次のタグが付いている話題の回答:

3

前置き この質問には、主観的にならざるを得ない所があるので、そのことを理解して聞いていただきたいです。 この2つは、同じ目的のために作られているため、最終的に達成出来るものは似たような物なのですが、 そのやり方・考え方にはそれなりの差があり、使用感には大きな差のあるソフトウェアです。 CircleCI側公式の比較 CircleCI側がJenkinsとの違いを書いたドキュメントが https://circleci.com/docs/2.0/migrating-from-jenkins/ にあるので参考になるかもしれません。 そこのメニューを引用すると Job Configuration Plugins Distributed Builds Containers and Docker ...


3

それはCircleCIの設定の中でもrestore_cache及びsave_cacheの設定内のkeyでのみ使用可能なテンプレートであると思われます。公式ドキュメントのCaching Dependenciesのページに説明があります。文法は{{ }}で特定のキーワード(または構文)を囲むだけという単純なもので、利用可能なキーワードや構文はリンク先のページで全部列挙されています。このテンプレートエンジンに特に名前は無いようです。 機能については、いくつかの実行時情報を参照したり、環境変数を取得したりファイルのハッシュ値を計算したりすることに限られ、四則演算などの柔軟な機能は無いようです。 なお、{{ }}を使うこと自体は比較的多くのテンプレートエンジンで行われており、例えばJinja2などがあります。


2

TL;DR Workflowの利用は必須ではありません。必要に応じて、Workflowなしでジョブを実行することが可能です。 Using Workflows to Schedule Jobs - CircleCI 解説 Workflow機能を利用すると、ジョブの実行順や依存関係を指定することが可能です。一方、 build という名前のジョブを作成してあげることで、Workflowなしでの実行が可能です。 If you are using Workflows, jobs must have a name that is unique within the .circleci/config.yml file. If you are not using workflows, the jobs map must ...


2

こんにちは、CircleCIでエンジニアをしている者です。 CircleCIではDockerのNetwork Namespaceという機能を使ってlocalhostを複数のコンテナで共有しています。これを使うと複数のコンテナで使うネットワークを分けることができます。もともとはLinux Kernelが提供している機能でnetnsと呼ばれ、Dockerはそれをラップしている形となります。 netnsを使ったことがなければこの説明だけではピンとこないかもしれませんが http://yoru9zine.hatenablog.com/entry/2016/12/28/225948 読んでみればイメージがつくかもしれません。 なお余談ですが、...


1

heroku run を、どの heroku app に対して実行するのか、が指定されていないがために発生しています。他の heroku コマンドと同じように、-a $HEROKU_APP_NAME を付与すれば解消すると思いますので、 heroku run -a $HEROKU_APP_NAME bundle exec rails db:migrate でいけると思います。


1

https://circleci.com/docs/2.0/docker-image-tags.json に、 circleci が用意する docker イメージの一覧がありますが、 ruby 系で yarn ないし nodejs 系のコマンドを利用したい場合には、 -node がついているイメージを利用する必要があります。 なので、circleci/ruby:2.6.5 を circleci/ruby:2.6.5-node に変更すると、この問題は解消すると思います。


1

git stderr: Permission denied (publickey). このエラーは、接続鍵が間違っている場合に出ます。 そこらへん見直してみては


1

もっとも大事なことはgit pull をソース展開の手順とするのであれば、 本番環境の修正は直接行ってはいけない運用を徹底する必要があります。 どんなデプロイ手順でもそうですが、正規以外のデプロイ手順を取るとアプリは壊れてそれが障害につながります。 これが自動化CI/CDの基本になりますので注意しましょう。 今回の戻し方については git pullを利用してソースの更新を実行しようとしていらっしゃいますが、 リモートのサーバのファイルに修正がありpullが実行されないものと思います。 gitの履歴とコンフリクトが起きる可能性がある修正がある状態で、pullしようとすると該当のエラーが発生します。 gitで管理している以上はその歴史(コミット修正)...


1

getByLabelText() が <input> を返すことが分かっていればキャストを使って (getByLabelText("input number") as HTMLInputElement).value と書けます。


1

CircleCI1.0版で実行されていたデプロイ部分が欠落しているのが原因になります。 該当箇所としては以下になり、 deployment: production: branch: master commands: - bundle exec cap production deploy staging: branch: develop commands: - bundle exec cap development deploy この bundle exec cap 環境 deploy という部分が実際にサイトにデプロイしているコマンドになります。これがCircleCI2.0では存在しないため、反映されていないのかと存じます。 追記 2019-...


1

version: 2 を .circleci/config.yml のトップに記述しましょう。そして、 circleci config validate が通るようにしましょう。 circleci のコマンドがローカルになければインストールしましょう。 circleci コマンドについて CircleCI サービスには、ローカルでの開発を補助するためのツール、 circleci コマンドがあります。 https://circleci.com/docs/2.0/local-cli/ Heroku や AWS がそれぞれ heroku コマンドであったり aws コマンドを提供しているのと同じような形式です。 このツールにはいろいろな機能がありますが、その中に、 .circleci/config.yml ...


1

Jenkinsはソフトウェアなので基本的には自分でインストールを行い環境を構築する必要があります。 CircleCIはクラウドサービスなので環境は用意されており、ユーザー登録さえ済ませれば利用できます。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります