次のタグが付いている話題の回答:

4

質問者さんの一連の質問を読む限り、ご自身で書かれたコードではなく他人の書かれたコードを移植していると理解しました。 他人の書いたコードをANSI / Unicode変換するのは危険です。タグ指定されているC++言語とはあまり関係なく、RAD Studio側だと思いますが、元通りANSIでビルドされることをおすすめします。 inet_addr()という関数でエラーがでる GetPrivateProfileString関数でエラー などは、ANSI / Unicodeを切り替えたことによって発生しているコンパイルエラーですが、このようにエラーが発生してくれる場合はまだいいのですが、 void* memcpy( void *dest, const void *src, size_t count ); ...


2

関数内の自動変数の配置順番なんかは、コンパイラの自由裁量の範囲で、どうにでも変わるものでしょう。 例えばこんな記事があります。 第八回-03 メインメモリとアドレス いずれにせよ、変数をメモリ上にどう配置するかはコンパイラの仕事なので、任せておけば問題はない。 しかし、変数 (今回学んだのは自動変数と呼ばれるもの) がメモリに配置されるイメージを掴むことは大変重要である。 続きでこれとか。 第九回-01 スタック領域上での配列の配置 第九回-02 関数内の変数のメモリ配置 こちらはスタック内とは書いていないので固定のデータ領域かもしれませんが。 変数がメモリ上でどのように配置されているかメモ デバッグ版かリリース版か、最適化の有無および最適化もサイズ優先か速度優先か、...


1

コードが断片的過ぎて、提示コードが自動変数なのか静的変数なのかすらわからないんだけど、読者のほうで再現できる程度のソースコードを提示してもらえると幸い。 で、提示コードが真に自動変数に展開されるコードであるとして: これはなぜですか? 自動変数が宣言順にスタックに配置される保証は何一つない、が回答。 c / c++ コンパイラは(自動)変数をメモリ上どんな配置をしても構わないので。 スタックのグロウ方向を知りたいなら GNU autoconf の alloca() 用チェックみたいにいろいろ工夫が必要そうっす。


1

m_pDevListはポインタ変数ですので、NULLの場合、->によるメンバ変数の参照はできません。 プログラムは、そのため、異常終了しようとしてデバッガで捕捉されているように見受けます。 #NULLは実体を指していない、の意味です。 これ自体がエラーですので、m_pDevListに正しい値を指定することで、事象は解消するはずです。 例えば、実体が定義されている場合、そのポインタで初期化すればよいでしょう。 class TfrmMain : public TForm { private: TList * m_pDevList; TList m_devList; public: // コンストラクタ TfrmMain() : TForm() { ...


1

SetIconIndexはIconIndexプロパティのセッターなので pTray->IconIndex = 0; で良いんじゃないでしょうか。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります