次のタグが付いている新しい回答:

2

Bde.DBTables.hppは、BDEというDBアクセス用コンポーネントのファイルですが、更新の停止と移行が推奨されてから結構経過し最近は標準でインストールされなくなっています。 製品版の場合は、後からBDEを追加することもできるようですがCommunity Editionで可能かは判りません。 公式のヘルプにBDEアプリケーションのFireDAC(現在のDBアクセス用コンポーネント)への移行方法がありますが、これもCommunity Editionで同じことが出来るかは不明です。 http://docwiki.embarcadero.com/RADStudio/Rio/ja/BDE_%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%...


3

newは次の2つの役割を持っています。 メモリ確保を行う コンストラクターを呼び出す (非配列版)引数を指定できる (配列版)引数を指定できず、デフォルトコンストラクターが呼ばれる この質問では、配列版においてデフォルトコンストラクター以外を呼び出したい、とのことですが、とりあえずは実現できません。 ただし、newの機能を分割して、それぞれを呼び出せば実現可能です。 ::operator newは指定されたサイズのメモリを確保し、対になる::operator deleteで解放できます。またplacement new(配置new)は指定されたアドレス上でコンストラクターを実行します。 // メモリ確保 bcRec = static_cast<BaseClass*>(::operator ...


0

(不定個数の) 動的配列を new[] したい、かつ各要素を「デフォルトでない値」で均一にコンストラクトしたい(代入でなく)とオイラはこの質問を読んだっす。 int* a=new int[3]; // だと「3要素をデフォルト初期化」つまり 0 になる int* b=new int[3] /* 3要素に同じ初期値 42 を与えたい */ ; // どう書く? T* c=new T[3] /* 同じく3要素に同じ初期値(デフォルトでない)を与えたい */; たいていの「無いことの証明」は悪魔の証明なのですが、この件に関しては言語仕様書をさっくり見る限りにおいて できません 。できるような構文が用意されていません。 引用はいいんようということで C++ 言語仕様書 ISO/IEC 14882:2003 ...


1

前提条件があるので、いつでも使えるというわけではありませんが、動的な配列はC++では、std::vectorが第一候補です。 #include <iostream> #include <vector> #include "BaseClass.h" int main() { int n; n = 10; std::vector<BaseClass> bcRec; // 空のvectorを再生 bcRec.reserve(n); // n個分のメモリを確保するが初期化はしない // vectorの最後に、初期化をしながら(コンストラクタを呼びながら) // 一つずつBaseClassを追加 ...


1

new BaseClass[n] とやってもBaseClassの配列はできますがintの配列にはなりません。_aはあくまでも1個のintですので、これを動的配列にする必要があります。 C++での動的配列は、一般的にはvectorを使います。int _a;の代わりにstd::vector<int> _a;と書きます。vectorを使うには#include <vector>が必要です。そしてBaseClassのコンストラクタを次のようにします。 BaseClass::BaseClass(int a) : _a(a) { } これは、_aを構築するためにstd::vector<int> _a(a);と書きたいところですが、...


0

Borland C++ Builder6からC++ Builder 10.3 Communityですと文字列(string)の扱いが変わっていると思います。 Builder6ではAnsiStringを使っていたと思いますが、Builder 10.3ではUnicodeStringがデフォルトになっていると思います。 このあたりで、コンパイルエラーになることがあります。


2

// C# byte[] byteText = Encoding.UTF8.GetBytes(strText); // C++ std::string strText = "暗号化テスト"; C#は見ての通りUTF-8エンコーディングのバイト列となります。Visual StudioのC++とのことですが、こちらはコントロールパネルの「Unicode 対応ではないプログラムの言語」の設定値で日本語環境ではShift_JISエンコーディングとなります。このため、入力バイト列がそもそも異なります。 UTF-8で一致させるにはUTF-8文字列リテラルが簡単ですがお使いのVisual Studio 2013では未対応です。Visual Studio 2015以降を使用されるか、wctomb等で変換することになります。...


0

コメントでの指摘の通り、平文データに相違があることが考えられます。 さらに、鍵とIVに文字列を使っているのが2つの点でまずいです。 セキュリティ的に問題 安全に暗号を運用するには、鍵やIVは乱数かパスワードをPBKDF2のような鍵導出関数に通して取り出した値を使わなければなりません。その点で、文字列を使っているサンプルコードは参考にしないほうがよいです。 バイト表現に変換するときに意図しない変換が混入する 例えばc_str()で変換すると、末尾に\0が含まれるとか、逆に元のデータに\0が含まれているとそこで文字列が千切れるということが起きます。 CryptoPP::CBC_Mode_ExternalCipher::Encryption cbcEncryption(aesEncryption, (...


0

TntUnicodeControls_2.3.0.zip内のCBuilderフォルダ内のTntLibR.bpkを先にコンパイルし、TntLibD.bpkをインストールしたらいけるのでは無いでしょうか? コンパイルエラーで上手く行かない場合は、新規でパッケージを作成しなおしてファイルを追加していく方が良いかもしれません。 追記 ちなみにTntUniCodeControlsはCBuilder2007/Delphi2009以前の非Unicode対応の環境でUnicode対応する為のコントロールなので10.3では基本的に不要かと思います。


0

今回のエラー [bcc32c 致命的エラー] Main.h(13): 'AdvToolBar.hpp' file not found これが回避できた時のスクリーンキャプチャです。忘れないように自分用に画像投稿させて頂きます。


1

C++Builderはあんまり触ってないので外してるかもですが、 同名のdfm、cpp、hの3ファイルで1個のフォーム 同名のcpp、hの2ファイルで1個のユニットになっていると思います。 drcファイルは多言語設定時の翻訳データ bprはプロジェクトファイルになるかと思います。 (但し、C++Builderはプロジェクトの移行を行うとトラブル事が多い印象があるので新規プロジェクトに上記のファイルを追加する形で移行する方が良い気がします。)


1

カラムや値の桁数が不足しているようではCSVとしては不完全であり、であればこの関数はエラーになるべきだとは思います。というわけでエラー処理を省くとこのくらいで記述できると思いますが、複雑度の高い処理でしょうか…? std::string func(const std::vector<unsigned char>& data, const std::vector<int>& separate) { assert(std::accumulate(begin(separate), end(separate), 0) <= size(data)); std::string result; auto it = begin(data); for ...


0

処理速度・効率やSTLらしさとかは気にせずVisualStudioCommunity2019で書いてみました。 仕様の曖昧な部分は//****でコメントにしています。 csvにする処理は以下からコピーしています。 【C++】std::vectorの要素を結合する方法【join 区切り文字】 #include <iostream> #include <sstream> #include <vector> #include <Algorithm> std::string func( const std::vector<unsigned char>& data, const std::vector<int>& ...


0

質問された方の直接の疑問に答えるものではありませんが、 ソースからビルドすることができました。こちらの環境で10時間ちょっとかかりました。 【clang】 10.0.0(trunc 372494) 【ビルドしたソース】 svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/llvm/trunk llvm svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/cfe/trunk clang svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/clang-tools-extra/trunk extra svn co http://llvm.org/svn/llvm-project/compiler-rt/trunk ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています