次のタグが付いている新しい回答:

2

メモリリークを起こすコードは簡単に書けます。 #include <iostream> #include <memory> #include <exception> struct A { ~A() { std::cout << "A\n"; } }; struct B { ~B() { std::cout << "B\n"; } }; struct C { ~C() { std::cout << "C\n"; } }; struct D { ~D() { std::cout << "D\n"; } }; struct S { A a; std::unique_ptr<...


2

以下の記事によれば基本的には大丈夫な仕組みになっているようです。 [迷信] オブジェクトの動的生成に失敗するとメモリリークする http://www.kijineko.co.jp/tech/superstitions/memory-leak-at-dynamic-creation-fail.html 実は、operator new が成功し、その後、生成しようとしたクラスのコンストラクタが例外を送出すると、自動的に operator delete が呼び出される仕掛けになっています。


0

std::vectorコンストラクタは要素を確保するバージョンなどもあり、特にstd::bad_allocは割と発生しやすいと思います。(もちろんそうならないようコードを書くべきですが。) で、C++言語としては、コンストラクターを実行する順序が厳密に定められていて、例外が発生した際にはコンストラクターの実行完了したオブジェクトに対しては、逆順にデストラクターを実行する仕様です。 #include <iostream> struct a { a() { std::cout << "a .ctor." << std::endl; } ~a() { std::cout << "a .dtor." << std::endl; } }; ...


0

一般に、newを使わずに構築した場合、コンストラクタが失敗したことを知る方法はexceptionを使う以外にありません。 要するに、 「コンストラクタで例外を出さないでね」というのは、 「例外を捕捉するのが面倒なのでやめてね」 ということではないかと思うのですが、どうでしょう。 捕捉できればメモリは何とでもできると思います。 まぁ、自分もコンストラクタで例外が発生しないようにはしてます。


上位 50 件の最近の回答が含まれています