次のタグが付いている話題の回答:

8

整数リテラルの型が変わることによる影響はいくつかあります。分かりやすいのは、リテラル同士を演算してオーバーフローする場合でしょう。 100000000(1 億)は 32bit signed int の範囲ですが、その 2 乗は 32bit signed int の範囲を超え、64bit signed int の範囲に入ります。このため 32bit signed int として 2 乗を行うと、結果も 32bit signed int として格納され、オーバーフローします。 #include <stdio.h> int main(void) { printf("%ld\n", (long)(100000000 * 100000000)); /* オーバーフローします */...


7

Windows上のtext.txtファイルが、BOMおよび改行コード付きのUTF-16LEエンコーディングであれば、それは正しい動作です。 該当ファイルをマウス右クリック等でプロパティを確認すれば、サイズが12バイトになっているでしょう。 そのファイルを16進数でダンプ表示すると、以下のようになるはずです。 FF,FE,41,00,42,00,43,00,0D,00,0A,00, Windows上のC言語でのcharは8bitで、printfの%sは0x00で終端されるcharの配列であるモードで使われていたのでしょう。 ファイル読み取りのサイズはバイト単位で通知されます。 そのため、読み取ったサイズは12バイトだし、printf("%s", c);ではFF,FE,41までが出力対象で、 ■...


7

他言語ってのが「インタプリタ」系言語であるなら、そりゃ「コンパイル」系言語と「実行速度を比べる」のがそもそも間違いというか、かわいそうというか。でも「ソースコードを書く時間」「実行に移せるまでの時間」はインタプリタ系言語のほうが圧倒的に短かかったりしますので、それはその言語に何を期待しているかの違い。 同じコンパイル系言語であっても c / c++ は事前コンパイル (Ahead-of-Time) java / .netframework は実行時コンパイル (Just-in-Time) wikipedia : JIT という違うものがあります。 AOT では、末端顧客が使っている実行環境のうちの最低ラインを想定しておかないといけないのに対して JIT では、実行環境に合わせた高度最適化ができる場合があるので、 ...


6

GCCについて GCC登場以前からCコンパイラーは存在していました。そのため、GCCは既存のCコンパイラーを使ってコンパイルされることを前提に設計されています。例えばビルド方法も stage1: 既存のCコンパイラーでGCCをビルドする 既存のCコンパイラーがコード生成したGCC stage2: stage1のGCCでGCCをビルドする 既存のCコンパイラーがコード生成したGCCがコード生成したGCC stage3: stage2のGCCでGCCをビルドする 完全にGCCのみでコード生成したGCC と3回ビルドを行い、最終的にstage3のGCCが使われます。 クロスコンパイル そうはいっても既存のCコンパイラーが存在しない環境ではどう作るのかというと、クロスコンパイルという技術があります。...


6

C/C++ は非常に高速に動作する言語であることは既に知られていますが ハイパースレッディングやマルチコアが登場する前の、過去の話です。シングルスレッドで動作するのであれば、マシン語に近い記述をすることでアドバンテージがありました。しかしマルチスレッドが前提となっている現代においては、動的に処理を組み換えできる言語が速度で上回ることが往々にしてあります。 更にはGPGPUが登場し、ライブラリに指示を出すだけとなると、呼び出す言語にあまり依存しなくなっている分野もあります。


6

コメントにも書きましたが、音声の扱いは難易度が高いです。 なんとなく全体を制御する アプリケーションが自分自身の出す音声を制御する 他の特定のアプリケーションの音声を制御する (ブラウザーの音声をミュートする等) 特定のデバイスの出力を制御する (通話中にオーディオ出力をミュートする等) どのようなことを実現したいかを明示していただく必要があります。参考までにとりあえず雑な方法を提示しておきます。 ノートPCやマルチメディアキーボードにはミュートキーを持つものがあります。そのため、Windowsには(該当するキーボードが接続されていなくても)ミュートキーが押された際に行われるべき処理があらかじめ組み込まれています。 この方法はあくまでミュート・ミュート解除がトグルされるのみとなります。...


5

原因はおそらく @kunif さんの回答であっていそうですが、提示プログラムはいくつか問題を抱えていますので指摘だけ https://linuxjm.osdn.jp/html/LDP_man-pages/man2/open.2.html open() に O_CREAT を指定する場合は第3引数として mode を指定しなければなりません。 open() で O_RDONLY と O_CREAT を同時に指定するのはたぶん誤りです。こうすると 指定ファイルが既に存在するとき O_CREAT は無視される(こっちはおそらく期待通り) 指定ファイルが無いとき O_CREAT により 0 バイト長の新規ファイルが作られる(こっちは多分期待通りでない) 0 バイト長なので直ちに EOF となる ...


5

外側のforループでkeepをテストしているのは、中のforループをbreakしたときに外側のforループも抜けるためじゃないでしょうか?


5

コードを書くことは簡単ですが、 それだと意味が理解できない可能性があります。 特に質問者様はおそらくコードの問題というよりもアルゴリズムができていないと見受けれます。 なのでまず質問者様がやるべきことはコードを書くことよりも頭の中でアルゴリズムをきちんと組み立てることです。 それができれば、コードに起こすことはそれほど難しくないでしょう。 逆に、アルゴリズムがわかっていない状態でただコードを提示されても理解は進みません。 なぜアルゴリズムが理解していないかと私が思ったかというと int max1_index=0,max2_index=0;//各列の最大値 for (j = 0; j < nnode; j++) { for (i = 0; i < nnode; i++) { if(dist[i]...


5

コメントも付いていますが、 sqrt() のマニュアルにも -lm でリンクする。 と説明されています。マニュアルを読むようにしましょう。


5

この話題には、コンパイラのブートストラップ問題という名前が付いています https://ja.wikipedia.org/wiki/ブートストラップ問題 本当の本当に最初にはその計算機が理解できる言葉、いわゆるマシン語で実装することになります。また、アセンブラが実装済みであればアセンブリで実装できます。 別の計算機でコンパイラが実装済みであれば、クロスコンパイラも実装することによって実装できます。 また、その計算機において別の言語のコンパイラが実装済みであれば、その別の言語でコンパイラを実装することによって実装できます。 更には、コンパイラが自分自身をコンパイルできるようにするところまで実装できる場合もあり、これをコンパイラのセルフホスティングと言います。 https://ja.wikipedia.org/...


5

インテルx86/x64アーキテクチャのCPUには(一部の命令/データ以外では)個々のメモリアクセスでのアライメント制約は無いですよ。 x86 - データ構造アライメント - Wikipedia x86アーキテクチャは本来、アライメントされたメモリアクセスを必要とせず、またそれなしでは動作するが、x86 CPUのSSE2命令の中には、データを128ビット(16バイト)にアライメントさせる必要があるものがあり、これらのアーキテクチャでアライメントされたデータを使用することにより、パフォーマンス上の大きな利点が得られる。ただし、MOVDQUなどのアラインされていないアクセスのための命令もある。さらに、ロードとストアの操作は、通常、正しくアラインされていればアトミックである。 3.1 アラインメントに寛容な CPU ...


5

既に解決済みなので、参考までに CLFLUSH - Flush Cache Line を使って CPU cache(L1/L2/L3) を flush してみます。 実行環境 $ LC_ALL=C lscpu | grep -E '(^(Architecture|Model name)|cache:)' Architecture: x86_64 Model name: Intel(R) Core(TM) i5-8500T CPU @ 2.10GHz L1d cache: 192 KiB L1i cache: 192 KiB L2 cache: 1.5 MiB L3 cache: ...


4

C言語にはクラスの概念がありません。C言語にクラスの概念を追加したのがC++です。 C言語系の構文でインクリメントを表すのが++ですが、C言語をインクリメントしたという 意味でC++と名付けられたのだと思います。 C#は元々マイクロソフトが開発した言語ですが、C++をより良くしようとの考えから、 C++をさらにインクリメントしてC++ ++とし、++ ++を縦に並べてC#になったようです。 従いまして、言語の構文的にはC#が一番進んでることになります。 ただし、C#は.NET用の言語として開発されていますので、ネイティブではC言語、 C++を使うことになります。


4

質問文にはgetcmd(cmd; command?)とありますがgetcwd(cwd; current working directory)の誤りではありませんか? Visual Studio 2005以降、 POSIX 名が非推奨とされ、ISO C++ に準拠する名前が使われるようになりました (たとえば、getch ではなく _getch を使います)。 となっておりgetcwdではなく_getcwdを使うことになっています。しかし引き続きgetcwdも互換のために残されており、現在でも使用可能です。ただし、 warning C4996: 'getcwd': The POSIX name for this item is deprecated. Instead, use the ISO C and C++...


4

現状右辺値参照を使用できることのメリットが、クラス内でのコピーコンストラクタとムーブコンストラクタの識別及びコピー代入演算子、ムーブ代入演算子の識別ができるということくらいしか分からないのですが他にあるのでしょうか? 右辺値参照(rvalue reference)の主目的は、まさに「コピーとムーブを明確に区別する」ことです。C++11より古い時代には左辺値参照(lvalue reference)しか存在せず、ムーブを直接的には表現できませんでした。 「関数引数の完全転送(perfect forwarding)」といった応用的な使い方もありますが、基本はコピー/ムーブを識別するための仕組みと解釈すべきです。 この結果を見るに、左辺値参照を引数にとっても、...


4

他の質問も見ました。そこでも似たようなことを指摘されていましたが、 各処理がどのような順番で実行されていくか、 ある処理でどの変数が使用されるか、 ある処理の後、変数がどのような状態になっているか を意識すると良いと思います。 C言語などの手続き型言語の場合、処理の順番が重要になります。 C言語の場合、main関数がプログラム本体になります。提示コードの場合、 Step 1 int main() { FILE *fp; int i, data[N]; char fname[] = "data.txt"; // この時点 この時点では fp, i, data[0] ~ data[N-1] にはめちゃくちゃな数値が入っており、 fname には data....


4

glibc 2.20のコンパイラーバージョンチェック方法に誤りがあり、GCC 10以降を検出できないようです。 Rework compiler version check in configure.のコミットで修正されたため、glibc 2.21以降であればGCC 10以降が使えます。 GCC 9以前を使用するか、glibc 2.21以降を使うといいでしょう。 --- a/configure.ac +++ b/configure.ac @@ -910,9 +910,6 @@ AC_CHECK_PROG_VER(LD, $LD, --version, # These programs are version sensitive. AC_CHECK_TOOL_PREFIX -...


4

この場合の「ブール型」は true / false 類似の2値のことと考えてよくて switch (something) { case some_true: true_job(); break; default: false_job(); break; } はダメよ、これなら if にすべきであると MISRA は主張しています。 制御式に3値以上あるなら switch 内で使う値が1値であっても該当しないと考えています。例えば組み込み機器の通信仕様として「データ取得」「データ設定」「返信」など3種類以上のコマンドタイプがあるとして、とあるコマンドは(今のところ)「取得」しか受け付けないなら enum message_type { mt_query, mt_change, ...


4

c は 1970 年代に開発された言語なので当時のコンピュータで無理なく扱える程度の仕様しか規定されていないわけっス。21世紀のプログラム言語ではもっといろいろな機能が組み込まれているわけだけど c の仕様にはそういう「人間にとって簡単で、コンピュータにとって難しい機能」は入っていない。っていうか、むしろそういう便利な機能を実用的な速度で実装するために c は使われている。だから便利な機能を簡単に使いたいのであれば c なんぞ使うのやめて他の言語に乗り換えるほうが良いっス。 c の標準関数はそういう約束(=仕様)になっているので A1. は Yes なんだけど、標準関数を使わないなら「あなたの好きに実装すればいい」に変わるっス。真にやりたいことが書かれていないので具体的にどうすればよいかは例示できない。 「**...


4

K&R 2nd の 2.2 Data Types and Sizes に Whether plain chars are signed or unsigned is machine-dependent, but printable charactoers are always positive. と定義されています。つまり、charは符号付きの可能性もあるし、符号なしの可能性もある曖昧な型です。文字として扱うのであれば問題ありませんが、数値として扱うのは危険であり、それが警告されています。 INT07-C. 数値には符号の有無を明示した char 型のみを使用するで説明されていますが、具体例として char c = 200; int i = 1000; printf("i/c = %d\n&...


3

ruby-ffiが呼び出すのはライブラリのソースコードではなく、コンパイルされたバイナリ(.soなど)です。バイナリには関数名(シンボル)が含まれているので、ruby-ffiはそれを使うことになります。ところが、マクロはコンパイル時に展開されバイナリには含まれませんので、ruby-ffiはマクロの定義や、そもそもマクロが使われたかどうかすらわかりません。したがって、仰る通りattach_functionを使ってマクロを呼び出すことはできません。 このようなマクロに相当する処理を実現するには、以下のような方法が考えられます。 Rubyでマクロを再現する。質問の例であれば、プロパティにアクセスする手段があればそれほど難しくないと思います。 C言語でマクロをラッパー関数として実装しなおして(引数・...


3

これを0から999のiに対して繰り返すとなると、iが増えるにつれて、アドレスを得るのにかかる時間も増えるとおもいます。 オイラの思いつく限りのすべての処理系において lightness[i] の計算時間は O(1) つまり処理時間は i の値に関係なく一定です。一定にならないハードウエア・ソフトウエア実装が想像できないです。 &lightness[i][j] がすでにあるとき &lightness[i][j+1] を求めるに要するコストと &lightness[i+1][j] を求めるに要するコストとでは 確かに違いがありますが、アセンブラ命令にして数命令、誤差の範囲です。ポインタ値の計算ののちにアクセスを開始する際のキャッシュのヒットミスペナルティのほうが圧倒的に大っす。


3

演算精度のせいで、sqrt(n * n - l * l)に与えられる引数の値とsqrt(n * n - d * d)に与えられる引数の値が異なるためです。 (なお、longの表す桁数は処理系によって異なりますが、ここでは出力例から、longは64ビット整数型を表すものとします。) n * n - l * lを引数とする場合、nおよびlは共にlong型であり、また、途中計算のn * nとl * lの結果もlong型の範囲に収まるため、計算結果は正確にlong型の986074550526975となり、その値が暗黙の型変換でdoubleに変換された後にsqrtが呼ばれます。 それに対して、n * n - d * dを引数とする場合、n * nは一旦longで計算され、...


3

既に解決済みですので参考までに。 例えば gcc ではスイッチオプションに -Wunused-value を追加すると(-Wall でも可)、以下の様に warning message を表示してくれます。 $ gcc -std=c18 -Wunused-value -g diff_values.c diff_values.c: In function ‘diff’: diff_values.c:12:6: warning: statement with no effect [-Wunused-value] 12 | y-x; | ~^~ ちなみに、三項演算子(ternary operator)を使うと以下の様にも書くことができます(macro でもよいかもしれません)。 ...


3

まずは、どのようなデータを使う必要があるかを考えます。ヒントには「篩」というのが出てきますが、これは C 言語に用意されているものではありません。どのような仕組みを使えば「篩」が作れるでしょうか? ヒントに出てくる「篩」の条件を見てみると、「篩」には「ある自然数が残っているか、残っていないか」が表現できる能力が求められていそうです。 これを C 言語で表現するやり方はいくつかありますが、たとえば配列を使ってみるのはどうでしょうか。つまり、int furui[] のように配列を作ると、ちょうど配列の添え字が自然数になるので、「自然数 i が残っていない」を「配列の要素 furui[i] が 0」みたく表現することができます。なお、ここで 0 としているのは適当に 0 を選びました。0 だったら残っていない、0 ...


3

Homebrew でも MacPorts でも cproto というツールのパッケージが利用可能です。「3行目を抜き出して行末に;を足す」というだけならOS標準コマンドだけでもできると思いますが、コーディングスタイルを変えると動かなくなったりするので、けっきょくは既存のツールを使うほうが楽だと思います。 zsh のソースのビルドをしたときもそんなことしてたな、と思い出して調べてみましたが、zsh は自前のツールでプロトタイプを生成していますね。 参考までに、MSVC にはプロトタイプ生成フラグ /Zgがありました。


3

2 について、 break で脱出するためだと思いますが補足 通常の処理は 外forの初期化ブロックで keep = TRUE 外forの判定で keep != FALSE => 通過 内forの判定で keep != FALSE => 通過 ループ内処理 内forの更新ブロックで keep = FALSE 外forの更新ブロックで keep = TRUE 2へ ですが、ループ内で break が入ると、 外forの初期化ブロックで keep = TRUE 外forの判定で keep != FALSE => 通過 内forの判定で keep != FALSE => 通過 break: 6へ 内forの更新ブロックで keep = FALSE 外forの更新ブロックで keep = ...


3

質問者氏から仕様が出てこないので勝手に決めるの心 - シングルバイトの A-Z と a-z をカエサル暗号処理する -- ここは設問にて提示されている - それ以外の文字が現れたら無変換 -- 設問にないので勝手に決めた - Z の次は A (z と a も同様) -- 設問にないので勝手に決めた - A の前は Z (a と z も同様) -- 設問にないので勝手に決めた 普通はプログラムを書く前にこういう「仕様」を定めないと何を書いていいかわからないはず。「仕様」は設問にあるところより、設問に書かれていないところに関して決めなきゃならないあたりが難しいんだろう。っていうかたぶん質問者氏は「自分が何をしたいか」「何をしないといけないのか」を整理する前にコードを書いているのだと思われる。...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります