次のタグが付いている新しい回答:

1

ごく普通に if (i<0) でダメな理由が知りたいです。妙なテクニックに走られても後から読む人(には数か月後の自分が含まれます)が困惑するだけです。バレルシフタが無い CPU では真に31回シフトを行うコードが生成されてしまう可能性があり、単純比較と比して31倍遅い機械語が生成される可能性があります。ましてや 64bit 型など使ったらどうなるか。 この辺、言語規格書の版によって異なる可能性があります。 c++ では C++20 では2の補数のみ規定 なる改版が行われており、提示の命題は C++20 では真です。それより古い C++03 や C++11 等では下記 c と同様。 # 文言「2の補数」は暗黙のうちに詰め物なし符号ビットは最上位を含意するため c においてはいまだに 1の補数系で -0 と +...


2

移植性を考慮するのであれば、ひねくれたことをせず、素直に if (i < 0) puts("OK"); とすれば、言語仕様に即した上で、各実装のコンパイラーが適切なコードを生成してくれます。 例えばIntel系プロセッサには SF; 符号フラグ というものがあり、最後に操作した結果の符号は別に保持しているため、右シフトよりも効率的なコード生成が可能になります。


上位 50 件の最近の回答が含まれています