次のタグが付いている話題の回答:

2

実際に似たようなサイトで検証してみたところ、同じような状況が再現できました。 var casper = require('casper').create(); casper.start("http://isotope.metafizzy.co/v1/demos/infinite-scroll.html"); casper.then(function(){ this.capture("before.png"); }); casper.then(function(){ this.scrollToBottom(); this.capture("after.png"); }); casper.run(); これは続きの読み込みや表示が終わる前に after.png ...


1

UTF環境で実行したところ、文字化けは確認できませんでした。(casperjs 1.1.0-beta3, phantomjs 1.9.8) ただ、this.save() は無かったので、削除して動かしました。 最初は下記のような最低限のコードでテストした方がよいかと思います。 var casper = require('casper').create(); casper.start('https://www.city.ota.tokyo.jp/', function start(){ this.echo(this.evaluate(function get_title(){ return document.querySelector("title").text; })); });...


1

CasperJS 1.1 から、 Gecko ベースの SlimerJS がサポートされています。レンダリングエンジンが変わってしまいますが、この方法はいかがでしょうか? インストールしてパスを通し、 casperjs --engine=slimerjs hoge.js とするだけで使えます。 ※Windowsだと mktemp を入れる必要があったり、「無効なスイッチ」と表示されたりしましたが、動いてはいるようです CasperJSがGecko(SlimerJS)にも対応していたので試してみたメモ - ハードコイルド・ワンダーランド


1

resource.data は CasperJS 1.1 で追加された独自拡張で、HTTPのレスポンスとは特に関係ないようですね。使用例はAPIリファレンスで response.data を検索すると色々出てきました。 eachThen() では、列挙した各要素 waitForAlert() では、 alert() に渡されたメッセージ ソースコードを辿ると、 response の大半を占めるレスポンス情報は PhantomJS 由来のようなので、そちらのドキュメントも参考になるかもしれません。(もちろん data は記載されていません) onResourceReceived | PhantomJS 自己解決されたように、レスポンスの中身は this.getPageContent() で取得し、...


1

dmnlkさんが既にコメントされていますが、sample.sh内でcasperjsを実行する所でpermission deniedとなっているので、ジョブの指定方法やシェルの書き方に問題があるというより、casperjsのアクセス権限の問題と思われます。 手元の環境ではcasperjsの実行権限をrwxr--r--(744)にすると同様のエラーが出ました。 一方、casperjsの実行権限をrwxr-xr-x(755)にすると正常に実行出来ました。 Jenkinsのジョブはデフォルトだとjenkinsというユーザで実行されているようなので、jenkinsにcasperjsの実行権限があるかを確認すると良いと思います。なお、...


1

"click"イベントを利用すると、全てのクリックについてイベントハンドラを登録できます。ただし、現時点のリリースバージョンである 1.1.0-beta3 には入っていない機能なので、masterからインストールする必要があります。 クリックによって発生したページ遷移の宛先URLを取得するには、"click"イベントハンドラ内で casper.requestUrl を見るか、.then() で実行ステップをその場で追加し、そのコールバック内で遷移後のURLを取得する方法が考えられます。ただし前者では、 casper.click() によるクリック操作で即時にページ遷移が始まること、つまり非同期にページ遷移が発生しないことが前提になると思います (非同期にページ遷移が発生する場合の動作は未確認)。 var ...


1

undefinedな値が消えてしまうのは、JSONで許容されていないためです: SpookyJSとCasperJS間の通信は、JSON.stringifyでデータを渡すようになっています。 JSONで許容される値は、string number object array true false null のみです。 undefinedになる可能性がある変数は、事前にチェックしてnullやfalseに強制変換することで回避できます。 hello = hello || false もしくは一般化して: var context = {foo: 'bar', hello: undefined}; for (var key in context) { if (typeof context[key] === '...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります