次のタグが付いている新しい回答:

2

「for文の入れ子を再帰で表すコードの例」が投稿されましたので、元の課題を再帰で解く場合のコードを示しておきます。詳細はコメントを参照してください。 また、別解のprintSeq相当の情報が出力できませんが、akira ejiri さんの回答を参考にすれば改善できるでしょう。 #include <stdio.h> int maxTotalR(int n, int cnt, int limit); //商品の価格は安い順にx[0]からx[n-1]の順に入っている int x[] = {43, 213, 283, 335, 337, 429, 643, 745, 828, 861}; //商品の種類(出題の`n`) #define XCOUNT 10 int main(int argc, ...


3

temp = btree_delete(word, tree); の行を tree = btree_delete(word, tree); に変えれば求める出力は得られます。 コメントアウトしてある部分を見るに、何か気にかかることがあって敢えてこういう書き方をしなかったのかとも思いますが、全体の流れからするとこれが想定された用法でしょう。 質問の趣旨から外れるので深入りしませんが一応付言しておくと、deleteの処理関連でメモリリークがあるので、そこは修正が必要です。


2

中島さんの「組みわせ」の仕方についての質問に対する回答ではありません。 for文の入れ子を再帰で表すコードの例です。 繰り返される処理はfunc()です。 このコード例では ・次元数はi_level_num ・多次元配列の添え字がai_idxで渡されます。 サンプルのfunc()は各次元の添え字を出力しているだけです。 main()では以下を行っています。 ・3次元[3][4][5]のループでfunc()を呼び出す ・4次元[5][4][3][2]のループでfunc()を呼び出す 【ソースコードサンプル】 #include <stdio.h> int func(int i_level_num, int ai_idx[]); int func(int i_level_num, int ...


0

現在のご質問文中で「回文の中に回文といった構造」と言うのは、 こんな構造↓ for(...) { for(...) { for(...) { for(...) { ... } } } } を表すのに言い得て妙と言う気はするのですが、やはりプログラミングの世界では「入れ子」とか「ネスト」なんて定着した言葉があるので、そちらを使っていただいた方がより多くの人に早く意図を伝えられるかと思います。(「入れ子」の実物なんて、私がプログラミングの学習を始めた頃(戦後です、一応)から見られなかったものなので、適切な用語かどうかは疑問ですが。) ...


2

rueさんがsscanfを使った回答をされていますが、もう少しきれいに書けます。scanf系にはそれまでに読み込んだ文字数を返す%nがあります。これを使うことで一旦%sで切り取り長さを調べる必要がなくなり、直接%dで数値を取得できます。 wandbox #include <stdio.h> #include <stdlib.h> int main() { char buffer[256], *p; int n, *data; fgets(buffer, 256, stdin); sscanf(buffer, "%d", &n); data = calloc(n, sizeof(int)); fgets(buffer, 256, ...


2

横方向のときもscanfが使えます。 #include<stdio.h> int a[10]; int main() { int i, j, n; scanf("%d", &n); for (i = 0; i < n; i++) scanf("%d", a+i); for (j = 0; j < i; j++) printf("%d\n", a[j]); } 入力例は、 3 1 2 3 です。3つ読めました。 sscanfを使うときは、 int a[10]; int main() { int i, n, len; char s[20], t[10], *p = s; fgets(t, 10, stdin)...


0

その区切るフォーマットがきちんと定義されているならばどうとでもなります #sscanf を使うかどうかは別の話として


0

一般的には、1行のデータを読み込んで、頭から1文字ずつチェックし、それが数字かスペースか、CR、LFかを判定し、それぞれに適切な処理を行っていくことになると思います。


-5

組み込みソフトの場合、WDTクリアをわざと止めて、CPUリセットをおこさせることもよくあります。


7

c 言語規格書は c によって OS 自体を記述することを想定しています。 OS を記述するような状況のことを c 言語規格書は「フリースタンディング環境」と呼んでいます。その意味で OS が起動する= c で書いたプログラムが起動するってことですね。 いわゆる「組み込み系」つまり家電製品など、ワンチップマイコンの開発においてはマイコン用コンパイラがマイコンの専用機能に対応しており、リセット解除直後処理(のことを、組み込み業界ではブート処理と呼びます)や割り込み処理などをすべて c だけで書くことが可能になっています。もちろん、アセンブラが無いと書けない超特殊な処理ってのもいまだにありますが、まあブート処理だけなら c だけで書けます。オイラ自身が経験者として保証します。 いわゆる Windows ...


0

組み込み向けのCPUではそれが普通です。 PCでやろうとするなら、初期化部分を自分で書くなりすれば可能でしょう まあ、そのコードをどうやってメモリ上に展開するのか、というのをまず考える必要がありますが


上位 50 件の最近の回答が含まれています