次のタグが付いている話題の回答:

4

どんなゲームであれ、AIを実装するときの考え方は基本的には同じです。あらゆる手順によるすべての可能性を探索し、それぞれの可能性について得点を計算して、最も点数の高い手順を選びます。そのパックマンみたいなゲームであれば、なんの障害物もないだだっ広い部屋として、上下左右4通り ** 5回 = 1024通りの動きの可能性がありますが、それらすべてについて得点を計算して、最も得点の高い動きを選びます。実際には壁があるので4通り全てには動けず、もう少し分岐は減るでしょう。  ランダムなワープなど確率的な事象がある場合は、期待値を計算するだけです。ギャンブルでもすべての期待値を計算できれば最適解が求まります(繰り返せば必ず負けることがわかるだけですが)。また、ゲームの状況はプレイヤーの操作によって変化しますが、...


2

エラーメッセージにある通り、C++/CLIとPPLは併用不可能です。以下の代案が考えられます。 System.Threading.Tasks 名前空間 以下のクラスを用いて、C#で並列処理を書き直す。PPL相当の機能が提供されます。 C++/CLIではなくネイティブC++でラッパーDLLを作る。C#からはP/InvokeでDLL関数を呼び出す。 本家SO質問の回答によれば、C++ソースを分離してPimplイディオムで行ける?(Body側は/clr無し、Handle側は有りでコンパイルしてリンク可能?)


2

C++言語ではコンパイル時にヘッダーファイルを参照し、リンク時にライブラリと結合します。ところが.NETアセンブリはDLLファイルで完結しておりヘッダーファイルが存在しません。 そこでVisual C++では、#usingディレクティブが用意されています。 #using "MWSProducts_2011-10-01_v2017-03-22.dll" と記述すると、C++コンパイラーは.NETアセンブリを読み込み、相当するヘッダーファイルへ変換し#includeされたかのように扱います。コンパイルオプション/FUでも同等の結果を得ることができます。 Visual Studioの対象プロジェクトのプロパティから、 上記DLLの参照を追加しました 上記の通りですので、...


2

コマンドプロンプト上でYYY.exeを叩いて実行して、 コマンドプロンプト上に標準出力する為のプロパティ設定を教えて下さい。 AttachConsole(ATTACH_PARENT_PROCESS); を呼び出すことで実現できます。もちろんコマンドプロンプト以外から起動された場合は表示する先が存在しないため何も表示されません。 なお、呼び出し元のコマンドプロンプトはフォームアプリケーションのプロセスを起動した後、プロンプトを表示して次のコマンドを受け付けているため、意図しない動作になるような気がします。 質問は System::Console::WriteLine("XXXX"); を有効にするためのプロパティページの設定箇所はどこか?です。 Linker - System ...


1

JRTPLIBが多くのプロジェクトで使われているようです。 LIVE555も知られているようです。コマンドラインのツールもあります。


1

1つの方法として、C#プロジェクトとC++/CLIプロジェクトの双方で出力ディレクトリを同じ場所にするというものがあります。私は、ソリューション内のすべてのプロジェクトで出力ディレクトリを$(SolutionDir)$(Configuration)や$(SolutionDir)$(Configuration)-$(PlatformShortName)に統一することをよくやります。


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります