次のタグが付いている話題の回答:

4

現状右辺値参照を使用できることのメリットが、クラス内でのコピーコンストラクタとムーブコンストラクタの識別及びコピー代入演算子、ムーブ代入演算子の識別ができるということくらいしか分からないのですが他にあるのでしょうか? 右辺値参照(rvalue reference)の主目的は、まさに「コピーとムーブを明確に区別する」ことです。C++11より古い時代には左辺値参照(lvalue reference)しか存在せず、ムーブを直接的には表現できませんでした。 「関数引数の完全転送(perfect forwarding)」といった応用的な使い方もありますが、基本はコピー/ムーブを識別するための仕組みと解釈すべきです。 この結果を見るに、左辺値参照を引数にとっても、...


3

メモリリークを起こすコードは簡単に書けます。 #include <iostream> #include <memory> #include <exception> struct A { ~A() { std::cout << "A\n"; } }; struct B { ~B() { std::cout << "B\n"; } }; struct C { ~C() { std::cout << "C\n"; } }; struct D { ~D() { std::cout << "D\n"; } }; struct S { A a; std::unique_ptr<...


2

以下の記事によれば基本的には大丈夫な仕組みになっているようです。 [迷信] オブジェクトの動的生成に失敗するとメモリリークする http://www.kijineko.co.jp/tech/superstitions/memory-leak-at-dynamic-creation-fail.html 実は、operator new が成功し、その後、生成しようとしたクラスのコンストラクタが例外を送出すると、自動的に operator delete が呼び出される仕掛けになっています。


1

std::unique_ptr<CImage> はコピーコンストラクタを持たないので CParameter もデフォルトコピーコンストラクタを利用できません。 No1とNo3については、C++11~C++14ではコピーコンストラクタ呼び出しが省略されることもされないこともあるため、質問のプログラムは環境依存です。 https://ja.cppreference.com/w/cpp/language/copy_elision No2はデフォルトでないコピーコンストラクタは作成可能なので、コピーコンストラクタを宣言すればコンパイル時のエラーは回避出来て、(コピーコンストラクタを定義しなければ)リンク時にエラーになります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります