次のタグが付いている話題の回答:

8

単にビットごとの論理積です。 ビット演算 - Wikipedia で終わらせてもいいんですがもうちょっと解説。 変数 i はおそらく整数型(符号なし数を想定) 変数 id は i の何ビット目かを指す数値( 0 以上の値) となっているのでしょう。 i として unsigned char の 8bit の値を想定します (32bit にすると桁が大きくなりすぎて読みにくくなるため) 仮にその値を 121 (0x79) としましょう。2進数表記すると 01111001 ですね。 さてここで i>>id の部分式および &1 の結果を考えます。 id==0 のとき i>>id は 01111001 よって &1 すると 1 id==1 のとき i>>id ...


7

コードの中で if (s[0] == "h") { としていますが、これはcharであるs[0]と文字列の"h"を比べています。文字列は、実際にはconst charの配列で、配列はポインタとして使われるので、そのようなエラーになります。エラーメッセージでポインタは"h"を、整数はs[0]を指しています。 正しくは、文字列の代わりに文字を使います。 if (s[0] == 'h') { // シングルクォーテーションに替える これで動くのですが、せっかくC++を使っているので、std::stringを使う方がいいです。今のコードでは、256文字以上入力すると、クラッシュするなど変なことが起こります。


7

コメントから回答化 一連の流れを図示しているのが、以下の記事の Fig.9 ですね。 ただし2011年の記事なので、Windows10では何かしらの変更が入っている可能性はあります。 Keyloggers: Implementing keyloggers in Windows. Part Two Fig 9: Overview of how Windows processes keyboard input 図の中で赤丸の1.1, 1.2, 1.4がそれぞれ以下になります。 1.1. Setting hooks for keyboard messages 1.2. Using cyclical querying of the keyboard 1.4. Using the raw ...


6

派生クラスインスタンスに基底クラスインスタンスを代入することに一般的な意味が無いから、ユーザー定義変換を使って(作って)意味づけしろ、ということです。例 class 人間 { メンバとして生年月日や性別や住所氏名があるだろう }; class 従業員 : public 人間 { メンバとして役職や基本給があるだろう }; 従業員 部長; 人間 馬の骨; 部長 = 馬の骨; // これって何がしたいの? 派生クラスインスタンスである 部長 に、基底クラスインスタンスである 馬の骨 を代入することって、一体何がしたいんでしょうか? 現部長を馘首にして馬の骨を新しい部長に任命する? そのときの役職や基本給はどうしたいんですか? そのまま据え置きでいいんですか? 周りのみんなは納得するんですか? といったわけで、...


6

コメントに示したように単純な総当たりではケース数が増えすぎて実用的な時間では解けない設定になっています。 最初に水1700gを入れた場合、 入れられる砂糖の最大量は1700*55/100=935(g)です。 全部多い方の「操作 4: ビーカーに砂糖を D(26)[g] 入れる。」を選んだとしても、 935 ÷ 26 = 35...25 となるので、最低35回「砂糖を入れる」操作が必要になりますが、その部分だけ考えても 「操作 3: ビーカーに砂糖を C(22)[g] 入れる。」 「操作 4: ビーカーに砂糖を D(26)[g] 入れる。」 が自由に選べるので、組み合わせは2^35通りで約343億通りあります。 実際には「操作 3」をたくさん選んだ場合には、もっと「砂糖を入れる」...


5

提示コードにおいて vector<int> data; は自動変数ですから、それを包む { } の外に達すると寿命が尽きて消滅します。この例では main() が終了したら、ってことになります。 delete してよいのは new で得られたオブジェクトだけですから delete &data; はダメっす。 vector 自体は管理情報しか持っていませんのでせいぜい数十バイト、意識するだけ無駄な量だったりします。 Visual Studio のデバッグモードだとバグ検出用リザーブ領域のほうが大きかったりします。 あとメモリを開放すると一口に言ってもどこへ返すのかはいろいろと議論の余地がありますよ。 - 当該プロセス内で「未使用」とされる= OS ...


5

あなたがお調べになった通りですとしか言いようがないんですが、 capacity()は現在割り当てられている領域の容量 size()は実際に使われている要素数 です。値が同じになるコードではピンとこないでしょうが、main関数を例えば次のように書き換えてみてください。 int main() { vector<int> data2{1,2,3,4,5,6,7,8,9,10}; veiw(data2); size_t f = data2.capacity(); size_t x = data2.size(); cout << f << "\n"; cout << x << "\n"; ...


5

C++言語ではヘッダーファイルでプロトタイプ宣言を行い、リンクは別の仕組みを使っています。ヘッダーファイルはC++言語特有のもので、他のプログラミング言語との相互運用が困難になります。 そこでMicrosoftは言語非依存・プラットフォーム非依存のCOM; Component Object Modelを定義しました。この中でIDL; Interface Definition LanguageとTLB; Type Libraryが定義されています。 その上で、C++言語ソースからType Libraryを読み込む機能が#importディレクティブとなっています。 ですので、COMを呼び出しを行わない限りは出番はありません。


5

なんかいろいろと動きそうにない部分がいっぱいありますが全部に目をつぶって本文で示されている質問にだけ答えるなら printf("1位 %g", sum[0]); // でよいのか質問本文から微妙に読み取れない printf("2位 %g", sum[1]); printf("3位 %g", sum[2]); とかでも十分題意を満たすでしょう(ロケール/言語の設定をしておかないと漢字が表示されるかどうか不安が残りますがその辺も置いといて) 表示に for を使う縛りがあるなら printf("%d位 %g", i+1, sum[i]); とか。 (前者のコードでは全角、後者のコードでは半角の違いが発生します) 上記を書いた時点から同率の話が増えていますが、...


5

https://teratail.com/questions/165797 で解決済みとのことですが、あの回答は間違っています。なお、 マルチポストと呼ばれ、両サイトの閲覧者・回答者に対して不誠実な行動です。 VARIANT val; は生のVARIANT構造体を使用しているため、変数valに対してはVariantInit()やVariantClear()の呼び出しが必要です。これらを暗黙的に呼び出すCOleVariantクラスに切り替えるといいでしょう。その場合、VariantInit()やVariantClear()が不要になるほかSysFreeString()は呼び出してはいけません。 COleVariant val; これってdataへの代入が悪かったということなのでしょうか。 ...


5

浮動小数だと正確に10倍されずに正しい桁数が出ない そこまで理解されていればもう少しです。正確に10倍できないのと同じように 0.1 は正確には 0.9999999999... を適当なところで四捨五入して 0.1000000000 とみなして扱っているに過ぎません。 また有効精度は10進数で8桁程度であり、例えば1億辺りの値を扱うと1の位に誤差が現れ小数点以下の値は保持できなくなります。 以上を踏まえて、誤差をどこまで許容するかの問題でしかありません。 後は x*=10; のように演算を繰り返すと誤差が積算されていくため、x * 100、 x * 1000のようになるべく整数演算を行い、浮動小数点数の演算を1回で完了させることで誤差を抑えることができます。


5

WindowsTabsを使ったことがないので、ソースコードから読み取っただけの情報ですがまとめます。 WtSetup セットアッププロジェクトでWindowTabs.msiを生成します。 このインストーラーに取り込まれるのは..\\WtProgram\\obj\\Release\\WindowTabs.exeだけです。(なんでbinじゃなくobjなんだ…) なお、出来上がったWindowTabs.msiを手直しするスクリプトがJavaScriptおよびVBSで記述されています。今はC#で記述できます。 WtProgram F#言語バージョン2.0のプロジェクトでWindowTabs.exeを生成します。 このプロジェクトで参照されるのは配下の*.fsファイルと、この辺りの記述により以下の内容になります。...


5

警告の通りです。MatrixVector関数にはvector<double>型の戻り値が存在すると宣言されていますが、return文が書かれていません。


5

vector<int>(3)が何者なのかが分かりません。 見たままの意味です。コンストラクター呼び出しで、複数あるオーバーロードのうち、size_type countに該当するため、3要素を持つstd::vector<int>が作られます。 uにvector<int>(3)を代入するのはどういう文法構造になっているのでしょうか。 「代入」そのままの意味ではありません。C++言語には演算子オーバーロードがあり、std::vectorもoperator=()をオーバーロードしています。 vector&& otherに該当するため、右辺値vector<int>(3)が左辺値uにムーブされます。そのうえで右辺値vector<int>(...


5

class Test{ public: int* i; では、ポインタのiはTestのメンバーですが、iが指している先のメモリはTestのメンバーではありません。したがってconstの範囲外です。iが指しているメモリ自体を入れ替えようとすると、コンパイルエラーになります。 // コンパイルエラー void change() const { delete [] i; i = new int[3]; } 一方 class Test{ public: int i[3]; とすると、iの配列の領域はTestの一部として配置されるので、配列全体がTestのメンバーです。なので当然constで保護されます。


5

引用はいいんよう、という話だったのでオイラの手元の言語規格書より一部引用。 この辺 move semantics の絡みがあって規格書の改版で変わっているはずの個所ですが、古くてよければ ISO/IEC 14882:1998 (C++98) および JIS X3014:2003 (C++03) ではほとんど全く同じで 12.2 Temporary objects の 3 一時オブジェクトの解体は、それを生成した時点を(字句的に)含む完結式 (1.9) の評価の最終段階で行う。 1.9 Program execution の 12 他の式の部分式となっていない式を完結式 (full-expression) と呼ぶ。 完結式 (full-expession) がわかりにくいですが、要するに「式文」...


4

void maze::make_wall() { while (y < 76) { while (x < 76) { // 省略 x += 2; } y += 2; // std::cout << y << std::endl; } } このメソッドでは、二重ループで、まずxから計算しています。内側のループでxを計算している間、yの値は変わらないので、期待される出力は2,2,2...4,4,4,...6,6,6...です。しかし、実際には2,2,2,...になると思います。これは、最初のy==2の時に内側のルーフが終わった後、xを再初期化していないため、y==4以降、x==...


4

(opencv かつ visual-studio だと言語は c または c++ とみなせそう) c の sprintf は char の配列に書式展開した文字列を出力する関数です。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ybk95axf.aspx (機械翻訳) https://linuxjm.osdn.jp/html/LDP_man-pages/man3/printf.3.html (こっちのほうが読みやすいはず) 提示コード中の str は char str[_MAX_PATH]; のように定義されている char の配列であるはずです。 sprintf はそこに D:\○○研_生産情報特別実験_中山_引継ぎ\System\Final\...


4

オイラ一読して疑問点がどこかよくわからなかったんだけど、再読してみて Q1: 提示コード中ではコメント化している箇所 C::operator= を、コメント外してコンパイルするとエラーになるが、どうすればよいか? ってことであるとして以下回答。 c++,フレンドクラスの使おうとすると認識できない型です、というエラー出る。原因 で「コメント」した通りっす。 class D は結局のところ C から派生させている class D : public C ので、この派生クラス D のクラス定義は class C のクラス定義が完全になるまでできません。 class C { ... }; // の波括弧が閉じた後でないと class D : public C { ... }; // のように C ...


4

外部ライブラリ Boost.Multiprecision を利用可能であれば、基数10の任意精度浮動小数点数として計算することもできます。下記コードでは「基数10で100桁精度の浮動小数点数型」を利用しています。 #include <cassert> #include <boost/multiprecision/cpp_dec_float.hpp> namespace mp = boost::multiprecision; // 基数10の100桁精度浮動小数点数型 using dec_float = mp::number<mp::cpp_dec_float<100>>; int main() { dec_float x{"0....


4

残念ながら、音声認識のプログラムを何の知識もないところから自分で開発するのは無理です。 でも、音声認識をする機能を提供してくれているところがあるので、そういうものを使えば 「書いてる文字と、人の声が一致しているかの正答をアプリが判断」というのを実現できる可能性があります。 それは、Google社が提供している"Cloud Speech-to-Text API "というサービスです。 どんなことができるかは、Googleの音声認識エンジンを使って音声ファイルから文字起こししてみた の記事などを見てください。 "Google speach-to-text"で検索すると、いろいろな情報が得られると思います。 3.モニターに出力された文字をみた人が、「あ」とむかって、マイクに言う。 4.書いてる文字と、...


4

GitHubリポジトリの中を見ると、複数言語が使われているようです。 ざっと見た限りでは、以下のようになっていると考えられます。 WindowTabs全体 : VS2010 treeviewadv : VS2008 C# .NET 2.0? ただし結果のdllのみを使っていてソースは参考用 WtSetup : おそらくVS2010 InstallSheild Limited Edition WtProgram : おそらくVS2010 F# 2.0 WtLauncher : おそらくVS2010 F# 2.0 ただし Main.fs というファイルが無いかも WtInject : VS2010 C++ WtGroup : おそらくVS2010 F# 2.0 WtDesktop : おそらくVS2010 F# ...


4

c との互換性確保のため void func() { myclass t(); } と書いたなら、これは t() が関数であることの局所宣言 (t の返却値は myclass 引数はナシ) であると読む仕様です (c++98 より一貫してこの仕様) これがわかりにくい、ないしは直感的でないということで c++11 で uniform initialization 一様初期化という仕様が追加されています。 https://cpprefjp.github.io/lang/cpp11/uniform_initialization.html 提示例の場合 std::random_device の関数オブジェクトを一時オブジェクトとして生成し、その関数オブジェクトを引数ナシで呼びたいわけです。なので c++...


4

774RRさんに補足でプロトタイプ宣言と解釈できない構造をしていればいいので // {} は一様初期化式 std::mt19937 gen(std::random_device{}()); std::mt19937 gen{ std::random_device{}() }; std::mt19937 gen{ std::random_device()() }; // (( の内側の ( はキャストか優先順位を変えるカッコでどちらも式 std::mt19937 gen((std::random_device())()); // . は演算子 std::mt19937 gen(std::random_device().operator()()); などの表現があるでしょうか。


4

ansの長さが0なのにQ個分添え字でアクセスしてしまっていますね。 rep(i,Q){ ans.push_back(-1); } とすると、サンプルは通るようになります。(もちろんansのサイズを指定して初期化してもよいでしょう。)


4

c# っつか .NET Framework にはマーシャラというのがあるので c / c++ の構造体 (not クラス) を c# から使う のは比較的簡単(マーシャラがおよそ面倒を見てくれる) c / c++ のクラスを c# から使う のは面倒(考えるべきことが一気に増える:構造体に留めておくこと推奨) c# のクラスを c / c++ から使う のは限りなく難しい(マーシャラが面倒見てくれないところを全部手書きする必要がある) ので「 C# のクラスを C++ で読む」のはお勧めしません。オイラなら最初から選択肢に入らないです。 C++/CLI ならまだなんとかなりそうな気もしますが C++/CLI に手を出すくらいなら全部 C# で書いちゃうほうが学習コスト的に安上がりな気がします。


3

配列の要素数Nが5なのにfor (i=0;i<=N;i++)でループを回しているので、iは、0,1,2,3,4,5と6通りの値をとります。(今回の場合、値が出力されるところまでは動いているので、すでに気づかれている通りですが。) 6番目(インデックスが5)は割り当てられた領域の外ですから、その結果は未定義ですが、クラッシュしてコアダンプを吐くというのは十分あり得る動作です。 C/C++の配列操作ではその辺のチェックはやってくれないので、見た目6番目の値が書き込めているように見えることはあります。 割り当てられた領域の外と言ってもコンピュータのメモリ内のどこかですから、書き込みができてしまうことも読み出せてしまうことも珍しくはありませんが、そのメモリは他の用途に使われているので、...


3

C++に関しては#includeディレクティブは、そのincludeするヘッダファイルの内容(テキスト)に置き換えられるものだと理解しています。コンパイル前に実行するプリプロセッサであり、テキストを置き換えるという意味ではマクロでもあります。 C#のusingディレクティブは、C#の名前空間解決に関するエイリアス、あるいは名前空間を省略することを宣言するために存在しています。.netがどのようにそれを実現しているかは知らないですが、C++的な解決方法ではないと思います。C#においてはusingディレクティブが無くても様々なライブラリを呼び出すことができます。モジュール利用のために必須ではないです。 pythonのimportはエイリアスや省略の宣言のほかに、...


3

すべて同じではないです。 だから、同じだと思い込んで使うとエラーとなる場合があります。 エラーが起きる場合と、エラーが起きない場合は、本質的に異なりますから、『本質的に同じではない』というのが回答になろうかと思われます。


3

繰り返しと再帰の例 pythonのタグがあったのでpythonでフィボナッチを書きます。 繰り返しの場合 (append を使うと性能が良くないですが、わかりやすさのために使っています) def fib_l(n): lst = [] for i in range(n): if i==0: lst.append(0) elif i==1: lst.append(1) else: lst.append(lst[i-1]+lst[i-2]) print(lst) return lst[n-1]+lst[n-2] if __name__ == "...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります