次のタグが付いている話題の回答:

2

解決方法 以下のコードで、2019-05-31 21:59というフォーマットで日時をHoverToolに表示できます。 import pandas as pd import datetime from bokeh.plotting import figure, output_file, show, reset_output from bokeh.plotting import ColumnDataSource from bokeh.models import HoverTool # データ作成 df = pd.DataFrame([{"x":1, "y":2, "date": datetime.datetime.now()}]) hover_tool = HoverTool( tooltips=...


2

質問にあるドキュメントは、Range(start=0, end=10)を簡便にRange(0, 10)とできるとしか書いてありません。要するにRangeから派生したクラスではそのように書けるということです。 Rangeは、抽象クラスなので実際には使えません。bokeh.models.Rangeのドキュメントには、以下のように記載されています。 A base class for all range types. Note This is an abstract base class used to help organize the hierarchy of Bokeh model types. It is not useful to instantiate on its own.


2

Bokehのbkchartsの後継はHoloViewsです。HoloViewsは、Bokehをバックエンドにして簡潔な記述でグラフを描くことができます。 HoloViewsの面グラフのドキュメントとサンプルへのリンクは、次のとおりです。 ドキュメント: http://holoviews.org/reference/elements/bokeh/Area.html サンプル: http://holoviews.org/gallery/demos/bokeh/area_chart.html サンプルのコードは、次のとおりで、質問にあるBokeh 0.12のときの、bokeh.charts.Areaを使って書くのと同じグラフになっています。 import numpy as np import ...


1

figure()メソッドのy_rangeパラメータ指定ですね。 以下のy_range=DF.Item.tolist()が、DataFrameのItem列(作業名文字列)のリストを指定しています。 G=figure(title='Project Schedule',x_axis_type='datetime',width=800,height=400,y_range=DF.Item.tolist(), x_range=Range1d(DF.Start_dt.min(),DF.End_dt.max()), tools='save') 前回紹介したオリンピック100mメダリスト記録の表では、bokeh.sampledata.sprintからオリンピック開催年を文字列として取り出して指定しています。 ...


1

tooltips=[ ("(x,y)", "($x, $y)"), ("date", "@date{%F %R}"), # '%Y-%m-%d %H:%M' ("sales", "@sales") ] @から始まるフィールドは、ColumnDataSourceのcolumnと紐づいています。 Field names that begin with @ are associated with columns in a ColumnDataSource. For instance the field name "@price" will display values from the "price" column whenever a hover is ...


上位に投票された、最小文字数のコミュニティ wiki 以外の回答のみが対象となります