> new @service(article: attrs).$save ((article) -> attrs.id = article.id), @errorHandler ...


1

ng-repeatが新たにスコープを生成するので参照ができていないのだと思います。 ひとまず下記のように記述すれば入力欄は空になると思います。 ※その他の処理への影響は保証できませんのでご了承ください。 html addItemの第一引数をthisに変更 form id="new_item" ng-submit="addItem(this, item_list.id)" input type="text" id="itemBody" ng-model="itemBody" input type="submit" value="追加" js addItemの第一引数を<object>に変更 itemBodyを<object>.itemBodyに変更 angular....


1

コンパイル結果は以下のようになります。 var obj; obj = { flag: true, toggle_flag: function() { var flag; return flag = !flag; } }; //... もし、obj.toggle_flag()でobj.flagを反転させ、その値を返したいのであれば obj = flag: true toggle_flag: -> @flag = not @flag obj.flag # true obj.toggle_flag() # false obj.flag = true obj.flag # true obj.toggle_flag() # ...


1

ObservableArrayが監視対象としているのはメソッドによる変更だけです。質問の例であれば、 vm.users()[0].scores([999,200,300]) と値を全て変更する、もしくはscoresの要素自体をVMにするといった方針が良いかと思います。


1

$.Deferred().resolve() .then ->delay(1) .then ->delay(2) .then ->delay(3) この例では then() が返した Deferred オブジェクトに対して then() を実行していますよね。これをメソッドチェインを使わずに書くなら一度変数に入れる必要があります。 d = $.Deferred().resolve() d = d.then ->delay(1) d = d.then ->delay(2) d = d.then ->delay(3) それを踏まえて、ご質問のコードを修正してみました。 d1 = $.Deferred() d = d1.then -> delay(1) d = d....


1

あまり薦められた方法ではありませんが、無理矢理 JavaScript の with ステートメント を使うという方法があります。CoffeeScript から with を用いるには、以下のように JavaScript の埋め込み を使うことになるでしょう。 `with ({t: $('.maincontent .tab.user .user-list')}) {` $('.elem:last > .del', t).on 'click', -> @parent().remove() $('.elem > .edit', t).on 'click', -> $('.elem', t).css(opacity: 0.5) @parent().css(opacity: 1....


1

ActionController::Liveは使ったことがないのですが、「ActionController::Live render render_to_string」というキーワードでネットを検索したところ、render_to_stringがそのままでは使えないのでモンキーパッチを当てた、という記事がありました。 http://blog.sorah.jp/2013/07/28/render_to_string-in-ac-live http://diary.sorah.jp/2013/07/28/render-to-string-actioncontroller-live # モンキーパッチのコード def render_to_string(*) orig_stream = response....


1

gruntの仕様としてファイルの結合がある訳ではなく、Gruntfile.jsに定義されたタスクでファイルの結合を行っている形になります。 あくまでもgruntはタスクランナーなので、ソースの変換や結合などの処理は各タスクで使用しているプラグインで行われます。 Gruntfile.jsにbuildタスクが定義されているはずなので、そちらで実行しているタスクの設定を見ていただくと、どのように結合するのかわかると思います。 https://github.com/DaftMonk/generator-angular-fullstack/blob/master/app/templates/Gruntfile.js#L812-L831 angular-...


1

1)否定ですね。関数の返値がtrueに解釈できるものをfalseにしfalseに解釈できるものをtrueにします。  @quesera2 さんが指摘するように単に関数を評価するために使われていると思われます。 2)この部分は関数に引数としてdocument, 'script', 'twitter-wjs'を与えて呼び出します。 coffeescript版テスト


1

Hashieというgemとmethod_missing(NullObjectパターン)を組み合わせて、CoffeeScriptのシンタックスにできるだけ近づけてみました。 require 'hashie' include Hashie::Extensions::MethodAccess module NullObject refine NilClass do def method_missing(m,*a,&b) self end end end using NullObject 5.times do user = rand > 0.5 ? {items:[{place:1000}]} : {items:[{place:1000},{place:...


1

ActiveSupport の Object#try を利用すると、同じような事が出来ます。これは、メソッドが無ければ nil を返し、そうで無ければ send と同じ動きをするものです。 require "active_support/all" user = {items:[{place: 1000}]} # => {:items=>[{:place=>1000}]} user[:items][1][:place] # => NoMethodError: undefined method `[]' for nil:NilClass user.try(:[], :items).try(:[], 1).try(:[], :place) # => nil user.try(:[],...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります