次のタグが付いている新しい回答:

1

16進数文字列という中間的な値を取らずに、直接std::stringとstd::vector<char>の間を変換した方が良いのでは? 文字列から文字(数値)の配列(vector)への変換: How to copy std::string into std::vector? [duplicate] std::string str = "hello"; std::vector<char> data(str.begin(), str.end()); 文字(数値)の配列(vector)から文字列への変換: std::vectorをstd::stringやchar*に変換する std::vector<char>型の変数vecCharがあるとする。 // -&...


3

C++言語に用意されている数値型は64bit程度です。 64bitというと、16進数文字列で8文字、元の文字列では4文字分でしかありません。 それ以上の桁数の計算を行うのであれば、ご自身で自作するか、外部のライブラリを使用することになります。行いたい演算にもよりますが、例えばBoost.Multiprecisionなんかが使えるかもしれません。 ちなみに、先の回答で C++言語において文字とは文字コードを値に持つ数値でもあります。 説明しました。16進数文字列に対して演算を行う必要はなく、元の文字列を数値として扱い、直接演算した方が効率的です。(そうだとしても、64bitで8文字分ですが…。)


1

C++言語において文字とは文字コードを値に持つ数値でもあります。そこで質問のように16進文字列を復元するには文字列を数値化することになります。これについて、C++17で追加された文字列から数値へ変換するstd::from_chars関数が使えます。 #include <charconv> #include <string> #include <string_view> auto hex2str(std::string_view hex) { std::string result(hex.size() / 2, '\0'); for (size_t i = 0; i < hex.size() / 2; i++) std::...


1

以下の記事の質問に書いてあるように、2文字づつ切り出して同じstd::hexに渡せば良いのでは? C++ converting long hex string to binary std::string hex2bin(std::string s) { std::string rc; int nLen = s.length(); int tmp; for (int i(0); i + 1 < nLen; i += 2) { if (std::istringstream(s.substr(i, 2)) >> std::hex >> tmp) { rc.push_back(tmp); } }...


1

C++のラムダ関数がローカル変数をキャプチャするときに関数ポインタに変換できなくなるのはなぜ? 短い答え:C++実行環境において合理的な実装が不可能なためです。 思考実験として下記の関数gを考えます。関数gは「実行時に値が確定するローカル変数xを(コピー)キャプチャした関数ポインタ」を返す必要があります。 auto g() { int x; std::cin >> x; // ラムダ式から関数ポインタへの変換に単項+演算子を利用 return +[x]{}; } この関数ポインタがさす先の実行可能コード(≒機械語命令列)はコンパイル時には生成不可能であり、プログラム実行時に実行可能コードを動的生成しなければなりません。...


2

キャプチャするint x変数はスコープを抜けた時点で消去されます。しかし、ラムダ関数は別のスコープを持っています。キャプチャすると表現しているように、別の領域にコピーしていますし、それを破棄する処理も必要になります。つまり、ラムダ関数は関数の実行とは別にキャプチャしたオブジェクトの管理も必要になってきます。そうなると関数ポインターでは表現できなくなります。


1

プロセス間通信は、一般的なものから Qt 専用のもの、低レベルから高レベルまでいくつか選択肢がありますね。他のアプリがすべて Qt 製なら QRemoteObject が使いやすいかなと思います。 QTcp/UdpSocket QWebSocket QHttpServer QDBus* QRemoteObject QtMqtt*


3

既に回答がある通り、C言語・C++言語どちらもコンパイルを行うとその時点でポインターやオフセットの形でコード生成され、型情報は削除されます。そのため、実行時にメンバー名でアクセスすることはできません。 2020/12/11にリリースされたBoost Version 1.75(現時点での最新版)からPFRというヘッダーオンリーライブラリが追加されています。 このライブラリを使うと、メンバー名でアクセスすることはできませんが、インデックスでアクセスすることは可能です。 auto sparam = Test_t{}; auto& value_1 = boost::pfr::get<0>(sparam); value_1 = 1; auto& value_2 = boost::pfr::...


4

変更不可の実装済みのコードがコンパイル済みライブラリとして提供されていて、Test_tも不透明型として提供されている場合は、情報が失われているので不可能です。 ヘッダーファイルはあるけれど変更はできないという状況でしたら、事前にclang -Xclang -ast-dump=jsonでヘッダーを解析しASTをファイルにダンプしておいて、実行時にJSONから読みだして引き当てることは原理的には可能だと思います。 実際に Clang libtooling で同様のことをやっているツール&ライブラリがありました。 https://github.com/mlomb/MetaCPP コメントにある「C++でもGetComponentがしたい!」もVisualStudioでの似たような話のようです。


0

要するに、処理タイムラグがめり込ませているのでは? ですので、移動方向側にやや大きめに感知域を設けては如何ですか?


1

実用的にはどのような目的のために用いられるのでしょうか。 noexcept指定子の利用目的は、大きく2つあります。 安全性保障:デストラクタからの例外送出などの危険な処理を避ける 処理効率化:例外送出なしを利用してより効率的な実装を用いる 注意点として、noexcept指定有無は外部公開インタフェースの一部とみなされます。ある関数にnoexcept指定を付けるということは「この関数の外部仕様として例外送出しない」という宣言ですから、将来的には例外送出の可能性があるならば付与してはいけません(非常に気づきにくい破壊的なAPI仕様変更につながります)。 noexpcetの利用については C++ Core Guideline(同タイトル日本語訳)にいくつかガイドライン項目が示されています。 F.6: If ...


上位 50 件の最近の回答が含まれています